からくり民主主義 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.82
  • (14)
  • (33)
  • (13)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 272
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101335544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 養老孟司氏がしばしば引用していたのをきっかけに、本書を読んだ。
    結論から言うと、面白かった。
    何が面白かったかと言うと、私自身が、社会に植え付けられた「みんな」をベースにして物を考えていたことに気付かされた点だ。
    唯一の真実というものは、存在しない。事実は人の数だけ存在する。あるのは物事とその人の関係性だけで、その根本は利害関係である。
    マスコミは自身に得になるような側面を切り取って報道する。またそのマスコミを利用する人は、自身の得になるような側面を、マスコミに報道させる。
    そうやって作られた、大きな歯車のような「世論」に、自身の小さな歯車を噛み合せることで、利害関係がからみあった「からくり民主」が出来上がる。
    しかし、誰かが悪いわけではない。だって「みんな」がそう言ってるから。本音は生々しいから赤裸々には言わないけれど、「みんな」がそう思っていて、そのおかげで自分の生活が成り立っているから、何にも問題ない。
    例えば沖縄の米軍基地。これだけの年月、米軍基地と共存してきたんだから、今さら基地がなくなったら逆に困る。本土でそれを問題にしているからその本音は言えないし、反対運動があるから儲かっている。反対運動をする人も、「みんな」のために戦っている。
    また、原発の話。原発を受け入れた地域には、それぞれ事情がある。しかし、原発を受け入れたために街は潤っている。「みんな」のために原発に反対する人はいるけれど、その人のおかげで儲かっている。
    頭の良い人は「そんなの本当の民主主義ではない」と言うかもしれないが、庶民は大きな歯車を利用しながら、生きている。

  • 奥田英朗が「野球の国」で進めていたので、読んでみた。確かに、奥田英朗のエッセーににたテイスト。

    1990年代後半から、2000年代初期のルポルタージュ。統一教会を扱った「自分で考える人々」、合掌造りの白川郷の現地住民の心情を伝える「忘れがたきふるさと」、諫早湾埋め立て工事を巡る地元の対立を扱った「みんなのエコロジー」、オウム真理教のサティアンの上一色村を取材した「ガリバーの王国」、沖縄の基地問題を扱った「反対の賛成なのだ」、大飯の原発反対運動を取材した「危険な日常」等、どれもマスコミが流すするステレオタイプな安易な報道と実態とのギャップを鋭く描いている。

    マスコミの偏向報道を鵜呑みにしないことの大事さを改めて認識した。

  • 統一教会、諫早湾干拓問題、米軍基地反対運動、原発反対運動・・・
    単純にマルバツで語れないような問題について、現場の実態をあぶり出すという企画は面白いと思う。
    ただ、本書は、現場を取材して集めた「生の声」に対して高所から皮肉を込めて語るワイドショー的批判本になってしまった。
    この本に登場する人たちからは、「よそ者がわかったような口を聞くな」と言われんじゃないかな。

  • ノンフィクションなんだけれど、各章に結論というものがない。それが悪く言えば、著者の意見や考え方が無いように映るのだけれど、よく言えば、白黒決めずにそのままのかたちで問題をあぶり出していて真実性があるということになる、というところに、もやもやがあるんですね、読んでいて。そういう気持ちわるさを序盤から感じながら、距離を置いた視点だなあ、だとか、考えちゃうんです。だけれど、安易に結論や意見をおしつけるような手法というのは、実はほんとうじゃなくて、著者のように、深くなるまで深めていく、それも自然にあるがままを見て、というやり方を経てこそ、言えることってでてくるのでしょう。村上春樹さんが解説でそのようなことを書かれていて、「ああ!」と思いました。物書きとはかくありたいですね。また、もう10年以上前の本だから、トピックが古いのです。しかし、いまに繋がる「しがらんだ世界」がそこにはあるのでした。そして、春樹さんがいうように、それが「ぼくらが生きている困った世界」なのでした。

  • 筆者が、某宗教団体や沖縄、原発、樹海などを取材して、多数の当事者の声を描く。そうすると、あれ?私たちの思っているイメージとは少し違うのではないか?という部分が顕在化してきて、結局「実際どうなんだろう」という曖昧な状態で終わる。世の中は思った以上に曖昧にできているんだな。201407

  • 「弱くても勝てます」からのはしご。
    高橋秀実という人の取材と文章が好きだ。

    まず序章で掴まれた。

    読み進むうちに、この本って何についての本だっけ、と感じることもあったが
    終章と村上春樹さんの解説によって納得した。

    諸問題の情景を描き、結論を出さない本。

  • 時事ネタエッセイ集。
    文章に嫌味がないのは取材現場に丁寧に足を運ぶ著者の姿が思い浮かぶからだろうか。
    「世の中は複雑である」という単純な結論に陥らないように気をつけたい。

  • クレーム文法の原型を供給するのは報道番組である。登場するキャスターたちは「世間の代表」を演ずる。弱者、思いやり、純粋な「国民の声」に耳を傾けるべきだと、一貫して権力を批判するスタイルだ。そもそも報道番組とは権力に対留守クレーム番組なのである。そのスタイルが世間を「ねつ造」する。例えば、国の政策についての意見を街角に聴くという演出でも、「反対」「賛成」はあっても「どっちでもいい」「どうでもいい」という声は無視される。この声に耳を傾けると、スタイルが維持できなくなり「権力」まで消えてしまうからである。
    かくして私たちは、ありもしない「世間」をめぐる輪の中を走り続ける(序章「国民の声」)

    2002年初版の本なので、少し旧いルポルタージュだが、確かにこの国の論点であるはずのの宗教、エコ、沖縄米軍基地、原発、自殺といった問題について、よくよく当事者の話を聞いてみれば、マスコミで流される対立構造のような単純な話でない構図が見えてくる。
    かくして対立の構図は消費され、忘れ去られ、姿を少しだけ変えて再生産される。
    やれやれ。。。。

    明日は総選挙だ。

  •  単行本で出版されたのは10年ほど前、ちょっと古い本ですが、タイトルが気になったので手にとってみました。著者の高橋秀実さんはテレビ番組制作会社の勤務を経てフリーになったノンフィクション作家です。
     本書は、賛成・反対双方の声が渦巻くいくつかの社会問題の現場を訪れ、自らの眼と耳で取材した実相レポートです。
     そこには、テレビ等のマスコミで伝えられている実態とはまったく別の現実がありました。しかし、現場のナマの声は「さもありなん」という感じのものが多いですね。

  • 沖縄の錯綜した基地問題に対してとまどっている姿、小さな親切運動に対する斜め上からの視点。どちらのスタンスも世の中に生きにくくする秘訣に違いないけど、よく分かる。
    でも「席を譲るために自分が座るべきかどうか?」は永遠の命題だな。若い奴が空けておいた席に座ってしまい、席譲らないと「自分が座っておきゃよかった」とよく思う。

全33件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

からくり民主主義 (新潮文庫)のその他の作品

からくり民主主義 単行本 からくり民主主義 高橋秀実

高橋秀実の作品

ツイートする