闇の守り人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.32
  • (1467)
  • (963)
  • (496)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 7931
感想 : 739
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302737

作品紹介・あらすじ

女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名を晴らすために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは-。バルサの帰郷は、山国の底に潜んでいた闇を目覚めさせる。壮大なスケールで語られる魂の物語。読む者の心を深く揺さぶるシリーズ第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スペインはカタルーニャ地方を代表す「ラ・リーガ」のサッカーチームFCバルセロナ通称バルサの物語です
    バルサと言えば永遠のサッカー小僧大空翼くんが所属したプロチームとしても有名ですよね
    中学卒業と同時にブラジルに渡りサンパウロFCに所属しエースとして活躍、またワールドユース日本代表キャプテンとして日本代表を優勝に導いたあと、幼馴染の早苗となんと19歳で結婚、そしてヨーロッパに渡り所属したのがFCバルセロナでした
    最初は同じポジションに世界有数のトッププレイヤーのリバウールがいたこともあり苦労しますがて長いわ!長過ぎるわ!

    はい、短槍使いの女用心棒バルサの物語です

    まぁ、例によって話しの中身についてはもう何百人て方がレビューしてるので端折るとして、もうあれですよ、旅の途中バルサが事あるごとに幼なじみの薬草師タンダを思い出すところでずっとニヤニヤしてました
    そしてバルサの過去を清算する旅が終わりを告げ、タンダの元に帰る決意をするバルサにもうニヤニヤ通り越してニタニタしてました(ニヤニヤの最上級ってニタニタなん?)

    どうせあれでしょ?二人結婚すんでしょ?幼馴染の翼くんと早苗みたいに(ここで繋がるか!)

    うーん、こんなんばっかり書いててよくシルバー賞とか、巾着とかくれるよなー
    ブクログ見る目ないなw

    • 1Q84O1さん
      受賞してしまったことがジーコのサッカー人生の中で最大の汚点ですな…
      受賞してしまったことがジーコのサッカー人生の中で最大の汚点ですな…
      2024/02/21
    • 1Q84O1さん
      で、HDPマジで調べまくったわ!(# ゚Д゚)
      で、HDPマジで調べまくったわ!(# ゚Д゚)
      2024/02/21
    • ひまわりめろんさん
      ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
      ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
      2024/02/21
  • 久しぶりに上橋菜穂子ワールドにザブンと浸かりました。読書から離れていたため、いい意味の現実逃避感、心地良かった〜。

    バルサ、相変わらずカッケー。欲に溺れる大人と純粋な子供の対比。ファンタジーなんやけど見たことあるように暗い洞窟や広大な土地の風景が頭に広がる広がる。

    すごいな〜上橋菜穂子ワールド。
    いい意味で守り人シリーズに手を出してしまうのが怖い。
    (私は家事しない人間になってまう、、、)

  • シリーズ2作めも一気読み。
    素晴らしいな…「運命の織り手は、そのおだやかな日々のあいだに、すでに、ちがう色の布を織りはじめていた…」

    どんなぼくの感想も陳腐な抽象化にしかならない気が。とにかく素晴らしい読書体験でした。

  • だんだん慣れてきたぞぉー!この世界(笑)

    シリーズものだと、人物像が大分固まってくるのが功を奏したのか、ファンタジーまるでダメな私でもサクサク読み進めることが出来た!

    話の展開が早いことと、ある程度想像できる展開に、期待を裏切らない結末。
    この辺が受けてる理由なのかなぁ?

    リズム感は良いなぁと感じられるようになってきた。

    もう一冊、読もうか、どうしようか・・・。

    折角借りたのだ。読んでみよう。
    あと一冊頑張る。

  • 再読。欲深い人間の末路がよく描かれている。文章を読んでいるだけで、主人公と一緒に旅をしている感覚になる。集団の意志と個人の意志、どちらも大切だけど、どこまで、どちらを優先するか、これは永遠のテーマだな。

  • 今回の作品もとても面白かったです。

    生まれ故郷、カンバルに戻ったバルサ。
    洞窟でヒョウル〈闇の守り人〉に襲われた少女ジナを助け、その兄カッサとジナに、償い行者だと名乗り、誰にも自分のことを言わないようにと釘を刺す。カッサとジナは帰り道に、自分たちが白魔石ではなく、王すら採ることが許されないルイシャを持ってきたことに気づいた。
    カッサとジナは、両親に本当のことを告げる。父のトンノとカッサは、カグロ、ユグロのもとに全てのことを話に行った。
    バルサは叔母のユーカと会い、楽しいひと時を過ごすが、討手たちに捕まる。城への移動中に逃げ出すが、討手たちとの対戦により、毒が体にまわってしまった。牧童たちに解毒してもらい、何日か泊めてもらう。

    そこからは波乱の展開になります。カッサとジナは、バルサのことを両親には言わなかったけれど、ヒョウル〈闇の守り人〉にカッサが勝てる訳がないと疑われ、洗いざらい打ち明けてしまいます。そして、父のトンノはカグロ、ユグロにそれを伝え、バルサはカグロたちの放った討手に終われることになりました。

    ジグロを討ったとユグロが嘘をつき、みんなに崇められていたことを知り、悲しくなりました。ユグロがそれを恥じていないことを知ったバルサの気持ちが痛いほどわかりました。
    ユグロは心を癒して、今までのような狡猾さを洗い落としてから戻ってきたら、バルサと仲良くなれるのではないでしょうか。
    相変わらずとても素敵な作品でした。

    手を出しづらいと思う人もいると思うけれど、とってもおすすめです。ぜひ読んでみてください(*'▽'*)

    どうでもいいお話
    父が、獣の奏者も精霊の守り人も聞いたことがないらしく、とても驚きましたΣ੧(❛□❛✿)
    聞いたことはあるだろうけれど、きっと興味がないから忘れてしまうんだろうな……サッカー少年だったらしいし。読書しない子どもだったらしいし。ペヤングにナナチキを落として食べるヤンチャパパだし。やんちゃと言えばママの方がだけど。

  • 精霊の守り人の次のお話で、バルサが自分の過去と向き合うために故郷のカンバルに戻り、怒りと葛藤と戦うという物語です。あとがきにもあったとおり、子供より大人が読んだほうが面白い内容です。

    今回もカンバルという国の文化がたくさん出てきて非常に興味深く感じる部分がありました。特に生と死にまつわる部分は興味深く、昔からの言い伝え等のその土地の独特さを感じました。

    バルサとジグロの逃亡の過去から生まれた怒りと葛藤、悲しみ、苦しさ、時にはあったであろう笑顔の時間を想像しながら読み進めていくと、クライマックスであろう山の底の闇の中での槍舞にはグッとくるものがありました。バルサが自分ひとりではどうすることもできない時期をジグロが様々な葛藤の中で育ててくれた優しさと死ぬ間際に話した言葉を思い返すと、育ててもらったことへの感謝というのは死ぬまで感謝なんだと改めて考えさせられました。

  • 守り人シリーズ第三弾
    二と三、一気読み。

    故郷へ帰ったバルサ、育ての親のジグロへの思い。
    温かいはずのふるさとは辛い場所だった。

  • あとがきで書いていらっしゃるように、大人の方が喜ばれているようだ…がとてもよくわかる。

    バルサの気持ち…ジグロの気持ち…がとても響いてきて、体中が温かくなるお話。

    闇の中での色鮮やかさの描き方も素晴らしいと思う。

  • バルサは育ての親ジグロと自身の故郷であるカンバル王国に過去の清算のために訪れる。バルサの心の奥に燻る怒り、国の闇の部分、ヒョウルと呼ばれる闇の守り人とは?シリーズ第二弾!

    めっちゃ楽しめました!読みやすさ、ストーリー性、伏線どれを取っても良作でした!守り人シリーズファンの方にはどの作品が最も面白いのでしょうか?続編読む前に是非聞いてみたい^_^

全739件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

「2020年 『鹿の王 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×