ウケる技術 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.47
  • (111)
  • (164)
  • (251)
  • (50)
  • (27)
本棚登録 : 1739
レビュー : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101313719

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単純に面白かった。

  • この本はウケる~ここまでウケる技術をパターン分析するとは凄い。
    おたく本の最高峰。
    コミュニケーションはサービスであり愛だという定義がいい!
    コミュニケーションはプロレスのようにやられっぱなしではルール違反だから必ず投げ返せという解説もわかりやすい。
    楽しめるよ~。

  • こんなの実践したら、ただの寒くてイタいやつじゃん、って思うのは自分だけかなぁ?

  • たしかに最近「ウケなければいけない」というプレッシャーを常に与えられているような気がする。飲み会でも、ちょっとした立ち話でも、オチがない話はNGだったり、起承転結がない話は敬遠される気が。もはやお笑いを職業とする人だけの技術だけではないということなのか。こんな本が出版されると更にプレッシャーを感じてしまうのだが。

    でも。この本を読んで万人にうけようとするのは相当難しいと思う。実際書かれていたサンプルを読んでみたが、40代である自分自身がまず笑えなかったし、自分の周りにいる50代以降の世代が笑う場面を全く想像できなかった。この本に書かれている技術を駆使して笑わすことができるのは、おそらく30代まで。40代以降は難しい。理由は、言葉尻で笑わそうとしているところ、またその言葉が若者向けであるからだ。ただ、ウケルために「場を読む力」「妄想力」が必要である点については納得。アウトプットがどうあれ、笑いの基本かも。

    それにしても、最近いろんな人たちが好き勝手に「~力」「~技術」を定義する。そして皆が焦って身につけようと必死になる。この世を生きぬくには、そんなに武器が必要なのか?

    ついでに、ウケル技術は「ツッコム技術」と「ボケル技術」の二つで成り立っているが、それぞれ分けて出版したら使いやすかったかも。

  • 表紙の帯に書いてあった

    お母さん「実は…あなた…私達の子どもじゃないのよ…」

    子ども「よっしゃ!!」

    っていう文章を見て即買い。今まで何となく面白いと思っていた友人がなんで面白いのかがわかる本。でもふだん面白くない奴が急にこの本通りに実践に移すとさらなる深みにハマりそう。ボクのことですね、わかります。

  • 本を読んでいて、ウケるとさむいのは紙一重だなと感じた。
    確かに自分にはなく、おもろい人間は持っている会話スキルを実感できたし、より良い関係性になれるための言葉遣い等、参考にできるところもあったが、イマイチ心にささらない印象だった。
    読み物としてはちょくちょく笑えたし、読みやすかった。

  • 2019年5月②

  • 今では普通になってしまった漫才のボケツッコミを日常の生活でどう展開するか、というもの。空気を読みながらリスクを取る、という、実践するには難しい内容。

  • 会話における「笑い」を技術的に分析した非常に貴重な本。堅苦しくなく、本としての面白さも無視していない辺りが好き。2003年に発行されているのにまだこれだけ新鮮と言う事は、ひと時代超えても変わらない、日本人が面白さを感じるポイントを、きちんと把握できている証拠。良著。

  • これを読めば芸人になれるのでは、と思うほど、網羅的にウケる技術を体系化している。問題はこれを実行にうつせるか。。。

全197件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウケる技術 (新潮文庫)のその他の作品

ウケる技術 単行本(ソフトカバー) ウケる技術 水野敬也

水野敬也の作品

ツイートする