幕末維新秘史 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.33
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101318721

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幕末維新に纏わるエピソードの数々。歴史小説で取り上げられないマイナーなものが多いが、かえって当時の情景がリアルなものに感じられた。

  • 龍馬を斬った自白があるのにミステリーとされている不思議さよ。
    短いながらも幕末裏話が載せてあり且つ今まで知らない事だったので面白かったです。

  • 小説ではなく、聞き書きやら昔の新聞記事から拾ったネタをあつめたエッセイというか短いエピソード集で、目次に斉藤一の名前があったので手に取りました。斉藤さんのは大したエピソードじゃなかったですが、まあ歴史小話として全体的に楽しく読めたかな。

  • 本書は幕末維新時の珍談、奇談、目撃談を発掘する47話のエッセイである。時節柄血なまぐさい凄惨な話も多いが、心ならずも異国に嫁いだ遊女の手紙は涙なくしては読めない。また、良くも悪くも武士の一分を感じさせる話も多く面白い。

  • 幕末維新・有名無名の人々のエピソード。

  • 2009.4.22

  • 明治維新のことをあまりよくわかっていなかった。
    内容的には、「秘史」というだけあって、裏話的な内容で、明治維新や時代の背景を知っていればもっと楽しく読めたのではと思った。
    これをきっかけに少し勉強してみようと思った。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1957年東京生まれ。明治大学文学部卒業。著書に『忠臣蔵101の謎』ほか。

「2016年 『新選組最新夜話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊東成郎の作品

ツイートする