日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦 (新潮文庫)

  • 新潮社
4.19
  • (24)
  • (34)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 272
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (508ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101283739

作品紹介・あらすじ

軍令部に在籍したかつての参謀を中心として戦後に開かれた「海軍反省会」。その録音が現存することが判明し、NHKスペシャルの企画はスタートした。発掘された元エリート軍人たちの赤裸々な発言が、開戦の真相、特攻作戦に至る道程、東京裁判の裏面史を浮かび上がらせる。やがて、彼らの姿は現代に生きる我々と重なってゆく。同名番組取材班6名による、渾身のノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 8月6日は広島原爆忌。9日の長崎原爆忌、15日終戦記念日と、蝉しぐれのなか戦争と平和について考えることが増える。この70有余年、日本は幸いにも戦争することがなかった。これからも平和を享受するためには、平和の有難さを噛みしめることが大切だけれど、戦争へ至る道を自覚的に認識することもそれに劣らず必要だと思う。

    海軍軍令部に在籍した参謀たちが戦後35年をへて集まり、自らの敗戦について振り返っていた。計131回、延べ400時間にのぼる通称「海軍反省会」。
    本書は、この大スクープを3回のNHKスペシャルにまとめたスタッフの取材記録。
    太平洋戦争の戦闘に関する分析では野中郁次郎さんらの『失敗の本質』が名著の誉れ高いが、本書はいわば、当事者が語る『失敗の本質』。

    対米戦争は必敗とわかっていながら、陸軍との予算獲得競争や組織の対面のため、対米強硬論を主張し、開戦不可避のところまで持っていってしまった「開戦 海軍あって国家なし」。
    人命を人類史上最も粗末に扱った特攻作戦。参謀ひとりひとりは、決して命じてはいけない、間違った作戦だとわかっていても口には出せず、そうした空気に個人が呑み込まれていく「特攻 やましき沈黙」。
    敗戦後、天皇に戦犯の累が及ばないよう、親補職であった高官たちの極刑回避に動く第二復員省。その陰で現場の指揮者たちがBC級戦犯として命を失っていった「戦犯裁判 第二の戦争」。

    現在地点から彼らを批判することは易しいし、非難することも可能だろう。
    しかし一方で、彼らはきわめて優秀な組織人であり、よき家庭人だった。一緒に仕事すれば気持ちのいい人たちだったろう。

    もし、自分が彼らの立場だったら、どうだったろうか?
    その場の空気に流されず、合理的な判断、政策立案しただろうか?
    職を賭して「その作戦は間違ってます」と言えただろうか?

    これは、過去の彼らの問題ではない。
    現在の私たちの問題だ。

  • 東京裁判の記録からも明らかなように、戦争犯罪人として海軍からは一人も裁かれていない。しかしこの著書のもととなった証言、記録からは悍ましい事実が如実に晒されている。
    職務に忠実な将校たち。忠実ゆえそれぞれの仕事に埋没し、やがて国民ひとりひとりの命が見えなくなっていく。このことはドキュメンタリー第1回のタイトル「開戦 海軍あって国家なし」にすべて凝縮されている。
    戦術も非道である。百田直樹の著書「永遠のゼロ」でも有名になった人間爆弾「回天」「桜花」。これらは神風特攻隊よりも早く実戦投入されている。それが何を意味するのか?第2回のタイトル「特攻 やましき沈黙」はそれを教えてくれている。
    海軍は他国での活動でも大罪を犯している。第3回のタイトル「戦犯裁判 第二の戦争」とは、そうした大罪をいかに隠ぺいし、陸軍に罪をなすりつけて逃亡を図ったか。また、そこまでして逃げなければならない非道さとは何だったのかが深堀りされている。
    つまり海軍は、自分で引き金を引いて、自国を地獄へと突き落とし、敗戦という結果を招きながら中心人物は逃亡した。そして組織をあげて事実を隠ぺいし、組織を守るために裁判対策を実施し、多くの事実を闇に葬った。まとめるとそういう組織だったということになる。
    エピローグの一言が忘れ割れない。「本当に大切なことは記録には残らないし、残さない。残された記録や資料には残した人間の意図が必ずある。残っている資料だけに捉われてはだめだ」我々は戦争の歴史をどうやったら正しく後世に伝えていけるのだろう?また日本海軍という組織が存在したという事実に、我々日本人はどう向き合ったらいいのだろう?

  • 戦後行われた軍令部等の海軍士官による反省会。400時間の記録。非公開の会合で明かされる回線への道、特攻など。

    「やましき沈黙」など日本人の組織論の典型をここに見ることができる。戦争は過去のことだが現代の日本人が同じ過ちを繰り返さないというわけではない。

    近年、NHKスペシャルの番組を元にした良書が多い。ノンフィクションは一人のスーパーマンの作家ではなく組織力で取材していく時代なのかもしれない。

  • 配置場所:2F文庫書架
    請求記号:397.2||N 69
    資料ID:C0036162

  • 太平洋戦争の作戦立案を担当した大本営の海軍部門ともいえる軍令部。そこに在籍した高級士官らによる400時間以上におよぶ「反省会」とも呼べる研究会の録音テープを取材のきっかけとして、「なぜ開戦に踏み切ったのか」、「航空機による特攻攻撃はなぜ実行されたか」、「回転(人間魚雷)による海上特攻はなぜ実行されたか」、「戦後の戦犯裁判における戦争責任回避の工作」という4つのテーマについて切り込んで行きます。
    国の存亡よりも陸軍に対する海軍のメンツを優先した結果として開戦へ流される意思決定、上官(軍令部=海軍としての組織)からの命令という形をとらないように計画・実行された特攻、軍令部に在籍した士官への戦犯責任が軽微となるように予め口裏合わせを敷いていた事実、などが明らかにされています。
    敗戦が決定的となった時、軍幹部は戦後の戦犯裁判に備えて証拠隠滅を図り大量の資料、公文書の焼却処分を指示し、そのために開戦や特攻の経緯については正確な検証が行われないままとなってきていました。それらについて当事者であった軍幹部幹部の証言をもとに明らかにすることで歴史的事実を追求するだけでなく、「責任の所在が不明瞭な組織」、「空気に流される意思決定」、「良くないとわかっていながら声を上げない”やましき沈黙”」といった現代の企業も陥りがちな誤りへの教訓を導き出そうとしています。
    国同士の対立が目立ってきた昨今だからこそ、戦争に向かって走り出してしまった当時の意思決定についてもう一度目を向けるのは非常に重要なことだと思いますし、そのような時に非常に参考になる資料となりうる1冊です。
    10年以上前に放送された同タイトルのNHKスペシャルの取材班によるノンフィクションです。番組の再放送があれば良いのにと思います。

  •  戸部良一ほか『失敗の本質』を読み、実際に日本海軍がどんな意思決定の方法を採っていたのかなぁと思っていたところ、職場の先輩の家にあったのを思い出して購入。

     軍令部に所属していた幹部を中心として、戦後秘密裏に開かれていた「海軍反省会」の録音テープをもとに、よく見られる下士官や民衆の悲劇でなく、実際に命令を下した側に焦点を当てて太平洋戦争を紐解くことを目指したドキュメント。
     資料発掘のドキドキや取材の困難さといったドラマも書かれており歴史的事実のみを読みたいと考えると一見蛇足かも知れないが、軍令部・参謀の考え方や空気を少しでも感じられるのはこうしたドキュメントならではであり、十二分に読む価値はあるだろう。

     反省会と謳いつつ腸が煮えくりかえるような会話もあり、発言者の中には「浮気しててゴメンね><」と交際相手に言ってしまうような独りよがりな解放感に浸りたかった者もいたのではないかとすら思える。完全非公開で安全な立場から何が反省なのかと。p.156辺りからはホントひどい。
     また、戦後数十年が経過してなお、階級が彼らの発言に重くのしかかっている様も感じられた。かつて階級が上だった者に批判を加える様子が特異なものとして書かれているあたり、必要以上に厳しい上下関係が動脈硬化を招いていたのだろうか。

     本の根幹は、やはり「やましき沈黙」という言葉にあるだろうか。
    「これではいかんと思いながら、やめることができずについに戦争を始めてしまう、海軍のそういう問題」「悪いと思っていてもよう言わんかった。それが海軍という組織の欠点だった」(p.269)
    といった、自分の意思ではない方向へ流されていくところ。原因の一つとしては、責任の不明確さがあるだろう。皇族を錦の御旗のように使い強引に作戦を進めてその皇族は不問であるとか、現場が書面での命令を強く求めるまで口頭命令で済ませようとするとか。天皇に「特攻作戦OKだよ」のハンコ(御璽)押させといて、天皇に戦争責任は無いといいつつその作戦を進めた責任を負わないとか。

     また、終戦後の工作についてもなかなかに非道。天皇制を維持するために海軍最上位層が戦争犯罪で裁かれないよう苦心し、そのためには玉砕した現場の司令官に罪を被せることも辞さないとか、耳を疑うような話がどんどん出てくる。

     ひどいひどいと言いつつも、現代の組織にも通ずる問題点ばかりなのかも知れない。
     今は海軍…ではなく自衛隊の任務がどんどん増えて夜警国家→行政国家化として裁量の幅も持たざるを得ない状況となっていると聞く。米軍が自衛隊以上に機敏に動いて3.11の様々に行動したことは、軍隊の裁量を広げるべきだという考えにもつながるかもしれない(米軍の機敏さが不測事態への対応力の高さがなせる業か大きな裁量によるものか分からないけど・・・)。自衛隊が概ね好意的に受け止められるようになってきたのも、悲観的に捉えるならば批判の目が緩くなっているともとれる。
     そんな中で頼りになるのは、やはり組織内部の自浄作用であり、「やましき沈黙」などという文化があったらその作用は絶対に発揮されない。自分は組織のために仕事をしているのではないこと、言うべきことは言わなければいけないということ、責任を負うべきところは責任を負い、そうでないところは責任の所在を明確にすること。様々なことを考えた。

     本書は主に海軍にのみ切り込んでいるが、実際には陸軍も政治もメディアも大衆も知識人も、そして国際情勢も絡み複雑な関係性が結果として戦争に向かっていく。その意味で、ここに書かれているほど海軍は悪いものじゃない、と捉えることも可能かもしれない。
     しかしながら、各論で各々の世界の問題点を照らしてゆくというのはやはり必要な過程なのだろう。その意味で、次は同編著の『日本はなぜ戦争へと向かったのか』を読んでみようと思っている。

  • なぜ、海軍軍令部が開戦という意思決定をしたのか?それまでは、海軍省がコントロールしていたのに。
    伏見宮元帥の影響。昭和天皇も敬語。皇族批判にも切り込む。

    2017.10.1
    特攻。加害者への視点。自分が加害者の立場になったら?やましき沈黙を打ち破れるか?
    誰か特攻作戦を出したのか?軍令部か?大西中将

    東京裁判で、極刑となったa級戦犯はない。海軍の組織的弁護。背景には、米内?天皇の責任追及を避ける為、海軍とghqが協力。

    やましき沈黙を打ち破れるか?

  • 2014年(底本11年)刊。図書館借本の単行本読破済みで事実上の再読。◆海軍善玉論へのカウンターたる陸海軍五十歩百歩論が開陳された本書。テーマは①海軍の開戦決断、②特攻作戦の立案・実施、③戦後海軍の東京裁判対策の3つ。感想骨子は単行本レビューに。◆本書はTVの制作・取材秘話で、史論として舌足らずな印象は残るが、取材過程の開陳自体、重要かつ意義深いのは言うまでもない。◆再読後の注目点は以下。◇中澤佑軍令部第一部長の戦後の言動とその意味。本書175頁以下(特に190頁)記載の戦後水交社での講演テープの内容。
    特攻作戦発案に自らの責任ないことを強調する先の講演録と、同人自身の戦前の業務日誌記載事項(322頁)との明確な齟齬である。全ての自己正当化軍人証言に妥当させるべきでないにしても、証言の信憑性の基礎理論、つまり自己に不利な内容の証言はしない点。特に責任を問われ、又は第三者から批判される危険のあるものは隠蔽・捏造されることを地で行くものだ。本書は実に良い教訓・実例を開示してくれたものである。◇「永遠の0」に代表される特攻「隊員」だけに焦点をあわせた文学が特攻の何物も切り取っていないこと。
    ◇中国の三灶島(サンソウトウ)事件につき、ある程度の状況証拠が集まり、日本軍の住民虐殺の「可能性がある」程度の帰結は許容できそうな内容なのに、結論は慎重に「虐殺があったか否かも…全体像を明らかにすることは出来なかった」と小括。ここから伺えるのは、同局や現場担当の左巻き偏頗性など微塵も感じさせない点だ(記者の性格と大井氏遺族への配慮も伺えるが…。まあ、元来は全然左巻きじゃないし)。種々の意味で安易なレッテル貼りの問題を想起。

  • NHKスペシャルの裏側を綴った本。500頁ほどあるが、あっという間に読める。今と対比しながら色々と考えさせられる。
    あとがき含めグッとくる。

  • 原宿にある「水交会」というところで行われていた「海軍反省会」。
    その録音テープが残されていたってだけで、なんだか「おおっ」となります。

    その内容は、「ふざけんなよ海軍……」「そのために何人の人が犠牲になったと思ってんだ!」と怒りたくなるような内容なのですが。

    でもNHKのスタッフの人たちが気づくように、海軍のこの感じって今でも確かにあること。
    「ダメだって思ってるけど流された」とか「お金いっぱい使っちゃったから今さら戦争できない、なんて言えない」とか。
    上の人のそんな感じで開戦しちゃってんだもん、たまんない。

    もし日本がこの先、同じように「開戦か否か」ってなったとき、まったく同じことが繰り返されそうなのがすごく怖いです。

    そして、もし私が海軍の上の人の立場だった場合、たった1人で「いや、戦争はよしましょうよ」と言えるかっていったらそれもまた自信がないのが怖い……。

    番組の方を見なかったのが残念だなあと思っていましたが、この度NHKオンデマンドで見ることができました。
    テープから流れてくる声とか、取材を受けた人が動いて話している様子を見られたのでよかったです。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

キラーストレス(PART.1)監修。ストレスが原因の突然死、慢性病、精神疾患の増加が注目を浴びる中、ストレスに苦しむ人たちに有効な対処法を伝えようと企画を立ち上げる。2016年にNHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」を放送、大きな反響を得た。

「2017年 『「キラーストレス」から心と体を守る! マインドフルネス&コーピング実践CDブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

NHKスペシャル取材班の作品

日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×