夜明け前に会いたい (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.16
  • (11)
  • (40)
  • (170)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 503
感想 : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101334226

作品紹介・あらすじ

雪が舞い始め、やがて音もなく街を埋めつくす、美しくもどこか秘密を孕んだ冬。その恋は不意に訪れた。永江希和子・24歳。金沢で生れ育ち、母と二人暮し。職場の新年会の着物を新調するために訪れた呉服屋で、希和子の心をとらえた絵柄、そして-新進友禅作家・瀬尾との恋、新しい仕事。歓びと哀しみをひたむきに染め上げる人々。しかし、希節は移り雪とともに秘密も溶け出して…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 友禅染めの着物
    街の描写
    独特の方言

    綺麗だった。
    唯川恵に特徴的なOLの話もやっぱり出てきたし。
    不倫・私生児・自殺未遂 など
    ドロドロした設定が出てきたけどドロドロしてなかった。

    全てが河の流れのよう…和風は美しい

  • 作者の故郷、金沢を舞台に鮮やかに広がる物語。

    しっとりとしていて、とても繊細で、ぬるま湯みたいに気持ちよかった。

    読後感も暖かい。

    登場人物のすべてが一生懸命で。

    自分の気持ちにまっすぐ生きて。

    女は惚れた男に幸せにしてもらうんじゃない、幸せにしてあげるんだって。
    そうしたら自然と自分と幸せになるんだって。

    言い切る希和子の母を、かっこよくて眩しいと思った。

  • 金沢で生まれ育った希和子の仕事と恋。母子家庭で育ったが、実の父は友禅作家の有名人だった...
    小説最後の『おまえら尾瀬さんに幸せにしてもらおうなんて心根でいるんじゃないだろうね』『いいかい、逆だよ、希和子が尾瀬さんを幸せにしてあげるんだ。自分の惚れた男が幸せになれば、自然と自分も幸せになる。すべては自分に返って来るんだ』というのが印象的。自分に娘がいたらこんな事を言える人間でありたいと思った。

  • 静かなロマンチックという感じでした。
    オトナな小説にありがちな「男と女」というより、心から動かされるような恋愛で、短い割には心に染みました。

  • 金沢に行きたくなりました

  • 女性視点で書かれた恋愛小説はほとんど初めて読んだと思うが、俺には合わないと思った。色彩や風景による心情描写に凝っている感じだけれども、主人公にいまいち感情移入できないので、そういった描写にもあまり感銘は受けない。結局、ありがちな予定調和のラブストーリーという感想に至ってしまう。

  • 作者の地元金沢が舞台の小説。
    色彩描写が豊かで、冬の真っ白な金沢と友禅の艶やかな色が浮かびます。
    お母さんの愛し方とっても素敵です。

  • 金沢の色彩描写が美しい。
    唯川恵作品で一番好きかも。

  • 物足りない感じもあったけど。
    希和子の母が素敵。
    あたしもあんな風に生きたい。

  • 何度でも読みたくなる。
    金沢の景色、街並みを想像しながら物語に入り込める。

全49件中 1 - 10件を表示

唯川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

夜明け前に会いたい (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×