家族の勝手でしょ!―写真274枚で見る食卓の喜劇 (新潮文庫)

著者 : 岩村暢子
  • 新潮社 (2012年9月28日発売)
3.34
  • (4)
  • (9)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :103
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101305622

作品紹介

お菓子だけの朝食、味噌汁回し飲み、具のない素ラーメン・素パスタ・素やきそば。野菜は週に1回、鍋やフライパンの食器化は当たり前、家族が勝手に出入りしてつまんで行く食卓の「餌場」化…。「信じられない!」と叫ぶか、「他人事じゃない」とため息をつくか、「食卓ナマ写真」がリアルに映し出す現代家庭の姿。10年以上の調査から「家族像」の崩壊を伝える前代未聞の衝撃レポート。

家族の勝手でしょ!―写真274枚で見る食卓の喜劇 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネットで見れる食事写真はみんなキレイでフォトジェニックなものばかりだから、こんなにへたくそな料理写真を見るのは久々だった。
    料理内容も衝撃だったけど、もうちょっと上手に撮ろうよ…と思わずにはおれない写真ばかりだった。(あえてそういうの選んできたのだろうか…)

    しかしネットを徘徊していると“丁寧な暮らし”とか“彩り豊かな食事”ばかりが配信されているので、この本に書かれているような食卓なんて本当に実在しているの?ネットで流れている切り取られた豊かな食卓と同じくらい非実在の存在じゃないの?と思えてならないです。

    バラバラに食べ始めるとかは確かにあったけど、ここまで子供の食事に無関心なのにも衝撃。この人たちは本当に子供が欲しかったのだろうか?そんな嫌なら産まなきゃいいのにと思わずにはいられない。
    そしてお店で走り待っていても注意しない母親とおとなしくしていない子供の図式がこの本を読んでようやく分かりました。

  • 貧すれば鈍するなのか、衣食足りて礼節を知るなのか、色々な見方があるのでしょうけれど、色んな意味での貧困はここに見えているし、男性にとって結婚はリスクになってきたという意味がわかる。

    200X年の家族の食卓ですから、その10年後として今を考えるとより悪化しているでしょうし、家族の食卓としてこれでなんらかの学習がなければ子供世代の家庭はよりひどいことになっている可能性が高いということと、年配の人も子供がおらず自分だけだからといって同じような食生活になっていることが考えられる。

  • ひどい食事がすごい。

  • 資料ID:C0033975
    配架場所:本館2F文庫書架

  • 家族の食卓を考えさせられる一冊です。
    文章は、著者の主観と思われますが、
    掲載されている写真の数々は、次世代に繋いでいく食の
    環境がこんなものでよいのか、と考えさせられます。

  • 一週間の食卓を通じて、現代家庭での食卓の実情を映している本作。

    凄まじいと一瞬思うが、自分だって近い環境で育ってきたような。共働きだから条件は違うだろうけど。

    この食事で子育てしている方々の幼少期の食事内容が気になります。


    食卓を家族みんなで囲めるなんて、今の世の中じゃとても難しいと思うよ。

  • 題名の通り。食事ってまさに十人十色。

  • 一般家庭の食卓の変貌ぶりを、使い捨てフィルムカメラで撮影した写真とモニター主婦からの聞き取りからまとめた本。ご飯をつくるかつくらないか、どのようなものを食卓に出すか、ということに主婦の都合と家族個々の個人主義が色濃く出ているように思われる。夫も文句を言わないみたいだし。

  • 冗談でしょ!と、いいたくなる。
    変な食卓! チゲ鍋にクリームパンみたいな!!

    でも、そういう あなたも、1か月間 毎日食事の写真をとって あらためて見てごらん 変なところがたくさんあるよ。と、言われた気がする!!(^~^)

    しかし…すごいよ!

全16件中 1 - 10件を表示

家族の勝手でしょ!―写真274枚で見る食卓の喜劇 (新潮文庫)のその他の作品

岩村暢子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

家族の勝手でしょ!―写真274枚で見る食卓の喜劇 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする