裏切りの特急サンダーバード (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.32
  • (4)
  • (3)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285160

作品紹介・あらすじ

北陸本線を走る特急サンダーバードが、乗っ取られた。四百人以上の乗員乗客を人質にした犯人たちは、十一億円を要求する。それに応じなければ列車を爆破する、と。事件の絵図を引くのは、謎の富豪・大明寺一郎。彼はゲームのように犯行を楽しみ、警察を翻弄する。途中駅を通過し、ノンストップで走り続ける特急。十津川警部は、大明寺と犯人グループを追いつめることができるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大富豪 大明寺一郎。
    さまざまな人間を金で雇い,
    不思議な事件を引き起こす。

    お金をつぎ込むところだけはやってみたいかもしれない。
    特急を乗っ取るところは,とても難しそうでやってみたくない。

    女性を解雇したことで足がつくというのがなんともいえない。
    金持ちの傲慢だと思うか,
    気の弛みだと思うか,
    針の穴だと思うか。

  • 事件が起きるまでに100ページかかる。
    ドストエフスキーの「罪と罰」じゃないんだから…もっと早く事件起こしてよ。

    ってこういう書き方なのだから仕方ない。
    これはこれでおもしろい。

    金持ちの道楽と裏切りって話ですね。
    2時間ちょっとで読めるほど、のめりこんじゃった。

  • [071003-bo-honkan]

全3件中 1 - 3件を表示

裏切りの特急サンダーバード (新潮文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする