東京湾景 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.37
  • (85)
  • (194)
  • (338)
  • (73)
  • (16)
本棚登録 : 1645
レビュー : 189
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101287515

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の息子で吉田修一おもしろいと強く惹かれ、
    ぞくぞくと読んできたけど、やっぱりべつにすきじゃないな。

    なんか出会い系サイトで知り合った人、なんとなくすきになるはなし。最後は東京湾を泳いで来れたら付き合えるらしい。

    東京にすんで東京の街の描写が、ちゃんと眼に浮かぶたびにわたしもう東京人だなて思う。
    それと同時に
    東京てそんないい町じゃないししつまんないのに、
    頭に浮かぶ東京はいつもきれいに加工されてるからわたしてやっぱり地方出身なんだなとも思う。

  • 恋愛を信用出来ない2人が恋愛していく話。さらっと読めました。最後は感情移入して、もしも俺が・・・の言葉からはうるっときました。良かったです。上手くいってほしい。

  • 軽い気持ちでサクサク読める。
    恋や愛を信じない彼女が、信じたいと思うようになる後半が、衝撃的。

  • ロケーションは素敵だけど・・・。
    この二人は長続きしないと思う。
    読んでいて、ちっともワクワクしなかった。

  • うーーーーん、うまくいくかなあこの二人。主人公がまず好きになれなかった。

  • 後半からはシンプルに亮介と美緒に焦点があてられてて読みやすかった。でも無理やりハッピーエンドにした感じがする。

  • 平等院鳳凰堂(国宝)の中で一気に読んだ
    ある意味思い出の一冊。


    話しの流れや、テーマは良い。
    純愛をよく捉えていると思う。

    が、人物のセリフ描写が絶望的に下手!!
    よって登場人物の誰にも感情移入できず。


    文章の精度が物語を
    左右してしまう事実をあらためて確認。
    自分も精進せねば…

  • 「悪人」をちょっと思い出した。携帯の出会い系サイトで出会った二人。

  • 淡々とした恋愛小説。

    だけど、色々考えさせられる。


    『どんなに愛し合ってても、大好きでも、終わりを迎える。』

    あぁって…なんだか、他人事じゃない。


    メールから始まる恋。

    嘘。過去。セックス。

    お台場と品川埠頭を結ぶ東京湾岸のラブストーリー。

  • 吉田修一の著作はこれで4作目。
    純文系からエンタメ系に少しずつシフトしている著者であるが、そんな中でも変わらないものもある。どんな物語を描いていても、氏の作品には、どよんとした曇り空が似合う。そこには光はない。夢もない。希望もない。(ちょっと言いすぎか)

    他愛のない日常生活をやたら詳しく描写するのがくどいのは良しとして、会話分がどうも苦手だ。この作品の中では野暮ったさがやたら鼻につく。途中でよっぽどやめようと思ったが、何とか最後まで読了。
    確かに実際の恋人同士の会話なんて、端から見ればくだらないものばかりだけれど。

    希望をちらつかせつつも、破綻してしまうその繰り返しにテンションはあがらず。最後は、ハッピーエンディングなのかバッドエンディングなのかもよくわからなかった。なんとなく主人公と美緒のその後はうまくいかないんじゃないかと暗い気持ちになった。

    この作品があるから、その後、「悪人」が生まれてきた気がする。

著者プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第14回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。

東京湾景 (新潮文庫)のその他の作品

東京湾景 Kindle版 東京湾景 吉田修一
東京湾景 単行本 東京湾景 吉田修一

吉田修一の作品

ツイートする