九月の恋と出会うまで (新潮文庫)

著者 : 松尾由美
  • 新潮社 (2009年8月28日発売)
3.58
  • (17)
  • (25)
  • (43)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :247
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101280530

九月の恋と出会うまで (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館のおすすめ。

    映画になるとのことで配役も決まっており、読みながら頭の中で一生君が演じてくれるので、一層楽しく読めました☺️

  • 淡々と、本当にジワジワ進む恋愛ストーリー。
    特に大盛り上がりになるトコロはなかったけど、そこが妙に現実味があって、魔法だの時空間だのというSFエキセントリックな箇所を上手にならしているといいますか。

    でもいまいち...登場人物のキャラも掴み切れなかったし、全体のボリュームの割りに謎解き部分が多く感じ、のめり込むことは出来なかった。
    通勤の合間にさらっと読む本。

  • 「雨恋」でファンになった松尾作品。
    この作品もファンタジー的な設定と恋愛が絡んで楽しかったです。

  • 平野さんもシラノさんもすてきでした!

  • やっぱり平野さんが素敵。
    初めて読んだ時もそう思いましたが、改めて読んで再確認しました。
    ミステリーと恋愛が混ざっていて、ミステリーはSFという感じで全てに納得できるわけではないですが、不可思議なことが起こった偶然の重なりに感動しました。
    主人公の志織の心情描写が少なく、感情移入はあまり出来なかったのですが、周りのキャラが個性的で楽しかったです。
    平野さんがとても素敵だと思うので、オススメの一冊です。

  • とてもロジカルな小説だというのが、率直な印象。

    もちろん、恋愛小説なのだけれども、
    その割には不可思議な現象に割かれてしまっているような・・・

  • ロマンチックだった

  • 20110905読了

  • 完全にタイトル買いしたら、思っていたよりミステリ。

    解かれるべき謎がロケット鉛筆のようにずれていって、
    消化不良を感じる面もあったけれど、
    物語の着地点は「そこに着地してくれてよかったなぁ」
    という場所だったので、読後感はとてもよかったです。

  • 「マグカップ一杯分の奇跡」っていうフレーズが印象的。なんだかほんわかする。
    お話もハッピーエンドで良かった。恋愛ものは幸せに終わって欲しいです。

全25件中 1 - 10件を表示

九月の恋と出会うまで (新潮文庫)のその他の作品

松尾由美の作品

九月の恋と出会うまで (新潮文庫)に関連する談話室の質問

九月の恋と出会うまで (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする