災厄の「つばさ」121号 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.40
  • (3)
  • (4)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285153

作品紹介・あらすじ

新庄行き山形新幹線のグリーン車に幾度も乗車する美女。かげり宿す美貌は、車掌の関心の的だった。彼女はなぜか、毎回違う男を旅に誘っていた。ある朝、そのひとりが殺される。眉間を打ち抜かれて。そして、彼女の同伴した男たちが、次々射殺されてゆく-。十津川警部は、鮮やかな腕前から、狩猟の天才・折尾を追う。謎の美女と射撃の鬼、二色の糸はどのように絡み合うのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山形新幹線のグリーン車に乗る美女。
    一緒の男性が毎回違うのを気にする車掌。

    ある同乗者が殺されたところから事態は転換する。
    疑問に思った車掌の一人が行方不明に。

    何故を問う推理小説。

全2件中 1 - 2件を表示

災厄の「つばさ」121号 (新潮文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする