神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.17
  • (597)
  • (650)
  • (310)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 4255
レビュー : 328
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302768

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ5作目。
    う〜ん…
    続き物だからですかね。イマイチでした。
    新ヨゴ、カンバル、サンガル、ロタ。平和に見えても、いろんな国が、いろんな問題を抱えているんだなぁっと思いましたね。
    バルサの優しさが、非常に多く書かれていた巻でもありました。毎回、ケガを負うバルサ。たくましいですけどね。
    イマイチと言ったが、やはり次の巻が気になるところではあります。

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)のその他の作品

上橋菜穂子の作品

ツイートする