大脱走(スピンアウト) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.40
  • (3)
  • (21)
  • (22)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101303291

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そう言えば「スピンアウト」という言葉があったな。企業内起業、分社化、といったソフトな対応ではなく独立する。まさに勇者じゃないですか。自分には能力も才能も資本も無い。無い無い尽くしだ。

  • スピンアウトの苦労がスピード感のある展開で実感。その後を調べたら、10年後には吸収されていた。なんか残念。

  • IOIからのIT部がスピンアウトする話。

  • ベンチャーの成り立つ
    情熱で、スピンアウト

  • 大企業の大樹によるのか、自分がやりたいことに挑戦するために可能性に賭けて志を遂げるのか。

    難しいよね。

  • いつもの高杉ワールド、やっぱり面白い!文章簡潔、ストーリー明白、お世辞にも深いとは言えないのに、変わらす面白いのは凄い!だからまた読んじゃうんだよなぁ(*^_^*)

  • 実話って思うとすごい話。

  • IHIのシステム外販部門80名が、大企業の方針転換で干されてしまい、大脱走&ベンチャーを立ち上げる話。
    面白い!仕事に対する心意気、素晴らしい。時代は感じさせるが、実名収録で読みやすい。
    もう少し干されるまでの政治的な動きがあれば、なおよかったなー。

  • 期待が高かったのか、あっさりさっくり読めてしまって少し残念。
    経済小説?、企業小説?は久しぶりだけど面白いなぁとは思ったけど、
    前に読んだ「連鎖破綻」の方が読み応えがあったかなぁ。

    でも、実名実録小説、これが実際にあったことだなんてすごいなぁ!

  • IHIのソフトウェア部門が一斉に大量退社して独立した。実名小説。

全18件中 1 - 10件を表示

大脱走(スピンアウト) (新潮文庫)のその他の作品

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする