負けんとき 下: ヴォーリズ満喜子の種まく日々 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.11
  • (11)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 94
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101296227

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おマキさまは本当にこれで幸せだったんだ…というのが率直な感想。私は佑之進の胸の内がせつなくて、佑之進への気持ちを超えるメレルへのおマキさまの思いがつかみかねた。絹代さえ気づいていた思いに、当の本人が気づかないはずはないのでは…?それを押し殺してもなお余りある幸せをメレルは与えたというのか?国籍を奪われ、日本人でありながらメレルの妻となれたにもかかわらず近江八幡の民に受け入れられず、最後は兄弟と信じた者たちからも追放され、逃れた軽井沢で結局病を得たメレルの看病に明け暮れた…苦難に向かえば向かうほど、負けんときと自分を奮い立たせて自分の気持ちで乗り越えていきながら、これが望んだ幸せだと言う。共感できない…それが心残り。。。

    それと、絶対避けられない『戦争』の悲惨さ。なんで日本はあんな戦争をしたんだと、しかも戦前にヴォーリズ夫妻はそれを阻止するために渡米して講演して回っていたなんて…知らなかった。悲しすぎる。

  • 134

  • メレルも素敵だが、祐之進の愛の大きさに泣ける!

  • 上巻に比べてスピード感にやや欠けるのは仕方ないが、それでも読み始めるとぐいぐい引き込まれて読了。とくに友人の津田余那子じゃないほうで、佑ノ進と結婚した人が関東大震災で亡くなっていたのに、佑ノ進が彼女に成り代わって手紙を書いて文通していた事実を知った時は文通の最初に戻って読み返してしまった。雨の橋の上での3人の出会いの場面も印象的。

  • 毎日少しずつ、でも確実に読みすすめてやっと終わりました。
    ヴォーリスさん、そんなにも有名な建築家だったんですね。自分の無知が恥ずかしい。
    信念を持って最後まで教育に捧げたおマキさまの生き方は素晴らしい。
    大切なことを、大切にし続けることは、想像以上に難しいはず。

著者プロフィール

作家

「2018年 『姫君の賦 千姫流流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

負けんとき 下: ヴォーリズ満喜子の種まく日々 (新潮文庫)のその他の作品

玉岡かおるの作品

ツイートする