闇の守り人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.30
  • (1261)
  • (858)
  • (457)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 6281
レビュー : 656
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302737

作品紹介・あらすじ

女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名を晴らすために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは-。バルサの帰郷は、山国の底に潜んでいた闇を目覚めさせる。壮大なスケールで語られる魂の物語。読む者の心を深く揺さぶるシリーズ第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大人向けのファンタジーだからこの巻が好きだといって貸してもらった。

    小さかれ大きかれ、人は呪いを持って生きていると思っている。そして呪いのせいで人生をとことん楽しむことができない(もしくは人生そのものを歩めていない)。この巻ではバルサの呪いが解けたのだと思った。これからバルサはタンダを大切に思って生きて行くこともできるのだろうし、ジグロのこともあたたかく思い出すことができるだろう。本当に良かった。

  • 舞台は新ヨゴ王国からバルサの故郷カンバル王国へ。

    ジグロの弔い行としてカンバルへ向かうバルサ。洞窟の中で闇の守り人であるヒョウルに襲われる兄妹、カッサとジナを助けることから物語は始まります。

    洞窟の道標が短槍に刻まれた模様だったり、その洞窟の住人ヒョウルの持ち物がルイシャという宝石であったり、牧童という小人の存在だったり。
    前作にも増して幻想的で胸が躍る反面、カンバル王国の悪行...ここがバルサの過去に繋がるわけですが、その部分が描かれており、とても悲しいお話だとも思いました。

    ヒョウルの正体が明かされる場面もそうですが、槍舞がなんとも切なくて。
    でも、救いようがないと思っていたラダール王が国の為に頑張った姿にはぐっときました。カッサも勇敢でしたね。

    いつかバルサが堂々と国境を渡り、故郷カンバルに帰る姿が見たいですね。そこにカッサの成長も描かれていたらもっといいなぁと思う。

  • 一気に読み終わり、大変面白い小説だった。

    まだ僕が学生だった頃にたくさん読んでいたファンタジー小説の世界に懐かしくも没頭する事ができた

    これは「精霊の守り人」の続きもので、女用心棒バルサの癒しと再生の物語だ。

    前作が青年向けの小説だとしたら、今作は大人でも楽しめる内容だと思う。

    バルサの過去の苦悩が物語を通して癒されていく様子がとても印象的だった。

    内容もストーリーもその見せ方もとても分かりやすく、読みやすく、著者の力量に「さすが!」だなと思わずにいられない。

    読んでワクワクドキドキしながら純粋に読書体験を楽しみたい人にオススメ!

  • 精霊の守り人の次のお話で、バルサが自分の過去と向き合うために故郷のカンバルに戻り、怒りと葛藤と戦うという物語です。あとがきにもあったとおり、子供より大人が読んだほうが面白い内容です。

    今回もカンバルという国の文化がたくさん出てきて非常に興味深く感じる部分がありました。特に生と死にまつわる部分は興味深く、昔からの言い伝え等のその土地の独特さを感じました。

    バルサとジグロの逃亡の過去から生まれた怒りと葛藤、悲しみ、苦しさ、時にはあったであろう笑顔の時間を想像しながら読み進めていくと、クライマックスであろう山の底の闇の中での槍舞にはグッとくるものがありました。バルサが自分ひとりではどうすることもできない時期をジグロが様々な葛藤の中で育ててくれた優しさと死ぬ間際に話した言葉を思い返すと、育ててもらったことへの感謝というのは死ぬまで感謝なんだと改めて考えさせられました。

  • 和風というかアジアンテイストのファンタジー小説が一般的になってきてから久しいが、設定の緻密さやドラマとしての完成度において上橋菜穂子の作品は、このジャンらの代表作の一つではないかと思う。
    特にこの守り人シリーズは、巧みな異世界の設定と心揺さぶられる人間の心情の描写が紡ぎだす素晴らしいファンタジー小説に仕上がっていると思う。

    前作の精霊の守り人の物語の後、バルサは自分の過去と向き合うべく故郷のカンバルを目指す。
    今回は、バルサの故郷となるカンバルが舞台となり、その地で古来から行われている”ルイシャ贈りの儀式”にまつわる冒険譚となる。
    今回の物語のキーワードは、地下世界ではないかと思う。
    古来、人類は冥界が地下に属するものと信じていた。
    そこは、生と死の境界であり、先立ってしまった親しい人たちと会うことができる場である。
    過去と対峙し、それを越えて生きていかなければならない主人公バルサには、良く考えられたシチュエーションではないかと思う。
    物語の読後感は清々しく、この物語のふさわしいものだった。

  • 自分の狡さ弱さ醜さほど、立ち向かうのが困難なものは他にない。
    それが出来た時に、ようやく自分を許せるのだろうとは、なんとなく理解はしている。しているけれど、実行できない。
    私にとっての『バルサの槍』はなんだろうか。

  • 弟が先に読み、私に回って来ました。
    色々と語られ盛大にネタバレされた状態 笑
    内容も展開もほぼ分かっていても、物語に引き込まれるように読みました。
    25年振りに故郷に戻ったバルサが、自らの過去と向き合い過去の因縁と決着を着ける物語。
    前作同様、どの登場人物もキャラが立っているのが良いなと。
    個人的には前作よりも、こちらの方が面白かったです!
    弟が語りたくなる気持ちも分かる 笑
    ファンタジー小説でここまで面白いと思ったのは初めてかもしれない。

  • 【再読】

    流れるように進む展開の中に、大人たちのドロドロとした願望や過去と向き合う意思が絡み合って、、決して明るい話ではないけど、読み始めたらスッと本の世界に入っていけるような、物語の力を感じた。
    前作から繋がりはあるものの、違った印象を受けたのは、あとがきにもあるように、バルサが軸になっているからだろうか。。一歩一歩、自分の足で、意思で、しっかりと踏みしめながら進んでいるのが強く感じられた。シリーズとしては2作目、でもバルサにとっては大きな山だったんだろうなぁ…。
    重い話が続く中で、いろんな人の思いに触れて、辛くなる時もあったけど、カッサやジナなどの若い世代の青さ、真っ直ぐさに救われた気がする。成長した彼らの姿を読める時はあるのかな?楽しみにしておこう。

  • すごいなぁ。
    精霊の守り人の中で、チャグムにふいに語ったあの物語が、こんな壮大な業になっていくとは!

    闇の守り人ヒョウルという大きな存在やその盗掘にある不思議な宝ルイシャ、そんなことをどうやって思いつくのかしらとドクドクと読み進むと、バルサの故郷の悲しい政と、貧しくとも美しい景色に魅了されてます。
    不思議な、小さな牧童たちが現れるともうなんとも言いがたく楽しくなってしまう!

    私はバルサがドムの毒槍をうけ、気を失った後の小人達とのやりとりが大好きです。バルサの過去を振り返る辛い旅の中、いつも守られている暖かさ、はぁ、上橋菜穂子さん、ティティ・ランなんて、いったいどこから浮かんだのですか!山の王の姿の形容も、文句のつけどころなく素敵でした!

    束の間の幻想と勇者との旅、心から楽しみました。

  • 守り人シリーズ第2弾!
    女用心棒バルサを待ち受けるまたまた数奇な運命。

    バルサは運命という言葉を嫌うけれど、
    大きな力にまるで引き寄せられるように過去と対面することになるバルサ。
    過去を引きずったまま生きていくのは困難だ。
    いつかどこかで真正面から対決して清算しなければ。

全656件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

「2020年 『鹿の王 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

闇の守り人 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×