夢の守り人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (625)
  • (766)
  • (644)
  • (35)
  • (3)
本棚登録 : 4996
レビュー : 468
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302744

作品紹介・あらすじ

人の夢を糧とする異界の"花"に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は"花"の魔力に打ち克てるのか?開花の時を迎えた"花"は、その力を増していく。不可思議な歌で人の心をとろけさせる放浪の歌い手ユグノの正体は?そして、今明かされる大呪術師トロガイの秘められた過去とは?いよいよ緊迫度を増すシリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ三作目となる本書。
    国産のファンタジー小説は多数あれど読んで心地よく世界観に浸れるものは数えるほどしかない。
    守り人シリーズは数少ないそのうちの一つと言える。

    前の巻であ「闇の守り人」は、バルサの物語であるが、今回は大呪術師トロガイと薬草師のタンダの物語と言えるだろう。
    普通の人には見えない異なる世界を見ることができる人々の物語。

    バルサは、奴隷狩人から不思議な歌い手を助ける。
    時を同じくして多くの人々が突然眠り続けたままの状態になる奇妙な事件が発生する。
    タンダは眠り続ける姪のカヤを助ける為、危険を冒し「魂呼ばい」の儀式を行い、彼女の夢の世界に入り込む。

    今回扱われる世界は夢と花である。
    花が絡む幻想的な物語というと中国の幻想譚が思い出されるが、そういった何とも言えない怪しく幻想的な雰囲気が漂う世界が巧みに描写されている。
    古来、夢の世界と言うのはあの世とこの世の境目に位置すると考えられている。
    眠っている間人間の魂は肉体を離れ、この幻想的な世界を旅しその時の経験が夢であると昔の人は信じていた。
    また一方、人は恋い焦がれるものや理想とするものを夢と呼びそれを求める。
    あるものは、その思いが強くなりすぎ、自ら作り出した狂気という夢の世界で生きる。
    今回の話は、そういった事がテーマとなっていたように思われる。

    現在よりはるかに生活が過酷で、選択肢が少なかった時代の人々はどのような思いで生きていったのだろうかと考えさせられた。

    物語で、心地良いが死につながる危険な夢の世界から抜け出すのに必要だったものは、親しい人たちからの愛、そして日常の些細な瞬間の美しさを愛おしむ心であるというのは素晴らしい解答であると思う。

    それと武人であまり自分の感情を口にしないバルサがタンダをどれほど大切に思っているかがわかるお話でもあった。
    ホントこの二人には幸せになっていただきたい。

  • 今回も面白かったです。タンダと、トロガイ師の過去が中心でした。
    優しいタンダ、優しすぎるので困難も受けますが、夢に囚われたチャグムを諭すシーン、良かったです。
    チャグムとシュガの王宮でのやりとりも好きです。チャグム、成長したなぁ…でも、バルサやタンダと暮らしていた頃に戻りたい、と思ってるのが切ないです。
    帝は未だによくわからない存在ですが、チャグムが帝になっても、今の帝とは全然違う存在になるんだろうな。続きも楽しみです。

  • 守り人シリーズ第3巻。人を魅了させる見事な歌を歌う放浪の歌い手ユグノ、眠り続けるタンダの姪である少女と新ヨゴ王国の一の妃、期せずして人鬼化してしまったタンダを救おうとバルサたちは奮闘する。

    1~2作目は王国単位の騒動でしたが、本作は大呪術師トロガイの過去を中心に“人の内面”に焦点を当てた展開となっています。
    現実が辛くて辛くて堪らない時、「いっそ全てが夢ならば」「いっそこのまま夢から覚めなければ良いのに」と強く願う瞬間があるかもしれません。本作ではその先、の恐ろしい世界を少し垣間見せてくれたように思います。夢を願い、夢に自ら入ったつもりが、気付けば夢に取りこまれ手遅れになることも。自力で目覚められる人もいるでしょうが、一人の力ではどうしようもない時もあります。そんな時は――やはり信頼し合える家族や仲間の存在が大きな原動力に。

    夢や「サグ」や「ナユグ」を行き来し少し複雑に感じた場面もありましたが、シンプルに見るとバルサやタンダたちの、血のつながりを越えた先にある強い絆を感じられる1冊でした。

  • 守り人シリーズ三作目。いよいよ乗ってきちゃって休日でもないのに1日で読了。は~楽しい。

    今作は呪術師のタンダとトロガイの物語でした。
    が、まず言いたいのが、バルサとチャグムの再会!
    感極まって泣いてしまったよ。笑
    その前のタンダがチャグムを助ける場面の台詞にもぐっときたし、チャグムの成長も感じられて嬉しかった。

    そして花守りと化してしまったタンダを守ろうとするバルサの姿にも涙。
    タンダを殺すくらいなら自分が死んだほうがいいと思うなんて...改めて二人の絆の強さを感じました。
    タンダも言っていたけど、タンダとバルサとチャグムは血こそ繋がっていないけれど家族なんだなって。たとえ離れていても想い合い、支え合って生きている.....だめだ。また泣けてきちゃう。

    解説に「よいファンタジーには、悪人はいない。良い人の悪い行動があるだけである。」という文章があったように、今回は特に誰のせいでもない、事故のような出来事だったなと。
    とにもかくにもタンダが戻ってこられてほっとしました。

  • 夢から目覚めぬ娘。
    娘の魂を捉えた歌唄い。
    現実に帰りたくない魂を糧に生きる花。

    現実を生き抜くバルサ。

    こころをつよくもつのです。

  • 「行きて帰りし物語」という言葉がある。どこが出典だったかと調べるとトールキンだった。ファンタジーの一つの類型として、異世界へ「行って」そこからちゃんと「帰ってくる」物語というものがある。いつもファンタジーを読む時に、頭のどこかにある言葉の一つだ。異世界へ行ったままではだめなのである。ちゃんと帰ってこなければならない。ちゃんと帰ってこそ、その勇気と功績を称えることもできる。

    『夢の守り人』は、タンダが夢の世界へ行って帰ってくる物語だ。タンダが自分を見失わず、帰ってくる。その姿に胸が躍る。これだけでも十分読み応えがあるが、この夢の世界の意味するところが深い。私たちの人生とか、意識や無意識といったところへ鋭く迫ってくる内容。解釈はおそらく幾通りでもあるが、読んだ人がそれぞれ、自分のことに引き寄せて読むのが一番いいのだろう。

    「花」をめぐる会話や文は、人生の折々で自分の境遇の例えに引けるような強度を持っていると思う。
    「あの中で、「花番」が~と言うところがあるだろう。あれはこういうことなんじゃないのかね」と、仮想の対話を思い浮かべる。

    『闇の守り人』の時にも思ったが、人間の「怒り」が美しく、崇高に表現されている。それはファンタジーという枠組みを使わないと難しいことだ、と改めて思う。

  • 自分が選ぶことのできなかった幸せをどうしても夢見てしまうのが人間の性である。でも現実に自分が選びとった人生の中で、小さな幸せに気付けるかどうかがすごく大切だと思った。

  • こんなはずじゃなかった、という思いに引き込まれてしまった人たちの話。夢を見るのは楽しいけど、それで現実から逃れようとしたり、誰かを陥れようとしたり。バルサとタンダの関係が切ない!

  • タンダ、ひどい目に遭ってるなぁ…まさかのバルサとの戦い。
    でもジンやトロガイ、シュガにチャグムなど、懐かしい人達が勢ぞろいしていて、わくわくする。そういや『闇の守り人』はバルサがカンバルに帰っての話だから、彼らは出てこなかったんだ。
    トロガイの過去にも驚いたけど、『夢』についての話は深い。「夢を見ていた方がいい、戻りたくない」と思うほど現実がつらいことは確かにある。そこに居続ける人と、やっぱり厳しい現実に戻ってくる人との違いって、たぶん本当に些細なものなんだろうな。

  • 守り人シリーズの3作目は 「夢」 です。

    現実に強く願う夢や希望や憧れを、寝てみる夢の中でみたことはないけれど
    そんな夢をもし夢でみてしまったら、きっと覚めたくないと思うでしょう。
    このまま夢の中で生きていけたらどんなにいいかと思うでしょう。
    そのうえその夢から覚めなくてもいいと言われたら
    覚めなくてもいい方を選択してしまいそうです。
    それが現実のなかでは死を意味するなどとは知らないまま....

    よくよく考えるととても恐ろしいです。
    そんな夢をみてしまって引きずり込まれてしまったらどうしよう。

    そんな人の夢を糧とする異界の花の、恐ろしい魔力に囚われてしまった
    姪を救うため、薬草師タンダが立ち向かいます。

    がしかし....タンダ自らも囚われの身となって人鬼と化してしまい
    そこにバルサが一役買って幼馴染を救う戦いに挑む――

    年齢不詳といわれている呪術師・トロガイの過去にも深い関わりがあり
    若かかりし頃のトロガイのことを知ると、守り人シリーズとしての世界感にも
    より深みが増したように感じられました。

    チャグム皇子も登場します。
    たくましく成長していて頼もしい !
    今後の期待も膨らみます♪

  • トロガイにそんな過去があったとはっ!(;゜∀゜)夢って美しく癒されるものだと思っていたけれど、囚われてしまうと恐いな(--;)そんな夢にも惑わされないバルサが少し可哀想な気がした(T-T)タンダは優しいところが良いところだけど、優しすぎるよ‼(>_<)バルサとタンダって恋とか愛じゃなく魂で繋がっているんだな~(*´-`)

  • シリーズ3作目。
    精霊から何年後かの物語でチャグムやシュガが再び登場。
    前2作品と比べ話が現実と夢の狭間というちょっとややこしく感じた。
    けれど、登場人物の過去の話や精霊以後の成長、再会により楽しみながら読めた。
    精霊を書いていたときからシリーズ想定していたのかな。気になりました。

    守り人シリーズ今後の展開楽しみです。

    • 9nanokaさん
      着実に読み進めてますね!
      2016年の大河がこれだという噂があるみたいです…
      着実に読み進めてますね!
      2016年の大河がこれだという噂があるみたいです…
      2014/08/09
  • 守り人シリーズ。花に魂を奪われたタンダを救うため力を尽くすバルサたち。自然とイメージされる風景がとても幻想的。少し成長したチャグムが登場し、バルサたちと再会できたのも良かった。

  • 守り人シリーズ第三弾!
    花とか夢とかの理屈がよくわからなかったが、やはり物語に惹きこまれて一気に読ませる力はスゴイ!

    現実を逃れて夢の中で生きていけたらと思うこともないではないな。

    バルサがだんだん過去から解放されていく。
    タンダとバルサの関係っていいな。
    女バルサの方が強くて、男のタンダの方が癒し役ってのがいいな。

  • 今までの守り人シリーズの中で、内容をきちんと理解できなかった気がする。
    魂とか命とか花とか、ちょっと分かりにくい。
    チャグムとバルサの再会はとても良かった。

  • 上橋さんの本を片っ端から読み出してから、今回初めて少し読むのが苦しかったです。
    何故なんでしょうか…文章があまり入ってこなくて。
    トロガイの過去だったり花の設定だったりは興味深く思ったのですがどうしても斜め読みになってしまいました。

    チャグムとの再会までの成り行きはとても面白かったですし、再会シーンもすごく良かったです。

    よくよく考えられたお話であった故に一度取り残されるとついていけなくなってしまう物語な気がしました。
    もちろんそれは私が悪いんですけどね。

    また次も読みます。

    2012.12.11

  • もし自分に諦めきれない夢があって、それは現実の世界ではかなえられないけれど、ある世界ではそれが叶っているなら、私は現実の世界に戻ってくることができるのかな?
    派手なアクションは控えめだけれど、前2作と違い、美しく切ないものがあります。雰囲気も少し異なるけれど、引き込まれる世界観はそのままです。
    タンダの師・トルガイにも若い頃があり(当然だけど)、道を誤ったりすることもあったのだとなんとなくほっとしてみたり。チャグムの再登場が嬉しかったり。
    人間の一生は短く、夢より現実のほうが辛辣ではるけれど、現実のほうが愛しく美しく大切であると感じました。心の奥に響くように語られる物語です。

  • 幸せと不幸の量はやっぱり一緒なんだろなーと思った。

    最近人生って、しんどいことのほうが多いんじゃないかなって思ってたけど、この本を読んで、そうじゃないって思った。
    幸せと不幸の量は一緒。
    不幸と同じだけ幸せがある。
    それを見る力とか覚悟とか勇気とかがあるかどうか。

    不幸の量が多い人は、そこから幸せを見出せると信じられた人なんだと思う。

    べつに世の中は不公平じゃないね。

    私は、しんどい人と出会うことが多い職業だけど、
    私はこの仕事がその人たちに直接的には影響を与えられるとは少しも思ってない。
    でも、私にできることは、その人たちが、
    不幸から同じだけの幸せを見出せることを信じてそばにいることだ。

    まずは、私が、
    自分を不幸だと思わず生きていかなきゃな。

  • 読まないで手元に置いたままだったのがものすごくもったいなく思う。
    もう一度読みたいですね・・・!!

  • かっこいい無敵の女用心棒バルサが活躍するこのシリーズは、彼女の活躍の爽快感、痛快感と共に、彼女自身が、自分の在り様・・生き方に疑問を持ち、少なからず苦悩しているところが、なかなかに奥深くて、ジャンル的には児童書なのですが、大人が読んでも十分満足できるファンタジーです。

    今回は、呪術師という、普通の暮らしからはみだしてしまった師弟が人生について考える。そんな話。

    今いる場所は、自分のいるべき場所ではないかもしれない。どうしても拭えない居心地の悪さ。多分、大人になる手前の頃に、何となく人生の先行きが見えてしまい、誰もが一度は突き当たるそんな思い。トロガイ師とタンダは、その居心地の悪さを敏感に感じ、普通の村人の生活を捨てて呪術師になった。

    でも、一見、自由に見えるその生活は、誰にも守ってもらうことの出来ないアウトローの生活であり、社会の枠組みから外れて、「自由」を手に入れるということは、「孤独」と隣り合わせなのだということ。それによって失うものは、決して少なくないのだという現実。「自分で生き方を選ぶ」とは、どういう事なのか。その辺がちゃんと書かれていて、少年少女には、興味深い内容なのではないかと思います。

    今回タイトルになっている「夢の守り人」とは誰の事なのか?という事に気づいた時、闇に飲み込まれそうになるバルサの心を守っているのは、間違いなくタンダなのだと・・それがタンダの愛の形なのだと気づかされて、ちょっとほんわかした、いい気分になりました。

    「精霊の守り人」では、威勢のいいバルサ姐さんに、いつも置いてきぼりな感じのタンダでしたが、本作では、二人の心はちゃんと繋がっていて、お互いかけがえのない存在で、支え合って生きている・・という事が本当に良く分かります。結婚という枠にハマっていなくても、もう二人は夫婦同然なのですよね。社会の枠から外れて生きる彼らには、そんな枠など、すでに気に止めることではないのかも知れません。

    手の届く所に、自分の心の拠り所となる人がいる。それだけで、彼らはしあわせなのですから。。

全468件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

夢の守り人 (新潮文庫)のその他の作品

上橋菜穂子の作品

夢の守り人 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする