夢の守り人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (625)
  • (766)
  • (643)
  • (35)
  • (3)
本棚登録 : 4992
レビュー : 468
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302744

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 守り人シリーズ3作目。まさかのトロガイ回。
    抽象的な始まりで最初とっつき辛かったのですが、それを超えれば安定の面白さ。
    物語のところどころに印象的なメッセージがあり寂寥というか刹那な心境を感じた。

  • <花>の概念がイマイチわかりにくくちょっと読みにくかった。
    周辺の人物の話は興味深くて楽しい!!

  • 読むだけでは想像するのが難しい箇所があり、物語に入り込みきれませんでした。
    通勤電車の中で読むことがほとんどのわたしには、合わなかったです。
    とはいいつつも、さすがは上橋作品。面白くてページをめくる手が止まらない。
    次回作を読むのが楽しみです。

  • 守り人シリーズ三巻です。
    精霊はチャグムの、闇はジグロの物語でしたが、本作はトロガイのお話でした。
    相変わらず完璧な世界観でしたが、「花」と「夢」の関係性などが私にはぼんやりとしか理解出来なくて、2巻の闇を超えることが出来ませんでした。むずかしい・・・

    とはいえ怪物にさせられたタンダを気遣うバルサ、二人と再会したいと切に願うチャグムなど、相手を思いあう三人の気持ちが胸に迫ってきてジンジンきました。

    そして、タンダがチャグムを説得するセリフがとてもよくって。
    分かりやすいけど哲学的とも言えて、忘れたくないので写メしちゃった。
    最後に書いときます。長いよ。

    「ここにいるのは自分を不幸だと思って生きている人たちだ。その不幸には、きっと二通りある。
    一つは、不治の病にかかっているような、行き止まりにきている人たち。
    もうひとつは、別の人生もあるはずなのに、なぜ自分はこんなに不幸なのか、と運命を呪っている人たち。
    別の人生ってなんなんだろうね。

    ~~でもおまえはあの時、自分の人生をなんとか生きてみようとおもってたはずだ。
    帝になる人生という、おぞましく暗い闇に向かって、しっかり顔を上げていた。それはね、おまえが、そういう自分の姿が好きだったからなんじゃないかな。
    おれにはね、人がみんな、好きな自分の姿を心に大事に持っているような気がする。なかなかそのとおりにはなれないし、他人には照れくさくていえないような姿だけどね。
    少なくとも、おれはその姿をもって生きてきた。そして、どうしたらいいかわからない分かれ道にやってきたら、どっちに歩んでいくほうが、好きな自分、かを考えるんだ。

    最後の決断は、おまえのものだよ。---こういうと、ずるく聞こえるかい?
    ここは、何もない夢の中だ。夢だと気づいてしまっても、おまえがつくりあげた夢の世界で、このまま死ぬまで眠っていたいと思えるかい?
    それとも、目覚めて、自分の人生を終わりまで生きるかい?・・・それを望むなら、おれが、帰る道をおしえてやるよ」

  • 以前読んだときも少々わかりにくい感じがしました。再読して、
    <花>と
    <花の呪い>があるので、
    「夢の中で夢を見ている」ような感じでわかりにくかったのかと思いました。
    あと最後トロガイがユグノにまた花の種を渡したのが???となりましたが、
    新しい種だからといって新しい宿主でなくてはならない訳じゃないってことですかね。
    お話の筋はおもしろかったです。

  • シリーズ第3作。夢・花・歌がテーマということで少し物足りなかった。前作の「闇」とは趣きが異なる。第一作「精霊」のメインキャラのチャグムが再登場。バルサはサブキャラで、婆さんトロガイが主人公。

  • ちょっとグッときた。

  • 歌うたい ユグロ リー・トゥ・ルエン(木霊の想い人)

    一ノ妃
    花番
    トロガイ

  • 2016年1月14日購入。
    2016年2月20日読了。

  • シリーズ3作目。
    今回はトロガイの若い頃(トムカ)に起こった話が中心?今に至り、問題となって心の奥底に秘めていたものが再び顔を覗かせた物語。

    夢(夜の力)に引き込まれ、そこから抜け出せない人達。それを危険だが救う決意をするタンダ。そんな中、チャグムも夢に囚われてしまう。チャグムにとっては、バルサ達と過ごした日々が、逃亡であっても、すごく幸せだったんだと改めて思い知らされた。不幸だが幸せな事もあるんだと、感じた。

全468件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

夢の守り人 (新潮文庫)のその他の作品

上橋菜穂子の作品

ツイートする