夢の守り人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (625)
  • (767)
  • (644)
  • (35)
  • (3)
本棚登録 : 4998
レビュー : 468
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302744

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トロガイ師の過去が語られる章。タンダの家族構成やトロガイ師との出会いも明かされる。
    人の心のよりどころ(夢)に引き込まれるという物語は、自分だったらどんな夢に囚われるだろうか?囚われなったバルサとの違いは何か?
    途中、読み進めるのを止めて想像してみた。

    シリーズの順番では、「闇の守り人」と「虚空の旅人」の間がこの本のようだ。先に「虚空の旅人」を読んでしまったので、登場人物が前後してしまった。

  • 最初に読んだときは、
    ちとわかりにくいところがあるな?と思っていましたが、
    再度読み返してみると、
    人の想いの強さこそが
    引き起こしてしまった原因なのかと、
    しみじみしてしまいました。
    運命というものは怖い・・・。

    ハードカバーは既読済。
    文庫が出たので、自宅用に購入しました。

  • 『精霊の守り人』に登場した人たちが次々に出てきて、 しかも敵対していた〈狩人〉のジン、ゼン、ユンが、今度は仲間となって一緒に戦ってくれる!
    懐かしいやら嬉しいやら。

    帝になる道しか歩けないチャグム。
    普通の村人としての生活ではなく、呪術師という外れた道を選んだトロガイやタンダ。
    幼い頃に父親から離され、逃亡生活を余儀なくされたバルサ。

    自分の人生と、他人の人生を比べて、どちらが幸せで、どちらが不幸かという答えのないテーマ。
    自分の場合はどうだろう…と、ふと考えてしまう。

  • 守り人シリーズ第3弾。今回はタンダとトロガイが活躍します。バルサはちょっと脇役っぽい感じ。
    夢の中に誘われた人たちをいかに助けるか、呪術師コンビが大活躍。ただし、夢の中の花のくだりや動機などが少々わかりにくく、情景を想像しにくかった。お話自体は面白かった。

  • 呪術全開。
    裏の世界が表に漏れ出し、渾然一体となる。

    母親の愛情(というか本作では執着か)の強さが世界を狂わせる。

  • どちらかというと、タンダとトロガイ師が主のお話。はぁ、人間離れしてると思ったけどやっぱりねぇって感じでした。それにしてもタンダは本当優しいですね。男顔負けのバルサとお似合いです。前巻が全くタンダが出てこなかったので、もうちょっとバルサとの絡みが欲しかったなあというのが本音です。タンダ好きなんで。人生を生き生きさせるのが夢、人生をダメにするのも夢、夢って怖いものなのかもしれない。

  • 今回もはずれなく、楽しめました。
    夢、居心地がいい世界だよね。
    誰しもが抱く世界。そこに留まるか、現実に戻るか…
    私はやっぱり、つらくても現実がいいかも。

  • 守り人シリーズを薦めてくれたTさんにとってベストと相当期待値上げて読んだ。
    時々感じる夢から覚めたくないという思いを超えて、自ら夢の世界へ入り込み帰りたくなくなってしまう。夢の世界いると現実世界での身体がボロボロになってしまう。この世界観が好き。
    夢と現実微妙な境界とか、トロガイの人間味あるとことか、彼らに見えるものがあるからこそ普通の村で生きていけないとこの展開とか良いし、カヤの感じる先が見えることへの空虚さみたいなの共感できるし、、面白い。。

    あとがきがささる。「眠って見る夢と憧れてして追い求めるものを、なぜ人は、同じ言葉で表現してきたのでしょうね。」「日々の暮らしをこつこつと営んでいく人という生き物が、いま生きている現実ではない何かを心の中で思い描くーそれこそが「夢」で、それは遥か彼方にあるものだからこそ輝いて見える。」
    あとがきを読んでから本編を読むとまた楽しめるかも。

    が、ファンタジー過ぎる終わり方なんが残念。

    別のとこに書いたメモ
    好きだからこそ、クライマックスの終わり方が物足りない。トロガイ、タンダの夢から現実に引き返すことを促す言葉が僕には響かなかった。夢に縋りたいとどっかで思ってる自分には、彼等の言葉が響かなかった。それと歌い手をもっと共感できる存在にして欲しかった。彼も「外れた人」で生まれた「場」から、外れざる得なくなってしまった人、バルサにすら理解されないあの価値観にも、分かってもらえない喜びや哀しみがあるはずで、、その葛藤を含めて人間味溢れた存在にして欲しかった。が、小説読んでここまでこうなって欲しいこうならいいのにって思うのも久しぶり。
    あとがき含めて、いい本に巡り会えた。

  • 個性的な、ヤマンバのようなトロガイが、生き生きと頭の中で動いています。カッコよいです。今回の花の変節の原因になった人の哀しみについて。とても、とても共感できたのです。どうしても癒せない、辛い悲しみ。それは、愛する人をなくすことでしょう。本来、夢は、その悲しみを癒してくれるものかもしれません。

  • シリーズ3作目で、面白いことは分かっているので、安心して読み進められる。
    それでも、前2作に比べると、読むのに集中力が必要だった。何故かユグノをグイン・サーガのマリウスに重ねて読んでしまったり、〈花〉の世界がうまく解釈できなかったからだと思う。

    また、前作に比べて、現実に生きている人の気持ちの葛藤よりも、極端に強調された気持ちの描写が主題だったためか、共感して気持ちが揺さぶられる程度も小さい気がする。

    養老孟司の解説も面白い。

全468件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

夢の守り人 (新潮文庫)のその他の作品

上橋菜穂子の作品

ツイートする