ポケットの中の野生―ポケモンと子ども (新潮文庫)

著者 : 中沢新一
  • 新潮社 (2004年1月発売)
3.49
  • (6)
  • (11)
  • (22)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :91
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101290126

ポケットの中の野生―ポケモンと子ども (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017/7/24読了

  • ポケモン論、ゲーム論であり、文明論。
    レヴィ=ストロースやモースの言葉を援用してポケモンの世界に切り込んだ意欲作です。面白く、含蓄に富んでいます。何度も読み返したい本です。
    (ポケモンのゲームが登場したころ書かれたものです)

  • "虫取り少年の世界観" ポケモンを遊んだときに心をつかまれたあれそれがかちっと文章にまとめられてた

  • 途中結構眠くなりかけたけど…最後は「あーそっかー」って感じです。
    言いたいことはすごいわかる!

  • 言わんとしてる事は何となく伝わるんですけど、なんでこんなに文体が難しいんだろう。難しい話をやさしく書くのがプロってもんだろうに。

  • 物語ばかり読む私にはちょっと難しかったけど…、なるほど面白い!ゲームが子どもに与えるものは軽くはない。

  • 子どもたちがポケモンを受け入れる秘密は、文化人類学でいう「野生の思考」と「贈与の霊」にある、というなんとも画期的なことを述べている本。はじめは専門用語が多くて戸惑うが、そのうちにすとん、と理解できてくる。すると、なるほどな、と思う。非常に面白かった。ポケモンが、やりたくなってきた。

  • 2009/12/25 購入
    2010/01/08 読了

  • ポケモンと野生の思考のつながり。

  • 2005年ごろ 購入

全15件中 1 - 10件を表示

中沢新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中沢 新一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ポケットの中の野生―ポケモンと子ども (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする