下天を謀る(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.68
  • (11)
  • (34)
  • (25)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 210
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101305257

作品紹介・あらすじ

「その日を死に番と心得るべし」との覚悟で幾多の合戦を生き抜いた藤堂高虎。織田信長亡き後、豊臣家に三顧の礼を持って迎え入れられるが、秀吉は茶々との愛欲に溺れ、天下人としての資質を失っていく。落胆した高虎は一時出家さえ試みるが、徳川家康から届いた一通の手紙に心を動かされ、再び下天を謀る決意を固める。「戦国最強」との誉れ高い異能の武将を人生を描く本格歴史小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 真偽は別として物語としては面白かった。

  • 下巻へ。

  • 血気盛んな武者たちが、将に成長していく様を、小気味よく語ってくれて、楽しくてしかたがないです。
    特に、冒頭(プロローグ)から登場した水野勝成殿が、そのあともちょくちょく登場してくれるのが、嬉しくて嬉しくて!下巻も楽しみです。

  • 下巻で

  • 映画化を

  • 藤堂高虎

  • 戦国武将藤堂高虎の物語。上巻は若い頃から豊臣秀長に仕えた頃、徳川家康と天下のために奔走し始めるまで。秀長が庶民一人一人が幸せな暮らしを過ごせるように考える心に打たれ、高虎は家来になり邁進する。その主従愛がとても伝わってくる。しかし、秀長は早くに亡くなってしまい、その継子も暗殺されてお家断絶。高虎は暗殺した黒幕を感づき、腸の中は煮え繰り返っていても、こらえる。それも秀長が目指した国を作るため。その志を一緒にできる家康と急速に近づいていく。

  • 戦国時代の武将、藤堂高虎。
    個人的には加藤清正が好きなのだけども、まぁとにもかくにも
    藤堂高虎のことなんとなーくしか知らないし
    まぁ読んでみようかな、と。
    最初の方の小牧長久手の戦いらへんとか
    というか、前半がとにかくダラダラしてて
    これ進むのか?と思いきや半ばに差し掛かったくらいから読むスピードが急激に上がった。
    藤堂高虎、とにかくコロコロ仕える武将を変えまくるので
    あまり好きではなかったけど、あぁこうゆうことねー!みたいな。
    羽柴長秀との主従関係がなんともグッとくる。
    まぁ家康はやたらいい人だし、三成はやたら悪いやつでっていう流れ。
    上巻の最後の方はほぼ徳川家康の関ヶ原の戦い前。
    まぁそこはさて置き。
    急激に面白くなったので下巻が楽しみ。

  • 藤堂高虎が主人公という、なんとも意外な小説。

    始まりは小牧長久手の戦いから。
    こんな武辺者のイメージはなかったので、
    とても意外なキャラクターとして描かれていた。

  • 「冬を待つ城」が面白かったので、同じ作者つながりで読んでみたら、思いの外面白かった。奇をてらったところはないが、読んでいて清々しく、気持ちの晴れる本だ。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう)
1955年、福岡県八女市(旧・黒木町)生まれの小説家。国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。本名は良法。
図書館司書を経て1990年『血の日本史』でデビュー。2004年『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞、2013年『等伯』で第148回直木賞、2016年『等伯』で第5回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞をそれぞれ受賞。

安部龍太郎の作品

下天を謀る(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする