トラウマの国ニッポン (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.31
  • (2)
  • (15)
  • (27)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101335537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「普通」を将来の夢にする子どもたち、空回りするゆとり教育、話し方学校で話術を身につけようとする人たち、うまく流通しない地域通貨、妻から夫への暴力の深層、日本共産党の党員の人たち、自分史を書く人たちなどをテーマにしたルポ。いずれも何となく世の中の共通認識としてとらえられているイメージがあるが、渦中の人たちからはそのイメージとはちょっと違う声が聞こえてきたり、あるいはもっと突き詰めた言葉が出てきたりする。いずれも渦中の人たちからはどこか浮世離れした達観がうかがえる。
    とすると、世の中のイメージの何とも表面的なことよ。真実ではなくイメージが常識になって、常識で世の中が動いていってしまうのだと考えると、おそろしや。

  • トラウマへの道
    愛の技法ーセックスを読む女

  • 所々面白い。

  • 読み物としては面白いけどこの人にしては普通な印象。取材対象がつっこんで当然みたいなものが多いせいかも。

  • 「トラウマセラピー」「田舎暮らし」「資格取得」」「ゆとり教育」「ユーモア学校」等々を題材にした一種のルポルタージュ。肩肘はらず脱力的な視点と語り口が妙に面白い。結構笑える。

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋秀実の作品

ツイートする