受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.04
  • (95)
  • (118)
  • (79)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 1070
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101329222

作品紹介・あらすじ

「海馬」は記憶を司る部位。だが、脳は蓄えるよりも忘れていくほうが多いのだ。試験前に徹夜で詰め込んだ記憶は、呆気なく消えていく。しかし、興味があるものはすぐに覚えられるし、バイオリズムのタイミングをつかめば、記憶効率は上がる。-海馬、扁桃体、LTP等々、脳の働きを正しく理解して、恐れず受験に挑む!気鋭の脳研究者が考える学習法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここで初めて知ったのが「記憶の三兄弟」。
    「経験記憶」>「知識記憶」>「方法記憶」
    これは左が一番上のピラミッド構造になっていて、進化の過程で高等動物ほど左が発達しています。
    「経験記憶」はヒトにしかないという研究者もいるほど。

    生まれてから3、4歳くらいの記憶がないのは「経験記憶」が発達していませんから自分にまつわるエピソードが記憶にのこらないのです。
    けれど「方法記憶」はすぐに発達してくるので、ハイハイよちよち歩きなどの「体で覚える方法」は身につくのです。

    どちらかというと中学生ぐらいまでは「知識記憶」がよく発達している年頃で、高校受験の勉強にはいったころからは、少しずつ「経験記憶」が優勢になってきますので、これまでのような無謀な丸暗記作戦では早晩通用しなくなります。

    しかし、自分の脳におこるこうした重大な変化に気づかずに、いつまでも昔の栄光にすがって同じ勉強法を続けていると、自分の能力に限界を感じるようになるのです。

    中学・高校生になると、丸暗記よりも理論だった「経験記憶」がよく発達してきます。
    それはものごとを理解してその理屈を覚えるという能力です。

    論理や理屈でものを考えると、同じ論理が使えるすべてのものごとに活用できます。
    だから中学生以降は、一刻も早く「知識記憶(丸暗記)」に頼った勉強法は捨てるべきなのです。

    また、「方法記憶」は天才的な能力をつくりあげる「魔法の記憶」です。
    公式そのもの(知識記憶)よりも公式の導き方(方法記憶)を覚えたほうが、その公式を応用する能力が身につきます。

    学校で習う「知識記憶」は、社会に出てから役に立たないものが多いかもしれません。しかしそのときに学んだ「方法記憶」は、今後の人生のさまざまな局面で大きな助けになることでしょう。社会、家庭、娯楽、仕事、人間関係。多様な側面をもった人生を豊かにする湧泉こそ「方法記憶」です。

    私はいまさら受験なんてありませんが、この考え方はいろいろ応用できるのではないかと思いました。

  •  覚えることよりも忘れないことが大切である。どうやって覚えるかよりも、どうやって忘れないようにするかを、具体的に教えてくれる。素晴らしい。是非とも読むべきである。

     覚えた後の忘却曲線に、個人差は無いらしい。そもそも、神経細胞の電位活動に個人差があるわけがないし、ヒトもネズミも基本的には同じである(P.245)。それでも記憶に個人差が生じているのは、忘れてゆく過程で手入れをして、立ち上げているからである(P.47)。何より復習が大切であることは、識者賢者の説くところである。

     具体的には、翌日、その1週間後、その2週間後、その1カ月後と、2ヶ月間かけて4回復習すれば、海馬に貯えられている短気記憶が長期記憶化される(P.68-69)。1カ月以上空けてしまうと、短期記憶から消去されてしまい、次に覚える時には初物扱いされてしまう(P.67-68)。

     覚え方については、目、耳、手をフル活用する。好奇心を持って覚えるとシータ波が出て、覚えやすくなる(P.86)。だから、歩くだけでもシータ波がでる(P.106)。また、本能と密接な関係をもつ感情(扁桃体)を伴うのも効率的である(P.93)。海馬は、その記憶が使われる頻度をもって重要度の基準としているため、教科書を読むのではなく、問題集を解かないと覚えられない(P.78)。出力しながら入力するのである(P.77)。知識は、使ってこそ意味がある。つまり、使われる過程で意味を持つようになる。

     念じたからと言ってシータ波が出てくるわけではないし、感情体験と言っても意識的にできるわけでもない。しかし、忘却曲線に個人差が無い。つまり忘れ方には個人差が無いから、繰り返し覚え直すしか途は無いことを、科学的に説明してくれた。その繰り返し方も、精神論ではなく具体的に示してくれた。

  • 受験には関係ないけど、池谷裕二の本なので読んでみた。彼の本って、背中を押してくれるというかすごくポジティブな気持ちになれる。自分ができない(できなかった)ことの根拠を科学的に説明してくれるので、励まされて、「次はこうしてみようね」とやさしく諭されている気分になるのだ。
    切り口は受験だが、社会人にも簡単に応用が利くことばかり。子供は小学校受験なので、まだ読ませるには早いが、将来ちょっとしたアドバイスができそうで楽しみである。

  • は~なるほどね~、と頷くことしきり。
    子供にも読ませよう。

    自分は小学生の頃は朝起きて夜寝るまで見る物全て1から10まで全部記憶していたような感覚があった。
    中学3年間も一度見たり解いたりした問題はテストで出来ないということは無かった。
    高校生になった途端に勉強が出来なくなったのは、実力以上にレベルの高い学校に入ってしまったから&謎の鼻炎(当時はまだ花粉症という名前は無かった)に苦しんだから、だと思っていたが、第6章にあるように「年齢によって勉強方法を変える」ことが出来なかったからなのだと、今更ながらようやく理解できた。
    自分の子供に同じ過ちを繰り返させるわけにはいかない。
    子供にも読ませよう。

  • 一気に読み終えた。睡眠の効果には、体験からなるほどと感じるところがある。記憶の定着についてもいい方法がないかと思っていたが、いいヒントが書いてあった。著者の本は2冊目だが、難しいことも分かりやすく書いてあり、脳は奥が深く、面白かった。また自分で限界を作ってはいけないと感じた。

  • 受験生が忘れがちな睡眠をとることの大切さを再確認。睡眠によって暗記した内容が整理されていくことを理解すれば、どのようなスケジュールを組めば効率的かわかる。夏休みを目前にいい勉強になった。

  • 海馬の博士 池谷裕二氏。

    この本は、もともと『高校生の勉強法』を文庫化し、最新の脳科学を徹底的に見直し加筆したものだそうです。

    そして、高校生だけでなく社会人の資格試験に大いに役立ちそうです。

    資格試験を受ける予定がなくとも、脳がどのように記憶していくのかを知ることができたら面白いのではないでしょうか。

    記憶の三兄弟 長男の「方法記憶」次男の「知識記憶」三男の「経験記憶」この3記憶をうまく理解し、使い分ければ天才になるのも夢でないかも…。

    どうりで大人になると、丸暗記ができなくなってしまうワケが解りました!!

  • 脳科学の内容も難しくなくイラストが添えられていたりして 読みやすかった

    勉強の仕方が全く分からない!と悩んでいた時に読んだが、「一日の効果的な使い方案」 の勉強スケジュールの図は個人的にとても役立った

  • 海馬の内容がよったので、同じ著者ということで、拝読。
    脳科学という観点から最適な勉強を紐解いているので説得力がある。
    受験前の人にはおすすめしたい。

    ◆まとめ
    記憶とは・・・新しい神経回路の形成

    記憶の種類・・・短期記憶
              長期記憶(知識記憶、経験記憶、方法記憶)

    長期記憶の保存先・・・大脳皮質

    保存可否の判定役・・・海馬

    保存条件・・・・生きていくために必要なもの
            →つまり脳に必要な情報だと認識させることが重要

    記憶の素・・・LTP(長期増強)
            →海馬の神経細胞を繰り返しの刺激を与えることで生じる


    そのためには
    ・反復、復習をする(一番重要)
     →理想:1ヶ月に3回見直し(翌日、2週間後、1ヵ月後)

    ・シータ波をだす
     →シータ波は好奇心や興味がある場合に出やすい

    ・インプットしたものをアウトプットする
     →記憶効率が上がる
      →復習後、見直しだけでなく問題集をとくと◎

    ・最適な時間帯・・・寝る前、食事前(空腹時)

    ・難しい事柄は細かく分割して覚える
    ・目標は少し頑張れば達成できる内容で設定する
     →参考書でいえば7割は解けそうなものから

    ・まずは徹底して得意科目を伸ばす
     →ひとつができると他のものもできやすくなる実験結果がある

  • 2012/01/23

    ・学習:復習=1:4
    ・復習プラン
     翌日、その一週間後、その二週間後、その一ヵ月後
    ・学習は参考書より問題集の方がよい
    ・記憶力が増す方法
     空腹時、歩きながら、寒い時、情動喚起
    ・スモールステップ法

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年、静岡県藤枝市生まれ。薬学博士。現在、東京大学薬学部教授。脳研究者。海馬の研究を通じ、脳の健康や老化について探求をつづける。日本薬理学会学術奨励賞、日本神経科学学会奨励賞、日本薬学会奨励賞、文部科学大臣表彰(若手科学者賞)、日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞、塚原仲晃記念賞などを受賞。主な著書に『記憶力を強くする』『進化しすぎた脳』『単純な脳、複雑な「私」』(ともに講談社ブルーバックス)、『海馬』『脳はこんなに悩ましい』(ともに共著、新潮文庫)、『脳には妙なクセがある』(扶桑社)などがある。

「2016年 『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 ネット対応版 ネイティブも認めた画期的発音術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池谷裕二の作品

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする