どこから行っても遠い町 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.51
  • (71)
  • (200)
  • (208)
  • (49)
  • (10)
本棚登録 : 1867
レビュー : 210
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101292410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好き、っていう言葉は、好き、っていうだけのものじゃないんだって、俺はあのころ知らなかった。いろんなものが、好き、の中にはあるんだってことを。
    いろんなもの。憎ったらしい、とか。可愛い、とか。ちょっと嫌い、とか。怖い、とか。悔しいけど、とか。

  • 構成がよかった。

  • 都心からやや離れた下町の商店街を舞台に、そこに暮らす普通の人々を主人公にした連作短編集。登場人物は、ちょっとヘンなところがあったりもするけれど、基本的にはどこにでもいそうな普通の人々。恋をしていたり、人生に疑問を持っていたり、親との間に複雑な感情があったり、生き方があまりうまくなかったり、そういう当たり前の人々。とりたてて展開がドラマチックなわけではなく、一話一話にはオチというようなオチもないので、一話を読み終えて「えっここで終わり? このあとこの人たちはどうなったの?」と思ったことも途中で何度かあったのだけれど、じゃあそれで物足りないかというと、そうでもなかった。なんとなく読んでいて、なんとなく心地がよくて、なんとなくいつまでも読んでいたいような気がする本だった。

  • 東京郊外の小さな町の商店街を舞台に、そこに暮らす人々の平穏と不穏の日々を綴った連作短編小説。
    匂いのする物語だ。魚屋の匂い、アスファルトに落ちる雨の匂い、古いアパートの匂い、そして男と女の匂い。
    生活感たっぷりなのに、タイトルどおり、どこか遠い町のお話に思わせる川上さんの文章力にうまさを感じる。

  • 商店街の魚屋のおじさんはね、居酒屋のおかみさんはね、お向かいの奥さんはね…と数珠繋ぎのように物語が紡がれていく。男と女。女と女。男と男。それぞれの関わりがつるつると滑っては絡まり滑ってはくっつく。隣にいるのに遠くて、つかめないあの子や絡まりあの娘に会いたくなる一冊。

  • 目についたから読んでみた。
    この人の小説は初めて読んだけど、初めてでも抵抗なく読み進められた。
    たくさんの賞をとっているみたいだから、機会があれば他の小説も読んでみたい。

  • 川上さんの本で1番好きかも。
    読みやすい。

  • 短編集のようでつながっているこの町の住民たちのお話
    。当たり前なんだけど、自分だけではなくみんな様々な思いを抱えて生きているんだなと思った。
    明る過ぎず、暗過ぎず、読みやすいけれどサラッと読む感じではない小説。

  • 表現はサラサラと流れるようなんけど、そこにはふか~~い心情や真理が描かれていたりするから川上作品は侮れないのだ。

  • 都心から私鉄でも地下鉄でも二十分ほど離れたところにある、商店街のある町を舞台にした連作短編集。

    最初の数話は興味深く読めたものの、だんだん単調さに飽きてきて、途中は流してしまう部分もあった。

    止むに止まれぬ理由によりいくつかの職を転々とし、介護の仕事をしている主人公の『蛇は穴に入る』と、
    人に嫌煙されがちな姑と、実は彼女を好ましく思っている嫁の交流を描いた『長い夜の紅茶』がよかった。

    私は川上弘美フリークではないので本作の感想以外の情動は持たないけれど、物足りないと言う愛好者の感想は少しわかる。
    似たような話と展開でだれがち、タイトルと世界観はよかったのに。

    ちなみにこの作品についてamazonのレビューは大変興味深いと思う。

全210件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

川上 弘美(かわかみ・ひろみ)
1958年生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』でドゥマゴ文学賞と紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞を受賞。ほかの作品に『風花』『どこから行っても遠い町』『神様2011』『七夜物語』『なめらかで熱くて甘苦しくて』『水声』などがある。2016年本作で第44回泉鏡花文学賞を受賞した。


「2019年 『大きな鳥にさらわれないよう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

どこから行っても遠い町 (新潮文庫)のその他の作品

どこから行っても遠い町 単行本 どこから行っても遠い町 川上弘美

川上弘美の作品

ツイートする