ボトルネック (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.28
  • (397)
  • (1060)
  • (1418)
  • (563)
  • (142)
本棚登録 : 9008
レビュー : 1209
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101287812

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんて残酷な物語なんだろう。
    認めたくないもの、正視したくないものを、容赦なく突きつけてくる・・・そんな物語だった。
    そのときは気づかずとも、人は否応なく岐路に立たされるときがある。
    対応次第でまったく違う結果が待ち受けていたとしたら、それはとても怖ろしいことだ。
    サキがいて、リョウのいない世界。
    想像力をフル稼働させたサキによって両親の危機は去り、とりあえず一般的な家庭の形をいまも整えていた。
    あまりにも違いすぎる世界に、リョウは戸惑いながらも徐々に抵抗を感じなくなっていく。
    サキの事故がもたらしたもの。
    ノゾミが遭うはずだった事故の真相。
    そして、あれほどまでに恋しく思えたノゾミへの思いが足元から崩れたとき、リョウの中で何かが決定的に崩れていく。
    もしかしたら崩れるほどの何かなんて最初からなかったのかもしれない。
    すべてを他人事のように感じ、受け入れているようにみえたリョウ。
    その存在そのものが、こんなにも心もとないものだったなんて。
    気づいてしまったら、平気でなんかいられない。いられるはずがない。
    着地点は示されない。
    どう感じ、どう受けとるか。
    すべては読者に任されている。
    痛みと怖さと切なさと・・・救いの扉さえ見えない結末が、とにかく辛かった。

  • 評判いいみたいだけど全く面白くなかった。
    せっかくのパラレル設定も、人物の会話や仕草の違和感や
    ダサさが気になって話が入ってこない。

    設定自体は良いのになぜそっちを活かさないのか意味不明。
    あと途中の駅で出会う子供も意味不明。
    ハッピーでもバッドでもいいからしっかり完結してほしい。
    もやっと感半端ない。

  • 主人公、暗いな。

    家庭環境最悪だから、こうなっちゃうのもわかるけど。

    自分が生まれなかったかもしれない世界か。
    うちの次女も、私が二人目を流産した後に生まれた子なので、こういう世界があるとしたら主人公と同じ立場になりうるなあ。

    自分がいない世界の方がうまく回ってたとしたら、それはキツい。

  • 読み終わった後気分が悪くなるくらいのバッドエンド。
    でもたまにはこういう話も読んでみたくなる。

  • ラスト一行を読んだとき、作者はこの一行を書くために物語を積み上げてきたのかなーと思った。

    私の勘だけど、ボトルネックは排除されたんだと思う。

    さらさら~と読み進めたけど、読み終えると意外に考えさせられ、印象に残る物語だった。

  • 米澤穂信の青春ミステリの中でも、ほろ苦いでは済まされない、かなり容赦の無い作品と感じた。
    容赦のないというよりは、身もふたもない、といった方が近いかも。
    かなり人を選びそうだし、解釈も分かれそうだなと感じた。

  • この小説は「幸せバロメーター」。
    読んでつまらない人は多分今人生楽しいだろうし、何かしら思うところがあるなら多かれ少なかれ内心不安なことがあるんだと思う。

  • 自分の努力は報われず、壊れて行く環境。
    一方で、自分がいない世界では自分が手にしたい、したかった未来がある。
    思春期特有の達観しているような感じ、無気力感は秀逸でした。
    最後、彼がどういう選択をしたのかやはり気になります。
    どうしようものない無力感に消えたくなったままだったのか。
    それとも、誰でもない彼が本音をこぼしたことで、これからは彼として生きていくようになったのか。
    再読した時、印象が変わるお話のような気がしています。

  • タイトルや装丁からSFミステリーだと思って読み始めたらとんでもないしっぺ返しを食らいました。

    複雑な家庭環境で育った少年の心のしこり・澱みといったものが痛々しくもストレートに描かれていて、彼の処世術(ある意味では心の防衛方法)や人間関係、“もし自分が生まれてこなかったら”という強い自己否定の過程とその結論がとても生々しい。

    よくよく考えさせられるテーマでした。物語の最後、少年が選んだ道とは…。
    暗くて救いのない話、などと一蹴されるには惜しすぎる一冊です。未読の方はぜひ!おすすめします。

  • 伏線がいたるところにあり、計算されて書かれているなと思いました。
    後味の悪い話でした…

全1209件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

ボトルネック (新潮文庫)のその他の作品

ボトルネック 単行本 ボトルネック 米澤穂信

米澤穂信の作品

ツイートする