日本人は思想したか (新潮文庫)

  • 新潮社
3.47
  • (5)
  • (14)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 201
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101289212

作品紹介・あらすじ

縄文人と弥生人、反目から共存への図式。「あいだ」の表現としての歌。城壁なき律令国家の誕生。仏教変容の宇宙的規模。「近代の超克」は、更なる超克へ…。極東のこの島国で連綿と演じられてきた精神のドラマ。その独自性と真価を、広く世界をも見すえつつ徹底検証する。常に時代と切りむすんできた三知性が集い、火花を散らした全記録。五つの鼎談が今、価値大転換期の混迷を照らす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人は思想したか

  • 「 日本人は思想したか 」 吉本隆明 梅原猛 中沢新一 の鼎談(ていだん)。宗教や文学から日本思想を抽出しようとした本。印象に残ったのは 仏教、縄文思想、アイヌや沖縄の神道、聖徳太子、柿本人麻呂、西田幾太郎、宮沢賢治、今昔物語からの思想抽出

    抽出した日本人の思想
    *人間と自然、自然への慎み深さ、自然との倫理関係
    *あの世とこの世は繋がっている

    ○魂鎮め(死と人間の感覚とを調停するもの→調停が哲学の本質→和歌は魂鎮めとして発生→和歌は日本最初の哲学
    ○非知(念仏を唱えるだけで往生できる思想。知の放棄)
    ○本覚論(すべての存在に仏が宿る。人間中心から自然中心へ)
    ○アニミズム(自然物に人間のような霊魂がある)

    吉本隆明「技術は現在を超える」「この種の問題は本質的と考えて、早急な結論づけはしない〜保留でいい」
    「国家をつくらない→民族をつくらない→平和的」

    梅原猛「親鸞は あの世から人間を見る目をもっている」「古事記は歴史を題材とした歌物語」「古事記の作者は柿本人麻呂」「源氏物語と今昔物語は日本文学の大きな山」

  • 初めの、日本思想の土台についての話が一番面白い。
    日本の思想というのは、政治と文学の中間の重なる部分にある。
    また、西洋のように体系的、普遍的な思想というものを持たず、
    能、茶、詩など個別、具体的な思想しか持ってこなかった。

    途中から古典、宗教、哲学、科学技術あらゆるものに触れていく。
    最終章で『現代の超克』というところになると、
    相当抽象的な話が出てくるため、
    三人が持つバックグラウンドがないと辛い。
    最後の段で、危ない所で生きるというタイトルが出てくるが、
    それこそテクノロジーが発達して、過剰が鍵となる現代での
    人間の生き方なのかなと感じた。

  • 難解な哲学思想なので、20%も理解できていないと思いますが、、、
    日本には能であるとか、和歌であるとか、お茶、お花といった個別の芸能的、技術的な思想が発達したものの、ソクラテス、プラトン、アリストテレスといったギリシャ思想史の発展に比べて、「日本人には体系的な思想がない」。日本文学はドストエフスキーやニーチェなんかと比べると、「思想的に希薄だ」という結論。

    ただ日本人は自然を重視する思想を本来的にもっている。ギリシャ哲学は自然から人間へという方向がある(だからギリシャの自然は破壊された)のに対し、日本の思想はその逆で、人間から自然へという方向があって、米作とか縄文文化とか、聖徳太子とか親鸞とかに、日本人の思想の遺伝子がある。

    自然中心主義の日本人の未来へのヒントは、インディアンとかアイヌとかアボリジニーの思想のなかに、あるそうです。

    人事院、若手行政官への推薦書。

  • 錚々たる面子。
    三人の知見の深さに圧倒された。

    特にキーになっているのが中沢新一。
    彼は非常に巧みに二人の橋渡し役をこなしていた。

    けれど、
    この本で理解できたことといえば、
    「まだ×100」ほどの自分の浅薄さくらいである。

    果てしないなぁ。
    というかまた「親鸞」出てきてたし。
    どこでも湧いて出る奴め。

    そうそう、
    井上円了(母校である東洋大学の創立者)の話もちらっと出ていて、
    仏教哲学者だということを初めて知った(もともと哲学館だったそうな)。

    しかも妖怪について研究していて、
    「妖怪博士」とか「お化け博士」とか呼ばれてた、だと!

    いやぁ俄然興味が湧いてきたなぁ、井上円了さん。
    もっとこっち方面でアプローチしてくれればよかったのに。

  •   『日本人は思想したか』は、吉本隆明、梅原猛、中沢新一の3氏の対談。

     話している内容が古事記から、親鸞、法然、柿木人麻呂、西田幾多郎、など多岐にわたって理解できる部分と理解できない部分がある。

     ただし、3人がかみ合っているのがおもしろい。

     自分として、おもしろいと思った指摘。

    (1)吉本:「共同幻想」の中で、ヘーゲルは近代国家をモデルに作り、マルクスもそうした意味から少し翻って、たぶん国家が宗教の共同性や習俗の共同性と区別がつかなかった時代のことまで共同幻想の共同幻想の中に含めようと考えた。(p27)

    (2)吉本:唯一ありうる倫理といえば、この種の問題はとても本質的と考えて、まず早急な結論づけはしないということが第一の重要性を持っている。(p68)

    (3)吉本:同じ地名をふたつ重ねているような枕詞があると、それは先住の人たちと後住の人たちが同じような地域でさして争いもなく一緒にいたことを象徴するのだと思います。(p75)

     吉本さんは、自分より一回り上の世代に大きな影響を与えたが、糸井重里さんが吉本さんの話を残そうという活動をしていて関心を持っていた。

     もう少し、吉本さんの生の声で勉強したかったな。

  • 「日本人は思想したか?」なんて刺激的な問いかけなんだろ、と思って古本屋で手に取った。著者は吉本隆明、梅原猛、中沢新一という順なんだけど、梅原猛がメインでしゃべってしゃべってしゃべりまくる。日本人の思想というものがそもそも西欧と比べて同じものではない以上、その形成過程を論じることから始まる。どう違うのか?なぜ違うのか?日本人は結局思想したのか?何をどう思想したのか?梅原の得意とする日本人のルーツの話から始まり、吉本の得意とする親鸞、仏教を超えてゆく。メインである吉本と梅原の考え方が元々ずいぶん異なるところに、梅原のこの性格なので高度な議論になりそうなのに話がかみ合いそうにない感じで始まる。最初は「高度な議論なんだけどバランスがなぁ…」なんて思ってたのだけれど、ところが意外な形で事態は打開される。この中沢新一の頭の切れることといったらもう。吉本と梅原を見事につなぎ止めるだけではなくって、話題の転換、まとめ、提案などなど随所にきらり輝くコメントを連発。この3人の組み合わせ以外には考えられない、といった感じで綱渡りの様な緊張感を保ちつつ議論がつづく。個人的には前半ちょっとしんどく、後半がかなりエキサイティングだと思った。特に最後の2章が良かった。西田哲学の読み解き方のヒントを得た。西田幾多郎の思索と体験を以前読んだのだけれど、正直なところわかったようでほとんどわからなかった。きっと今ならずいぶんわかると思う。

  • 本棚整理で出てくる。ぼそぼそ楽しめる本。

  • 06026

  • 中沢 新一の座持ちの巧さが際立つ鼎談集.タイトルに沿って言えば,日本には「イデオロギ」という意味での思想は無かった.というところが出発点になっているので,「思想はしてない」のでオワリなのだが,何も考えない文化というのは有り得ないので,じゃぁどんなことを考えていたかという話になるのだが,結局のところ「何も考えてないことを目指す思想」という雲を掴むような話になるわけである.雲や霞が大好物な人向きである.

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。

「2019年 『吉本隆明全集20 1983-1986』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉本隆明の作品

日本人は思想したか (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする