明治天皇という人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.88
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (692ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101287331

作品紹介・あらすじ

明治天皇の声がきこえない……宮内省編修の『明治天皇紀』など公式文書をもとに書かれた従来の伝記に不満を抱いた著者は、侍従の回想や元勲たちの証言、大正時代の雑誌付録など膨大な資料を渉猟し、わずかに残された肉声からその実像に迫った。西郷・乃木に親昵し、日露戦争を嫌悪する――明治天皇の人間性を探り、明治という時代の重みと近代日本の成立ちを捉え直した渾身の評伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治という時代史は多く書かれるが、明治天皇個人については語られることが少なく、遠い存在の人のように思われがち。しかし、瞬間湯沸かしのごとく怒り、嫌い、頼り、そして年齢とともに弱気になり、拗ねる人としての存在を浮き彫りにしてくれた大著。西郷・大久保・岩倉を頼り、その後は当初はぎくしゃくしていた伊藤を頼ったが、大隈・陸奥・黒田らを嫌ったとのこと。西郷の病気を思いやり、桂太郎の愛人のことを「美人か?」と聞いたり、諸葛孔明・楠正成が好きで、南朝正閏論の立場を天皇自身が選んだ!西郷の銅像を許可したのもこの人。203高地攻略に苦労する乃木更迭論に対して「乃木を替えると、彼は死ぬぞ」と語ったとは、忠臣・乃木との深い関係も感動的なほど。血と肉を持った人であることが身に染みる。10万首にも及ぶ和歌は日本文化の体現者でもあったことを示している。北一輝が「国民国家を目指してが、天皇制国家に変質している!」と明治時代に警鐘を鳴らしていたとの記述があるのは全くの驚き。
    岡倉天心の「茶の本」の言葉が面白い。「彼らは日本が平和な文芸にふけていたころは野蛮国と見なしていた。しかし日本が満州の戦場に大殺戮行動をおこしてからは文明国と呼んでいる」

  • なかなか読み通すのが難しいほどの厚さになってる。ただ、これを読んどくとほかの歴史小説もより楽しめるかなと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

明治天皇という人 (新潮文庫)のその他の作品

明治天皇という人 オンデマンド (ペーパーバック) 明治天皇という人 松本健一
明治天皇という人 単行本 明治天皇という人 松本健一

松本健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

明治天皇という人 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする