しあわせな葉っぱ (新潮文庫 お 47-3)

  • 新潮社
3.63
  • (51)
  • (55)
  • (126)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 451
感想 : 70
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101278230

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 葉っぱは個性。
    コンプレックスも魅力になるんだよって言ってくれてるみたい。
    愛すべき物語。

  • 絵が沢山で読んでいるとほっこりする気持ちになる本。
    突然頭に葉っぱが生えてくる話がけっこう好きです♪

  • 文字がこんなに少ない本でトホホとおもったけど
    ほっこりするような内容だった。

    頭の上に急に生えてきたミエナイ草。
    そのことで悲しくなったりいやな気持ちにもなったりもしたけれど
    優しい気持ちも芽生えてきて

    日常に埋もれている些細なことにも幸せがあるのだと
    気づかせてくれるお話でした。

  • 昔読んだ本、再読。
    心の中の小さなかたまりが、ぴょんと飛び出して跡形も無く消えていく。

    大人になった今でも、そんな感じありますね。

  • 2004.7.23

  • 葉っぱが生えた女の子。かわいー。
    Troublesome, but my lovely leaves.

  • 2010/08/01~2010/0801
    すぐに読み終わった
    ちょっと切ない感じ

  • あっという間に読み終えた。
    私は先日初めて出産し、こんなにも赤ちゃん連れがいたものかと見える世界がガラリと変わったのを感じたが、そのようなことが、おーなりさんの可愛らしく優しいタッチで描かれた本。見えているけれど見えていないもの、まだまだ沢山あるのだろうな。度々立ち止まって、自分を見つめ直したくなる。子どもが思春期になったら読んでもらいたい作品。

  • 私も可愛くて、邪魔で、もさもさした『葉っぱ』を持ってると思う。そんな『葉っぱ』を大切にしたい。

  • 突然だが吾輩は「よつば」である。
    でも時々、読友さんに「葉っぱ」「ぱっぱ」「はっぱふみふみ」なんて呼ばれている。

    私事で恐縮だがいつもおちゃらけている私に昨年12月、とてもしんどい出来事が降り掛かって来た。
    そんな時、読友さんがこの本を見つけ先日送ってくれた。

    ある朝、頭に葉っぱが生えて来ちゃった女の子の話。
    抜いても抜いてもきりなく生えて来る葉っぱ。

    イラストと文字はシンプルだけど、とても可愛い。

    生きていて自分じゃ見えてるつもりでいたのに見えてないものがある。

    優しくそっと「気付き」を伝えてくれる。
    大切にしたい作品。

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おーなり 由子(おーなり ゆうこ)
絵本作家、漫画家。主な作品に『ことばのかたち』『ラブレター』『あかちゃんがわらうから』『どしゃぶり』『ワニのガルド』、翻訳に『たいせつなあなたへ あなたがうまれるまでのこと』『ごはんのじかん』『おにいちゃんといもうと』など。漫画に『あこがれくじら』『ともだちパズル』『てのひら童話』ほか。エッセイ、詩集に『きれいな色とことば』『だんだんおかあさんになっていく』『ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記』など多数。

「2023年 『幸福な質問 New Edition』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おーなり由子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
おーなり 由子
ZOO
乙一
綿矢 りさ
よしもと ばなな
宮部みゆき
おーなり 由子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×