謎と殺意の田沢湖線 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.23
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285184

作品紹介・あらすじ

国立市の豪邸で殺害された夫妻は、秋田県・田沢湖近くの出身だった。彼らの生家は、すでにダムの底に沈んでいる。故郷を喪失した村人をめぐる悲劇に、十津川警部は何を感じたのか(表題作)。「かおりを見つけ出せ。さもないと東北本線を爆破する」脅迫状が警視庁に届く。犯人の真の目的とは(謎と絶望の東北本線)。大自然に抱かれた四つの鉄路を辿る傑作トラベルミステリー集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東北、北海道の鉄道もの短編四話。

    標題(収蔵単行本名)
    謎と殺意の田沢湖線
    謎と憎悪の陸羽東線(十津川警部捜査行 みちのく事件簿)
    謎と幻想の根室本線(十津川警部捜査行 恋と哀しみの北の大地)
    謎と絶望の東北本線(十津川警部捜査行 愛と哀しみのみちのく特急)

    北の物語は悲しいものが多いのはなぜだろう。
    寒さは悲しさの源なのだろうか。

    一度も乗った事がない鉄道は、一度乗ってみたいと思えるところがいいところかも。

  • 謎と幻想の根室本線の片山くんがちょっと可哀想。

全2件中 1 - 2件を表示

謎と殺意の田沢湖線 (新潮文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする