天の夜曲―流転の海〈第4部〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.81
  • (72)
  • (79)
  • (117)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 606
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (591ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101307534

作品紹介・あらすじ

昭和31年、熊吾は大阪の中華料理店を食中毒事件の濡れ衣で畳むことになり、事業の再起を期して妻房江、息子伸仁を引き連れ富山へ移り住む。が、煮え切らない共同経営者の態度に、妻子を残して再び大阪へ戻った。踊り子西条あけみと再会した夜、彼に生気が蘇る。そして新しい仕事も順調にみえたが…。苦闘する一家のドラマを高度経済成長期に入った日本を背景に描く、ライフワーク第四部。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  提婆達多の逸話が秀逸。

  • 房江の雰囲気が暗くて好きになれない。
    人から借りてるお金を第三者に貸してしまう心理もわからない。

  • 人間はかくあるべしとやたら説教がましく道徳的。右翼の教科書にはもってこい。日教組だ共産党だとかは子供をダメにするとか・・・・熊吾の博識ぶりには恐れ入る。
    沖縄の密貿易の女王「ナツコ」とはウマが合うだろか?
    同じ時代を生きた男と女同士で。

  • はたして人の運命というのは生まれ持った天命なのか、はたまた人が手繰り寄せる人命なのか。破天荒ながら義理人情に厚い松坂熊吾を中心に、様々な人間臭いドラマが次々に巻き起こる。重厚な人間ドラマを描いた超大作。いや、何が大作って、1990年に第一部が出版されて以来、いまだに完結されてないっていうね。ちゃんと完結される日が来るのだろうか。

    とりあえず4卷まで読み終えて印象に残ったフレーズ。はちゃめちゃな熊吾さんだが、こう生きて行く上でとても重要な「核」になるような発言が散りばめられてて、ハッとすることが多いのがまたこのシリーズの魅力。
    ・子供ってのは、血がつながったかけがえのない存在だが、それでもやはり理解が及ばない他人でもある。だからこそ、心を砕きに砕いて分かろうとする。この他人だけども真剣に分かろうとする相手が子供。子供がが居ないとこの経験が出来ない。その結果、やはり他人に対してどうこか機微を知らん奴が多いように思う。
    ・自尊心より大切なことがあることを知らにゃいかん
    ・この子が将来どんな素敵な子に育ち親を喜ばせるかわからん、草の根を食ってでも育てにゃいけん。

  • 昭和31年中華店食中毒大阪から富山へ。共同経営者煮え切らなく単身大阪へ。踊り子西条あけみと関係。中古車販売順調に見えたが部下が資金持ち逃げ。息子伸人仁を富山に残し大阪へ。高度成長期

  • 暴力をふるわない熊吾のこの時代、好きです。

  • 3人家族がなかがよいことがこの物語のすべての救いですなぁ。。

  • 熊吾大阪に戻る。
    房江とノブちゃんは富山に残る。
    私的にあけみさんはけばいお姉さまだと思ってたけど意外とヤンキーっぽいところがあった。後2作で完結。

  • 自尊心より大切なものを持って生きる。

  • 2014.08.04

全51件中 1 - 10件を表示

天の夜曲―流転の海〈第4部〉 (新潮文庫)のその他の作品

宮本輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

天の夜曲―流転の海〈第4部〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする