七つの黒い夢 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.06
  • (47)
  • (140)
  • (688)
  • (113)
  • (30)
本棚登録 : 2220
レビュー : 255
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101281513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろかった………気がする

    あまり全部を覚えていない

    もう一回読もう

    乙一の話はお気に入り

  • 乙一さんが読みたくて購入。毎回綺麗に裏切りの展開を広げてくれるので、どうなることかとヒヤヒヤして読みましたが、ほのぼのな感じで終盤を向かえてホッと一息。それにしても発想が面白い。

  • 7人の作家さんが書いた7つの短編集。

    自分は乙一、恩田陸がすごい好きで買ってみました。
    全て都市伝説的なお話なんだけど中でも面白いって
    思ったのは・・・・

    乙一の「この子の絵は未完成」
    北村薫の「百物語」
    誉田哲也の「天使のレシート」

    この中でも一番をあげるなら「天使のレシート」だと思う。

    ~「天使のレシート」あらすじ~

    天使恭子(テンシキョウコ)はある日、川原で
    主人公、三澤伸照と出会う。
    彼女は実は神様から作られた天使である目的のため、
    彼の妹を植物状態にしなくてはいけないという
    使命があったのだが彼との出会いにより葛藤が
    生まれ・・・・

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    もともと短編なのでこれ以上はネタバレに
    なってしまいますので省略ですw

  • 誉田哲也、恩田陸の両名に惹かれて購入したアンソロジー。
    タイトル通り、ホラーファンタジー系の短編が7つ。

    しかし、このアンソロジーは失敗。
    冒頭の乙一、中盤の誉田哲也の作品はそれなりに読ませてくれた。
    しかし、恩田陸、北村薫、岩井志麻子の作品はやや中途半端。
    西澤保彦、桜坂洋の作品に関しては、何が言いたいのかすら解らない。

    サスペンス好き、ホラー好きが満足出来るレベルではない小品集。
    ちょっと読むには良い分量だから、時間があって、尚かつ読むモノが
    見当たらない人にオススメ(^^;)。

  • どれも印象に残らない話ばかり。

  • 乙一目当てで買った短編集。黒い部分はそんなに感じられないかな。
    乙一のこの子の絵は未完成が1番良かった!他には救いはなくて苦しい話だけど天使のレシートとが良かったかな。

  • そこまで面白くない。
    なんとなくいいかな、と思うのがひとつ、ふたつ位。

  • 読み終えて、これといって印象に残る作品がなかった…と言ったら言い過ぎか。とにかく、そう思ってしまいかねない作品集だった。単に好みでない傾向なだけかもしれないが。

  • 「七つの黒い夢」
    短編集。ホラー、もしくはミステリ。タイトル通り、黒。
    七人の作家さんが書く、ちょっと不思議でちょっと怖い物語。

    舞台も設定も語り口も違う七編ですが、共通するのは”少しばかり裏のある、一筋縄ではいかないお話”。どれも秀逸な短編ばかり。
    誉田哲也さんの「天使のレシート」と桜坂洋さんの「10月はSPAMで満ちている」が特に面白かったです。
    それにしてもどの話もどこかで読んだようなデジャヴが・・・何なんだろ。初読時ちょっと鳥肌立ちました。
    モダン・ホラー、ダーク・ファンタジーをかじってみたいなという人におすすめ。(4)

  • 07030
    02/05

全255件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

乙一の作品

ツイートする