蒼き信長〈上〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.92
  • (7)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101305233

作品紹介・あらすじ

守護代本家の被官でありながら尾張統一の野望を抱く織田信秀。その寵愛を一身に受け、嫡男信長は武芸に秀でた青年へと成長する。だが、実弟・信勝への家督相続を画策する母・政子の策略により、父との関係が悪化。単身城を飛び出した信長は牢人らと徒党を組み、奇抜な格好で闊歩して「うつけ」と呼ばれ嫌厭されるようになる。知られざる信長の青春を描き切った本格歴史小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 信長好き

  • 織田信長の父である織田信秀のエピソードにも紙幅が割かれている。
    信長はそうでもないが、信秀の名古屋弁?がすごい笑。
    みゃーみゃー、いっているのがなんともいえず笑。

  • 信長が活き活きと描かれている。
    信長の物語の中でも面白い方だと思う。
    この本がきっかけで、
    実際に、桶狭間に行って来た。

  • 青年期の信長と父信秀の話。信長を語る時に、信秀の葬儀で突然抹香を仏壇に投げつけた場面はよく出てくるが、なぜそのような行為に及んだか、初めて理解できた。2014.8.9

  • こういう解釈あるねという感じ。信長記を読みたくなった。

  • 2012/12/1 未来屋書店イオン尼崎店にて購入。

  • (欲しい!/文庫)
    週刊ブックレビュー2010/5
    朝日広告2012/12/1

全7件中 1 - 7件を表示

安部龍太郎の作品

ツイートする