ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.52
  • (274)
  • (494)
  • (789)
  • (105)
  • (29)
本棚登録 : 3906
レビュー : 589
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとか読みきった。
    本は最後まで読むのが自分の中でのルールなのだが、崩される危機がそこにあった。
    眠くなってしまったのです、残念ながら。

  • ニシノ君みたいな男子に女子は引っかかるんだろうな~ってなんとなく思った。何故か気になるだろうな~!?
    女子目線の本を久しぶりに読んだ気がする。そのせいか入り込めなかった。
    「セックス」って単語が何回出て来たんだろう(笑)
    「どうしてきちんと人を愛せないんだろう?」と思いながらまた愛を求めるニシノ君。彼は怖くなかったのかな?
    結局誰かの特別な人でいれなかったのかな?!

  • 残念ながら私の好みではなかった。同じ著者の「センセイの鞄」は好きだったのだが。
    ニシノユキヒコという男性を、彼と関わった女性たちの視点で描いている。中学生から中年になるまで、恋人はたくさんいても、その誰からも最終的に選ばれない男の悲哀。
    恋愛ものでも構わないが、表面だけの薄っぺらい物語は感情移入できない。ここに出てくる女性たちの誰にも共感できなかった。恋をする女性は割り切った人ばかりではなく、実際はもっとウェットだと思う。

  • 好みが分かれる作品だと思う。
    私はダメだった。

  • 文章には相性があるんだよね~
    良い悪いじゃなくて。

    こういう小説は雰囲気を楽しむんだと思うんだけど。
    私自身に合わなくて退屈な印象でした。

  • ニシノユキヒコを10人の女が語る。西野に共感できない。好きでない。

  • 【あらすじ】
    ニシノくん、幸彦、西野君、ユキヒコ…。姿よしセックスよし。女には一も二もなく優しく、懲りることを知らない。だけど最後には必ず去られてしまう。とめどないこの世に真実の愛を探してさまよった、男一匹ニシノユキヒコの恋とかなしみの道行きを、交情あった十人の女が思い語る。はてしなくしょうもないニシノの生きようが、切なく胸にせまる、傑作連作集。

  • ジェケ買いして後悔した本。
    買うんじゃなかった、読むんじゃなかった。

  • 女の人にもてる才能を抜群に持っているニシノユキヒコ。いつも恋愛してるけど、全力になれずに、結局ふられて、でももてるから次から次へと彼女をつくる哀れな男である。その彼をとりまく女の人が、彼について、彼との恋愛についてふりかえる短編集だ。女性たちの個性は幅が広いし、ニシノユキヒコに対しての広い心はすごいと思う。が、それって、ニシノユキヒコの恋愛癖を、果てはニシノユキヒコその人自身を、遅かれ早かれ諦めていたんじゃないかと思ってしまうわけで。この短編集においての諦めや達観は、その恋愛自体を諦めてしまっている風にどうしても受け止めてしまった。だから私は、これを「別れ」を集めた短編集だと解釈してしまって、虚しさばかりが胸にはこびった。

  • どうしようもない駄目男を「愛しい」と感じる女の気持ちがまったくもってわからない。しかも後に憎みこそすれ、愛をもって思い出すなどとんでもない。まだニシノ目線で語られる物語のほうが面白そう。

著者プロフィール

川上 弘美(かわかみ・ひろみ)
1958年生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』でドゥマゴ文学賞と紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞を受賞。ほかの作品に『風花』『どこから行っても遠い町』『神様2011』『七夜物語』『なめらかで熱くて甘苦しくて』『水声』などがある。2016年本作で第44回泉鏡花文学賞を受賞した。


「2019年 『大きな鳥にさらわれないよう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニシノユキヒコの恋と冒険 (新潮文庫)のその他の作品

川上弘美の作品

ツイートする