東京島 (新潮文庫)

著者 : 桐野夏生
  • 新潮社 (2010年4月24日発売)
2.88
  • (101)
  • (474)
  • (987)
  • (550)
  • (197)
  • 5522人登録
  • 857レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101306360

作品紹介

清子は、暴風雨により、孤島に流れついた。夫との酔狂な世界一周クルーズの最中のこと。その後、日本の若者、謎めいた中国人が漂着する。三十一人、その全てが男だ。救出の見込みは依然なく、夫・隆も喪った。だが、たったひとりの女には違いない。求められ争われ、清子は女王の悦びに震える-。東京島と名づけられた小宇宙に産み落とされた、新たな創世紀。谷崎潤一郎賞受賞作。

東京島 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 設定が面白そう!と思い読み進めましたが、あまりにも不快で途中でやめちゃいました…

  • 先に映画で見てしまったので敬遠していた一作。映画の編集ではなく、桐野夏生の語り口を感じたく、結局手を出してしまった。案の定シーンを頭の中で浮かべながらストーリーを追うような読み方に、と思ったら、それでも良いと感じる程の面白さ。そもそも、無人島の設定はズルい。極限状態に置かれた人間の本質を描きやすく、文明の制約を受けず書き手の手心次第で違和感を取っ払い、書き手は神になる。登場させたいアイテムは漂着させれば良いし、殺人などの事件に対しても、文明社会のルールや後処理を気にしなくて良いのだ。面白くないわけがない。ちなみに、本作がヒントにした実際に起こった出来事とは時代背景を違えている。

  • 登場人物多くて、でも設定はしっかりしてる。
    無人島に残されたらこんな感じなのかなって話。

  • 漂流モノは好きなジャンルです。

    【主人公について】主人公の清子には嫌悪感しかありません。自分が唯一の島の女という優越感から島に君臨しているというか・・・最後の最後まで嫌な女でした。

    【ストーリー】無人島に最初、清子夫婦が漂着します。次に日本のフリーター達、そして中国人達。村に漂着した人達が其々コミュニティを作り生活し何時か誰かが助けてくれるのではと只々待ち続ける・・・何人かが狂ったり問題を起こしたりという話

    【見所】村八分のワタナベの思考と行動、中国人のバイタリティ、清子の変わり身


    私がこの島に流れ着いたら中国人のグループと行動を共にしたい。


    木村タエや窪塚洋介が出演している映画があります。昔見た映画のイメージが最後まで抜けませんでした。

  • 好きになれなかった。生々しい性欲とか、男たちの醜い争いとか、女の強かさとか、、そういう部分がとても如実に描かれていて、うまいなぁと思うところはあったけど、私は好きじゃない。

  • ラストが微妙

  • 面白い。

    設定もさることながら、ひとりひとりの人物がもつ、人間の深み、浅はかさ、情動の移ろいが、激しく描かれている。
    文明・文化の根付いていない無人島という地で、それに縋るか、それを捨てるか。黒い線を引き、絡ませた落書きが鼓動するように生きる、登場人物の姿は、心のどこかに、ずしりとした重みを感じさせた。

  • 映画化すると聞いたときはやるじゃん!って思ったんですが、清子役が木村多江さんって聞いてマジかよ!?ってなりました。40代も後半になったデブの中年オバサン役が木村多江さんなんて……結局映画は見てないけど、この作品の魅力は清子が女という性別を持っているだけの生き物にあると思うので、綺麗な女優さんが演じるのになんか違和感ありました。
    無人島に31人の男と1人の女。男が団結するか分裂するかによって女の立場は変わってきそうですが、どちらにしろ事実だけを文にするとエロっぽい展開になりそうな感じです。安っぽいB級な雰囲気。
    それが全く性的なものを感じさせない作品でした。
    それは一重に清子のせいです。性別こそ女ですが清子は女である前に清子なんです。隆の日記で最後の一人になるのは清子かワタナベかとありましたが、あたしは間違いなく清子だと思いました。
    清子は生への執着が強いです。女独特の狡猾さをもって今自分にとって何がベストかということにのみ嗅覚を集中させてる。失うことより得ることに全力を注ぐ者はポジティブといえなくもないんだと思いました。
    島でただ一人の女だと散々女を主張しておきながら、我が子に対する母性が感じられないのです。有人島の章を読んで、改めて清子はすごい生き物だと思いました。

  • うーん。残念。がっかり。
    というのが正直な感想。

    どの辺りが評価されたのだろうか
    平凡な女性・清子の内的な“覚醒(変化)”の描写を解説者は称賛してるがどうもピンとこないし的外れに聞こえてしまう。

    結末もなんとも言えないオチで期待外れ。。

  • 47歳になる清子は、夫の隆とともに暴風雨に巻き込まれて孤島に流れ着きます。そこへ、日本の若者たちや、置き去りにされた中国人が流れ着き、共同生活が始まります。31人の男たちに囲まれて、たった一人の女性である清子は、自分を求める男たちの視線に喜びを覚えます。

    しかし、彼女のそんな思いは、自分の夫を2年に一度くじ引きで決めるという制度が作られ、彼女の誇りは傷つけられます。ドラム缶を使って筏を作成した中国人グループは、清子だけを連れ出して島から脱出を図ります。日本人の男たちを捨てて中国人とともに島を脱出しようとした清子ですが、ヤンというリーダーの男に犯され、しかもふたたび悪天候のために島に流れ着きます。

    そんな彼女を迎え入れたのは、彼女の3番目の夫となった「ユタカ」と呼ばれていた男が「森軍司」という本名を思い出し、男たちのリーダーになっていたという事実でした。彼の登場によって、島の女神として君臨していた清子の地位は脅かされます。しかし清子は、中国人によって孕まされたことを逆手にとって、お腹にいるのは「ユタカ」の子どもだと言い張り、彼と渡り合おうとします。

    さまざまな登場人物の視点から物語が語られていくのですが、島民たちから疎外されたワタナベという男が、隆の日記を盗み出すことで彼の精神を受け継いだような気になっていく描写に、奇妙なリアリティがあります。そのほかにも、突拍子もない舞台設定の中の人びとの心情というかえげつなさが描かれていて、小説家の想像力というのはすごいものだなと感心させられました。

全857件中 1 - 10件を表示

東京島 (新潮文庫)のその他の作品

東京島 単行本 東京島 桐野夏生

桐野夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京島 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする