大垣行345M列車の殺意 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.54
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285047

作品紹介・あらすじ

東京駅23時25分発の大垣行345M列車に乗っていた女性デザイナーの絞殺死体が小田原駅近くの線路で発見された。彼女の手帳から、十津川警部と大学で同窓の芸能プロ社長外崎が容疑者として浮かぶ。彼のアリバイは一緒に飲んだ友人が証言したが、数日後外崎は姿を消した。そして、横浜駅のホームで第2の殺人が…。表題作をはじめ、十津川警部が活躍する傑作トラベル・ミステリー4編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 十津川や亀井がさまざまな事件に立ち向かっていく短編集。

    1話目「十津川警部の孤独な捜査」が一番秀逸か。
    ある大臣が調子の悪い原因を調べることをはじめた十津川は、かの大臣の故郷鳥取へ行き不可思議な現象・事件に遭遇する。行く先々で邪魔する何か。それに立ち向かおうとする十津川は、ある過去の事件を嗅ぎ付ける。

  • 十津川警部の孤独な操作
    青に染まった死体
    君は機関車を見たか
    大垣行345M列車の殺意
    の4本だて。

    後の3作品は列車もの。
    最初の作品だけは,鳥取への調査という旅行ものではあるが,
    列車自体の関係は少ない。

    解説は詩人の郷原宏(新潮文庫)

  • 西村京太郎のミステリは安心感がある!

  • 061211

  • 十津川警部の孤独な捜査 (宗美智子)

  • 平成8.3.25 16刷 476
    東京駅23時25分発の大垣行345M列車に乗っていた女性デザイナーの絞殺死体が小田原駅近くの線路で発見された。彼女の手帳から、十津川警部と大学で同窓の芸能プロ社長外崎が容疑者として浮かぶ。彼のアリバイは一緒に飲んだ友人が証言したが、数日後外崎は姿を消した。そして、横浜駅のホームで第二の殺人が……。表題作をはじめ、十津川警部が活躍する傑作トラベル・ミステリー4編。
    十津川警部の孤独な捜査・青に染った死体・君は機関車を見たか・大垣行345M列車の殺意

  • ミステリー短編集。全4話。

全7件中 1 - 7件を表示

大垣行345M列車の殺意 (新潮文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする