不撓不屈〈下〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.39
  • (11)
  • (23)
  • (37)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 228
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101303239

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 会計士/税理士である飯塚の正義と国家権力との闘いを描いた作品。
    実在の人物をモチーフにしており、非常に共感できる部分がある。

    権力との戦いという観点でいうと、以前読んだ「沈まぬ太陽」と相通ずる部分が多いと感じた。(沈まぬ太陽は社内権力との戦いがテーマ)

  • 飯塚事件の主人公である税理士飯塚毅。
    国税当局との壮絶な闘いを描く。
    国会で取り上げられ、国税庁長官が辞任、検察庁の無理筋起訴に全員無罪判決。
    全面勝利ではあるが、そこに至るまでの苦難は、筆舌に尽くしがたい。

  • 飯塚毅という人が並みの人物ではないということは十分わかった。

  • 上巻参照

  • TKCに将太郎ちゃんに行って欲しい。創業者が偉大だ!

  • 「飯塚事件」を題材にした実名経済小説です。
    タイトル負けしない飯塚氏の熱い志に感銘を受けました。
    しかし、ここまで自分にも他人にも厳しく使命感を持って国家権力と戦えるかとなると、正直自信は持てません。

    税理士法一条に「独立した」の文言が付け加えられるまでに壮絶なドラマがあったということを胸に、日々努力を積み重ねていきたいと思います。

    下巻は、引用文が多かったのですが、どういった論理で相手を付いたのかを読むことができて良かったと思います。実名小説だけに、後の総理大臣になる方々も登場していたので、実感がわきやすかったです。

  • 飯塚毅

  • 「飯塚事件」での主人公である飯塚会計士の、まさに「不撓不屈」な精神に脱帽。自分自身もこういった信念に基づいた行動をとれるように切磋琢磨していきたいと、心に染みた。
    ストーリーも面白く、映画化されたものも見てみたいと思った。
    しかし、事実に基づいた話にさらに信憑性をもたせたかったのか、とにかく引用が長くて多いのにはかなりウンザリ。手紙とか通達とか、いちいち全文を載せなくてもいいのでは?逆にこの著者の本については、敬遠したいと思ってしまった(よほど気になる内容なら別だけど)。

  • 裁判の記述が多くて小説としては読みにくかった。

  • 国税・検察という権力中枢と真向勝負したこの本の主人公。サポートした家族、部下、友人、恩師そして政治家。国会議員の第一の仕事が法律を作ることなのにそれを官僚に任せていることに対する危機感。官僚に依存すれば栄達と保身が先行し先見的自発性と積極性に欠け、この国は決して一流の国家にはなれない、危機に際して右往左往する国になると今から40年近く前から危惧していたということ。このような方が実在していたことを知っただけでもこの本を読んだ価値はあったとしみじみ。それと映画も是非見てみたい 。

全19件中 1 - 10件を表示

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

不撓不屈〈下〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする