白蝶花 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.94
  • (44)
  • (70)
  • (39)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 432
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101285726

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二次世界大戦を生きる2人の女性を題材にした二つの話。
    一人は姉妹で女衒に売られ、一人は知事の家に奉公に上がる。
    どちらも厳しい時代を強かに生きる様子に心打たれます。

  • 「花宵道中」に続き2作目の宮木作品。

    独立した短編かと思いきや、少しづつ見える関係性で、
    あの人のその後がちらと垣間見えて、「あー、あの時代をあの人はこうやって乗り越えていたのだ、」と感慨深い想いがする。

    女と男がいる以上、粘膜での会話はある段階からは
    あってしかるべしだが、それが過剰に嫌らしく無く、
    でもぬめぬめした質感と哀切に富んだ表現は、
    切なく胸に迫るものがある。

    今の世は、おんなひとりも当たり前だから、
    楽になったものだ。

  • 戦前~戦後の婦人解放も儘ならなかった時代を生きた5人のヒロイン達を4つの花の名に題した連作短編。
    花宵道中に引けを取らないぐらい官能的…。
    情婦、妾、女中、令嬢、立場も環境も異なる女性達の儚くも情熱的な純愛物語が最後1つに繋がった時は鳥肌が立ちました。
    それでもやっぱり戦争物は泣いてしまう。
    女だって必死に戦ってきたんだ…と。

  • 小説だな、と思う部分もあるけど小説だから良いのだ。そんな謎結論。

    男と時代に翻弄される女性達のお話。
    どの女も強い。泣いてるけど、みんな強い。
    思い返してみると誰も生きることを諦めていないのがすごい。
    そんなにも愛した男はいい男だったのだろうか。
    文にすると
    どの愛も短い。
    当たり前のことだけど読んでる側とと彼女達の時間の長さは全く違う。支えになり得る充分な時間をかけていると思う。
    でも、読んでる私から見ると短い。愛は時間の長短ではないと思うけど。もうちょっと恋愛してても良かったかな。
    それを許さない時代だったのだろうけども。

  • 「天人菊」「凌霄葛(のうぜんかずら)」「乙女椿」「雪割草」この4編が収録されていて、「乙女椿」は中長編、あとは短編のお話。

    昭和の始まりから戦後にかけての連作集。
    宮木さんの作品同士のリンクも出てきて「おお~この人が!」と嬉しくなったりも。

    お気に入りは「天人菊」。
    話はかなり短いが、神戸のヤクザの組長(70)に身請けされた菊代とその組に世話になっていながら菊代に想いを寄せる黒田との短い恋が描かれてて、何度も読んだ。(短いのですぐ読めちゃう)

    「凌霄葛」は親の借金の肩代わりに、ある実業家の妾になってしまう女子高生の恋の話。
    実業家よりも、その息子に恋をしてしまう悲恋。

    表題の花とその意味とがいいところで登場します。

    「乙女椿」で登場したお嬢様はその後どうなったのかしらと思ってたら、「雪割草」を読んで安心した。
    いろいろあったけど彼女らしく生きることが出来たんじゃないかと思うと、いい人に巡りあえてよかったねと千恵子の心境になった。

  • 激動の時代に生きた、5人の女性の物語。

    境遇がまったく違うのに、何らかの関わり合いをもって全員が繋がっていく。
    最後の章は蛇足に感じた。
    和江お嬢様は老いてもなお気高く、潔癖なお嬢様気質のままでいてほしかった。

    「雨の塔」に関係する人物が出てくるので、できれば先にこちらを読んだ方がいいかもしれない。

  • 沢山の花。
    それぞれに咲き、散っていく。
    女って、なんのためにいるんだろね。

  • 三浦しおんさんの解説が的確すぎて、「ああ、うん、そうそうこんなカンジ」という完全なる読了感を味あわせて頂きました。

  • どうしようもない性(サガ)を感じる。。。

  • 宮木あや子が読みたくて、図書館で借りてきた。どっろどろの宮木あや子読みたいぜええええって気分を満たすほどどろどろでもなく、でも、さらっと読むにはどろっとしすぎてる、気がする…。戦時中のながめのお話が、なんか、こんなノリでいいの?ってくらい軽かった。あまり戦時中の恋愛を扱った話って読まないけど、ちょっと他のも読んでみようかなって思った。

全57件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

宮木 あや子(みやぎ あやこ)
1976年生まれ。神奈川県出身。2006年『花宵道中』で第5回女による女のためのR-18文学賞 大賞・読者賞受賞しデビュー。同作は2014年映画化された。
代表作に2016年テレビドラマ化された『校閲ガール』とその一連のシリーズ。

白蝶花 (新潮文庫)のその他の作品

白蝶花(はくちょうばな) 単行本 白蝶花(はくちょうばな) 宮木あや子
白蝶花(新潮文庫) Kindle版 白蝶花(新潮文庫) 宮木あや子

宮木あや子の作品

ツイートする