ボトルネック (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.32
  • (558)
  • (1329)
  • (1801)
  • (686)
  • (160)
本棚登録 : 13897
感想 : 1493
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101287812

作品紹介・あらすじ

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まるで映像を見ているかのような描写に魅了されて、一気読みしてしまった。

    自分が存在した世界と存在しなかった世界。

    主人公が両方の世界を知り、対比することで知る自分の存在価値。

    読者に委ねられる結末は、ボトルネックというタイトルから私としては最悪の結末を【想像】して胸が苦しくなった。

  • めっちゃ酷な…
    確か崖から落ちたはずやのに…
    気がつけば、今までとは、微妙に違う世界に飛ばされる。(パラレルワールドやな)
    そこは、自分自身が存在しない世界。
    代わりに違う人がおる。(姉?)
    その姉の存在が自分のいた世界との違いを生んでそうな事に気づく。
    それも、自分の世界より、ええ感じになってそう…自分は要らん?ボトルネック?
    と本人は思ってる。
    そんなん、隣の芝生は青く見えるだけやって!
    お父さん、お母さんのギクシャクした関係は、2人の問題!兄貴も!ノゾミも!
    そんなもん、当人の問題や!
    って考えられる人なら、こうならんか…
    やっと、もとの世界に帰って来たと思ったら…
    お母さん〜! アウト!ʅ(◞‿◟)ʃ

  • 米澤穂信氏の描く、青春SFミステリ小説。

    自分の住む環境とは似て非なるパラレルワールドへと迷い込んだ高校生・嵯峨野リョウ。彼が訪れた世界には、リョウが生きていた世界には存在しなかった姉・嵯峨野サキの姿があった。
    リョウの世界とサキの世界。二つの世界の相違から見出した真実には、哀しい結末が待っていた。

    自分の存在した世界と、自分が存在しなかった世界。その二つの違いを比較しなければいけないのは、読者目線でもゾッとするような体験だった。
    軽快に進んでいくストーリーとは裏腹に、読み進めるほど、その残酷な展開に胸が苦しくなる。村上貴史氏の解説から一言借りるのであれば、まさに『なんと容赦なく主人公の痛々しさを暴いたことか』。

    ラストの畳み掛けるように襲い来る絶望感含め、メンタルに亀裂が入っているときに読む作品ではないなと感じた反面、自分がいたことで誰かが救われるように、せめて『ボトルネック』にならないように、今よりも少しだけ必死に生きてみようと考えさせられた作品だった。

  • ずいぶん昔、テレビで観たコントは秀逸だった。
    ウッチャンこと内村光良扮するサラリーマン風の男が、颯爽と登場して道端に落ちている空き缶を一つだけ拾って去っていく。ただそれだけ。
    しかし空き缶が拾われずそのままの未来では、風が吹いたら桶屋が儲かる式に現象が連鎖して、最終的にはタンクローリーがガソリンスタンドに突っ込んで大惨事となる。
    ウッチャンは実は世界を救うヒーローで、事件や事故の原因となる「芽」を日夜摘んでいたのだ。
    しかし誰も彼がヒーローであることを、ましてや世界が彼の手で救われていることを知らない。

    バタフライ・エフェクトなどという言葉を知る由もなかった僕は、笑うと同時に大きな衝撃を受けた。

    日常の自分の些細な言動がどれほど世界に影響を及ぼしているのか。「世界」が大き過ぎるのなら、自身の人生とその周辺にどのような変化をもたらすのか。考えてみると、面白いと同時に恐ろしくもなる。

    嵯峨野リョウ。
    友人の弔いのために訪れた東尋坊で不意に平衡感覚を失う。
    ところが気がつくとそこは金沢の街。
    自分が「生まれなかった」世界で出会った「生まれてくるはずだった」姉。
    「間違い探し」の過程で遭遇する事件の予兆。

    パラレルワールドものでありながら浮ついた感じがない、現実と地続きの米澤穂信の筆致。
    そして伏線の張り方と不可解な状況の解きほぐし方は、まさにミステリのそれ。再読して唸る。

    読者自身をも東尋坊に投げ出すかのようなラストには驚いた。
    しかしラストを「絶望的」に解釈するブクログユーザーさんが多いのにはもっと驚いた。
    僕自身は「決別」と「最初の一歩を踏み出す勇気と希望」の物語だと読んだからだ。

    浦沢直樹の『MONSTER』や東野圭吾の『白夜行』のように、ラストの解釈によって余韻や物語の意味合いまで変わってくる。
    あのシーンは、嵯峨野リョウにとっての「分岐点」であり、読者にとっての試金石だと思う。
    当然そういうことも織り込み済みであり、僕らはまんまと作者米澤穂信の術中に嵌まっているのだろう。

    • kwosaさん
      アセロラさん

      コメントありがとうございます。

      そう、そのウッチャンのコントは当時の自分には衝撃的で、ずいぶん昔のことなのにいまだに覚え...
      アセロラさん

      コメントありがとうございます。

      そう、そのウッチャンのコントは当時の自分には衝撃的で、ずいぶん昔のことなのにいまだに覚えていますもんね。

      『ボトルネック』
      僕は面白く読んだのですが、もしこの本が「ファースト米澤」なのであれば、ちょっとビターな味わいに次を控えてしまうかもしれませんね。
      是非、他作品もいろいろ手に取ってみてください。
      2013/02/05
    • 九月猫さん
      kwosaさん、こんばんは。

      コメントでは、はじめまして。九月猫と申します。
      フォローしていただき、ありがとうございます。
      また『...
      kwosaさん、こんばんは。

      コメントでは、はじめまして。九月猫と申します。
      フォローしていただき、ありがとうございます。
      また『ライフ・イズ・ビューティフル 』にうれしいコメントまでいただき、ありがとうございます!
      (そちらにもお返事書かせていただいています♪)

      米澤穂信さんの作品、小市民シリーズと古典部シリーズが大好きなのですが、
      この『ボトルネック』は出だしで「あれ、テイストが違う?」となり、
      さらに他の本に気をとられ、数ページ読んだまま放置中です(^-^;)

      でもkwosaさんのレビューを読んで、こんなに面白そうなお話なんだ!と
      読みたい気持ちがぐぐぐーんと!!
      積読山に戻さずに、すぐ読む予定山にあるので(どちらにしても山なのですが;)、
      近いうちにちゃんと読んでみようと思います。
      ラストの解釈、どちらに受け取るのか・・・楽しみです。

      素敵なレビューがたくさんのkwosaさんの本棚、こちらからもフォローさせていただきました。
      これからどうぞよろしくお願いいたします(*_ _)ペコリ
      2013/03/31
    • kwosaさん
      九月猫さん

      花丸とコメント、そしてリフォロー! ありがとうございます。

      米澤穂信さんは僕も大好きな作家で、小市民シリーズはすべて、古典部...
      九月猫さん

      花丸とコメント、そしてリフォロー! ありがとうございます。

      米澤穂信さんは僕も大好きな作家で、小市民シリーズはすべて、古典部シリーズは『クドリャフカの順番』まで読みました。
      これら二つのシリーズは、青春のほろ苦さをカラフルな糖衣でくるんで上質なミステリに仕立て上げた感じですよね。
      でも米澤さんって、結構カカオ純度高めのかなりビターな物も書きますので、ひとくち味わって食べ残してしまう気持ちもわかります。
      全部の作品を読んだわけではないのですが、それでも総じてクオリティは高いので、他も手に取ってみてはいかがでしょうか。

      それにしても、積読山と予定山。いいですね。
      僕も予定山をつくっているのですが、いつの間にか積読の雪崩に浸食されていたり、掃除の時に妻にかってに並べ替えられていたりでなかなか......
      水木しげるとゲゲゲの女房みたいになっています。

      こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
      楽しい本の話がたくさんできると嬉しいです。
      2013/04/01
  • 哲学。ありそうでない話。無さそうである話。

  • 読みやすい文体、途中ゾクっとする人物像。もしも○○だったらどうだったんだろう…の物語。ただ、ちょっと物足りない。ラストも??な展開。

  • 青春SFミステリー。舞台は金沢、東尋坊。

    パラレルワールドに迷い込んでしまい、自分が生まれた世界と生まれなかった世界の違いを容赦なく見せつけられた少年。
    自分自身の存在意義を深く見つめ直さなければならないというビターな物語でした。
    痛々しくて切なくて辛いです。

    北陸旅行したばかりなので思わず手にした本でしたが、読みやすくてあっという間に読み終えました。
    大学時代から温めていた着想を元にした作品とのこと。さすが完成度が高いと思いました。

  • 自分が存在する世界と存在しない世界とで間違い探し。

    悪いことをしている訳ではないのに、自分が存在しない方が世界が良い方向に進むと知った時に人はどうするのだろう。

    リョウに関してはあまりにも救いが無さすぎて、ノゾミの所へいっても仕方がないと思う。

    姉とは良い関係を築けてそうだったからずっといれればよかったのに…

    ☆3.1

  • 記録

  • 10年くらい前に読んでまた読みたくなった話。
    自殺の名所東尋坊で死者に誘われたような話。
    一文一文が短いためペース良く読めるが、内容はかなり暗い。始終、曇天のような雰囲気が漂っている。

    東尋坊を訪れた主人公が、何かに誘われるようにそこから落ちた…先がぼくが生まれず、姉、サキが生まれていた世界。
    流されるばかりで何もしなかったぼくと、お節介な性格なサキとでは、岐路となる所での選択が変わり帰結するところも違っていた。

    何もしない事が悪い事とは思わないし、子どもである彼らにできる事なんて限られているから、仕方ないとも思う。
    でも、呼び込まれた世界が、何もかも上手くいっている理想の世界、だった。
    ぼくが感じた絶望はどれほどだったか…。
    環境のせいに出来ず、どんどん追い込まれていく。
    最後自分の世界に戻った時に送られるサキの電話と母からのメール。
    ここも大きな選択の一つになるだろうが、ぼくがどちらを選んだのか結果が書かれていない。
    後味が悪い作品でした。

全1493件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年岐阜県生まれ。2001年『氷菓』で「角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞」(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞し、デビュー。11年『折れた竜骨』で「日本推理作家協会賞」(長編及び連作短編集部門)、14年『満願』で「山本周五郎賞」を受賞。21年『黒牢城』で「山田風太郎賞」、22年に「直木賞」を受賞する。23年『可燃物』で、「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」でそれぞれ国内部門1位を獲得し、ミステリーランキング三冠を達成する。

米澤穂信の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×