東京湾アクアライン十五・一キロの罠 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (4)
  • (2)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285191

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 職安(はろーわーく)通いの中年の男性が殺される。
    そこから,東京湾アクアラインでの事件までの飛躍がわからない。
    お金目的なら手が込みすぎているし,逃走経路が杜撰。
    海外に逃亡するなら,事件中に逃亡し,
    スイスの銀行にでも振り込まないとうまくないのでは?

    なぜ仲間を殺し始めるのかもわからない。
    しっちゃかめっちゃかな世相を反映していると言われればそうかもしれない。

    アクアラインの建設の課題を掘り下げているわけでもない。
    納得感のない事件だ。納得感がなくても,十津川警部の推理に説得感があればいい。
    どちらも不十分だと感じると,何を頼りに読めば良いのだろう。

  • 2016/8/9 53読了

全3件中 1 - 3件を表示

東京湾アクアライン十五・一キロの罠 (新潮文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする