ひかり62号の殺意 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宝石を強盗した男2人のうち一人が逮捕され護送中の「ひかり62号」で何者かに射殺された。
    彼の最後の言葉から主犯格の男を割り出たが、すでにフィリピンに逃亡していたが顔がつぶされ何者かに射殺され発見された。
    マニラでいったい何が?本当に死んだのは主犯格の男なのか?
    そんなさなか、別の男が浮上。その男はいったい・・・

    この作品自体昭和62年に製作された作品だが、当時の時代背景でフィリピンが怖い場所であることがこの状態からもわかる。
    確かに国際リゾート地であるが一歩踏み入れば危険な街であることはこの文章からも解る。

    十津川警部シリーズはその時々の国際状況がわかり面白いです。
    もちろんそんな時代背景が観たいってのも有りますが。

  • 平成8.1.20 16刷 400
    銀座の宝石店から二億五千万円相当の宝石を奪った強盗の片割れ宮本信介が東京に護送される途中、「ひかり62号」の車中で何者かに刺殺された!十津川警部は、彼の最後の言葉から主犯の江上利夫の割り出しに成功。しかし、江上は逃亡先のフィリッピンで、顔を焼かれた射殺死体で発見された。十津川は急遽マニラに飛ぶが……。国際的スケールのトラベル・ミステリー。

全2件中 1 - 2件を表示

ひかり62号の殺意 (新潮文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする