はい、泳げません (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.47
  • (15)
  • (24)
  • (43)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 270
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101335513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで読んでいた本とは違うエッセイ?
    初めて読んだのかなこういうの

    泳げない作者がスイミングスクールに通うお話。
    スイミングスクールってね、泳げるようになる人がいくもんだと
    多少泳げる人がもっと泳げるようになりたいと思っていくもんだと
    もっと上を目指すスイマーが行くもんだとおもってたんだけど
    この作者、全然違う!
    泳げない、泳ぐの嫌い、水怖い
    よって、良くサボる。泳げない事の理由を陸地で良く考える
    エッセイ書くにしても、もっと違うの攻めればいいのに!
    と思いつつ、「あ、こいつより私泳げるな」と
    ちょっと泳ぎたくもなりました
    こういう本もいいな~うんうん。

  • 今の私にはぴったりの本です。

    私も物心ついた時から「泳げる人」だったから、色々と勉強になりました。

    とにかくビキニでなく競泳水着で泳ぎたいです。

  • 「泳げない」筆者がスイミングスクールに通う体験ルポ。テンポが良いのでさらっと読めるし、独特の言い回しが面白かった。

  • 40年間、かなづちだった筆者がスイミングスクールに通いながら、涙ぐましくそのグチを叫びつつ、スイミングの習得の機微について切々と語るドキュメント。筆者は元テレビ局スタッフ、今はノンフィクションライター。

    タクマシイ、の一言に尽きる。

  • 私も水きらいなひとなので気持ちはよくわかるけど、いろいろ考えすぎです、ヒデミネさん(笑)。泳ぐときに目はどこを見てるべきかなんて、よく気にするなあ。

  • 習えばきれいに泳げるもんかぁーうらやましいー
    桂コーチのアドバイスは試してみたくなるなぁ〜

  • わかるわかるこの気持ち。泳げないってこういうことなんだよな。作者が泳げるようになってきてからの桂コーチのことばがよくわからなくなってきてしまったけれど。

  • 文庫になったら是非読んでみようと思っていた一冊
    高橋秀実のなんともいいわけじみたかきっぷりににんまり
    泳げない人の気持ちをとーってもよくわかっている! とついついうなづきながらよんぢゃう一冊だった。
    でも2年かけて美しく泳げるようになった筆者。 とってもうらやましくなっちゃった。
    (2007年12月)

  • 泳げない理由をじっくり考え、思ったことが素直に書かれていて面白い。あと、自分もよく使っている言葉「わかりました」は「もう勘弁してください」っていう意味で言っていることに初めて気づきました。

  • 同じく大人になってから泳げるようになった人間としては、息継ぎが出来るまでの経緯をもっと書いてもらえると、笑えたと思う。今思い出すと、何であんなに怖かったか判らないし、水に入ると体が硬直してたのも可笑しいと思うのだが。

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はい、泳げません (新潮文庫)のその他の作品

はい、泳げません Kindle版 はい、泳げません 高橋秀実
はい、泳げません 単行本 はい、泳げません 高橋秀実

高橋秀実の作品

ツイートする