神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.21
  • (613)
  • (619)
  • (273)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 4143
レビュー : 345
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302775

作品紹介・あらすじ

南北の対立を抱えるロタ王国。対立する氏族をまとめ改革を進めるために、怖ろしい"力"を秘めたアスラには大きな利用価値があった。異界から流れくる"畏ろしき神"とタルの民の秘密とは?そして王家と"猟犬"たちとの古き盟約とは?自分の"力"を怖れながらも残酷な神へと近づいていくアスラの心と身体を、ついに"猟犬"の罠にはまったバルサは救えるのか?大きな主題に挑むシリーズ第5作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アスラのことだけではなく、貧富の格差、人種差別など国の根底にある様々な問題がロタ王国全体を揺るがす事態へと発展していく。
    苦しい思いをして生きてきたバルサの言葉には罪を背負って生きていくことの残酷さがあるが、生きていくことの強さも信じている。

  • 守り人シリーズ6巻。神の守り人の下巻です。

    上巻からあげられている「それが正義であれば、殺人は許容すべきか」 という重いテーマに対し、本巻で一定の答えは出たのではないでしょうか。
    戦いを通じてバルサの背負う悲しみの重みがひしひしと伝わり、彼女ならではの理論で殺人をしてはいけない理由が語られた時、とても納得感がありました。
    また、ラストは手放しで喜べるものではないですし、ロタ王国の問題は全く解決には至っていないけれど、わずかな希望の光が見えた感じはよかったです。

    今回の事件では、上記の他にも人種差別や地方格差、新興宗教やテロなど、現代でも悩ましい問題が織り込まれていて考えさせられることが多々あり、しかもそれが、世界のどこかでの出来事ではなく、すぐ隣で起きていることという現実感を以て迫ってきました。
    相手の立場に立つこと、が、ね。解決の一歩かもしれません。

  • 守り人シリーズ第5作!
    女用心棒バルサがますますカッコイイ!
    ただ強いだけじゃなく、母性的な優しさも持ち合わせてるところがまたいい!
    そして人を殺めた哀しみ。
    生きるために、人を殺めるしか生きる道がなかったとしても、人は、動物と違って、心に傷を持つ。
    たとえ相手がどんなに悪人でも。
    人として生きるということはどういうことか、深く考えさせられた。

  • なんとも胸キュンなエンディングで、もおもお!でした。

    なんだかんだ、やっぱりバルサなんですよね。かっこいいなあ。もう。
    タンダの頑張りにも拍手!でしたし、どう考えても無理だろうっていう状況でも絶対に諦めないふたりの姿がもうたまらなくて。泣けました。

    最後のチキサとバルサの会話にもぐっときたし。
    相手が子供でも対等に接するバルサの姿勢がすき。

  • 邪悪な力を解き放つことになってしまったいきさつ。
    力を持ってしまった少女アスラ。
    何とか助けようとするアスラの兄。
    少女の心身を守ろうと奔走するバルサが頼もしい。

  • 守り人シリーズで一番好きな作品、「神の守り人」、その下巻。

    この作品のラストは涙が自然と零れてくる。
    アスラを取り巻く大人の身勝手、そして身に宿る大いなる力。

    純真な子どもだからこそ大人の思うつぼとなり、そしてその純真さがあったからこそ、彼女は自分に与えてくれた優しさや愛情をしっかりとその心に焼き付けていたのだと思う。
    シハナの思惑が大きく崩れたのは、シハナがそういう心を大切にして育ってこなかったからなのだろう。
    だからと言ってシハナだけを責められるわけではないと思う。彼女にも彼女なりの葛藤はあったはずだ。そこは勝手な想像でしかないが……。

    物語の最後、アスラが下した決断は、彼女を一生縛り付ける呪縛となってしまったのだろう。
    それでも、彼女はとてつもない覚悟と、たくさんの自分が貰った愛情や優しさを受けて決断した。
    それは、アスラの強い心と勇気、そして優しさがあったからこそで、彼女にしか出来ない素晴らしい決断だったと思う。

    この中で一番好きなシーンは、悪夢を見たアスラがバルサに泣きつくところ。最後の決断のシーンは言わずもがな。

    狼の群れを虐殺し、自分に与えられた力に気づいたこと。そしてバルサがその力を使うアスラが何を考えているのかわかってしまったそのあとのシーンだ。
    アスラが信じてやまないカミサマへの考え方をアスラが傷つかないように優しく諭すバルサの言葉選びに深く考えさせられた。

  • 2013~2016 読了

  • なんなんだこの本は!と言いたくなる。大きな嘘と信じたい者と、王国。バルサが宿でアスラを説得するシーンが辛かった。わかって欲しいんだろうな、自分の生きていた道を見て欲しかったと思う…

  • 上巻を読んでいる時に、早く下巻が読みたいと気になった一冊。終わり方は意外だったけれど、よかったかな。

  • ラスト〜〜〜!
    どうかアスラとチキサに救いがあるようにと願って読み進めてきたからわたしはそう信じます、ええ。

全345件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)
1962年、東京都生まれの児童文学作家、SF作家。
1992年『月の森に、カミよ眠れ』で日本児童文学者協会新人賞、2000年『闇の守り人』で第40回日本児童文学者協会賞、2003年『神の守人 来訪編、帰還編』で 第52回小学館児童出版文化賞、2004年『狐笛のかなた』で 第42回野間児童文芸賞受賞他、2015年『鹿の王』で第12回本屋大賞など、多数の受賞歴がある。
2014年には「小さなノーベル賞」とも呼ばれる世界的な賞、国際アンデルセン賞作家賞を受賞している。

上橋菜穂子の作品

神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする