でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)

  • 614人登録
  • 3.87評価
    • (62)
    • (103)
    • (64)
    • (9)
    • (4)
  • 100レビュー
著者 : 福田ますみ
  • 新潮社 (2009年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101311814

作品紹介

「早く死ね、自分で死ね。」2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、担当教輸は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。正義の鉄槌が下るはずだったが、待ち受けていたのは予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。第六回新潮ドキュメント賞受賞。

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ただひたすら怖い話だ。ノンフィクションだがホラー・サスペンスのジャンルに分類してもおかしくないかもしれない。
    同じクラス・学校の子供も被害者だが、こういう親に育てられた子供はなんて不幸なことかと思う。
    しかし、こんな1組のモンスターペアレントの前に、担任だけでなく学校も無力とは情けない。学校というのはよほど組織力がないものなのだと改めて認識させられた。担任にすべて責任を被せようとしてるのだから、組織力も何もないというのはわかる。日本ではどの学校もこんなものだとしたら悲しすぎる。

  • 面白くて一気読み。
    公務員という仕事の性質と些細な言葉がおおごとになってしまうので、普段から言葉に気をつけていかないとと思う。改めて日本語は奥ゆかしいけど、伝わりづらい。
    加害者はゆすりなのか正義感なのか。
    正義をふりかざす奴ほどろくなやついないと再確認できる本です

  • マスコミって怖いな、冤罪って簡単に作れるんだな、ということが良くわかる。
    読み進めるのが、もどかしく、斜め読みしないと追いつかなかった。

  • マスコミの暴力、人権派弁護士の底の浅さ、そして司法の優柔不断に胸が痛む。

  • 虚言癖の母親のでっちあげがここまでになるとは。モンスターペアレンツ恐ろし過ぎる。取材者の姿勢もいい加減でマスコミの責任も大きいね。そんな中、きちんと真実を拾い上げた上に、自分自身も報道被害を巻き起こしたかもしれない事に「紙一重」と言う著者の謙虚な姿勢には好感を持った。ジャーナリズムの力を垣間見た。

    2013年に教師に対する懲戒が取り消されていて、遅過ぎるとはいえど、少しの救いを感じた。

  • 一気に読んだ!この著者さん、よく書いてくれた!!と思った(´;ω;`)
    最初は原告側の言葉を信じてたみたいだけど。

    読めば読むほど、校長が担任教師の言葉を信じてればここまで大ごとにはならなかったんじゃ…?と思ってしまう。なんで誰も校長を責めないの??

  • 『モンスターマザー』がおもしろかったので読んだ。 福岡の教師による生徒へのいじめ(として大々的に報道された)事件のノンフィクション。 いやぁ、これも非常におもしろかった。 もやっとするし読んでて不快感がすごいので人にはあまり勧める気にはなれないけど。 マスコミ全てが悪いということはないだろうけど、こんなの読むと信用できない気持ちになるね。 ただネットでマスゴミだなんだと叫んでる層でも、乗せられてネットリンチみたいな状況になったりする例もあるわけだし、受け手も意識しないとね。

  • 薄ら寒い。
    報道にしても噂にしても、簡単に信じちゃいけないないんだと痛感。
    でも、実生活の中ではどうすればいいのだろう?

  • 教師が報道されるたびこの本を思い出す。

  • 教員をしていれば、保護者に振り回されることは何度とたく体験する。しかし、この話はもはやサイコ・ホラーの領域ですね。

全100件中 1 - 10件を表示

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)のその他の作品

福田ますみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)はこんな本です

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする