舌の記憶 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.30
  • (3)
  • (7)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101311326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このひとの小説は好みじゃなかったけど、これは何度読んでも良い本だなぁと思います。

  • 友達から借りた

    美味しそうでした、いろいろと。
    料理ひとつひとつの思い出が筒井さんの過去とリンクしていて、ちょっと切ない気持ちになったり。

    しかしなんと言うか、エッセイの端々に表れる「私ってこんなに繊細なんです」とか「私ってこんなに不思議な人なんです」みたいな自分アピールはなんなんだろう。
    鼻について仕方がない。

  • 何故か料理家の料理エッセイだと思い込んで手にした一冊。
    (きっと枝元なほみさんあたりと盛大に間違えたか笑)
    食べること、家族のこと、子供の頃の記憶。
    でもやっぱりその在りようとか、感じ方とか普通とは違うなぁ~。

  • 季節折々の味覚が懐かしく思い出される、少女の思い出。

    およそ一般家庭とは言えないけれど、食の記憶は少女時代の思い出として確かに息づいている。幸せか、と判断できるものではないけれど、彼女を作り上げたのは、懐かしく思い出される、少女時代の食のすべて。

    「寄せ鍋嫌い」にはっとした。ごたごたと具がたくさん入っている鍋、誰もが好きだと思っていた、でも、痛みを感じる人もいる。

  • 体の弱かった少女時代を食べ物関連から振り返っている。

  • 自叙伝的要素が強く、期待していたのような
    「美味しい本」ではなかったのが残念。
    ただ、著者のお母さんの「食べごしらえ」の
    丁寧さには脱帽です。シンプルだけど手間暇かけて
    支度されるお料理は、身体にもココロにもよいのでしょう。

  • 何かいい。

    年代は違うけど、懐かしい感じ。

    筒井さんの舌の記憶を辿ると、
    お腹が空くというよりは、
    穏やかな温かい気持ちを呼び覚ますって感覚。

  • エッセイのような小説のような。家族の姿は食卓にあらわれるのかも。

  • この人ってほんとにこんな繊細なの???と思ってしまいつつも、朝ご飯の章はよかったです。

  • 080529(a 080623)

全14件中 1 - 10件を表示

舌の記憶 (新潮文庫)のその他の作品

舌の記憶 (SWITCH LIBRARY) 単行本 舌の記憶 (SWITCH LIBRARY) 筒井ともみ

筒井ともみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする