「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.46
  • (37)
  • (113)
  • (121)
  • (33)
  • (6)
本棚登録 : 929
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101335551

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リリース:うららさん

  • 毎頁毎頁笑いながら読んだのは『酔って記憶をなくします』以来。
    でも登場人物は酔っ払いでもなく、お笑い芸人でもなく、開成高校野球部なのです。
    高橋秀実さんの筆致が冴える。

    でも「だんだんと笑うところが減ってきたなあと」思っていたところで、
    「しょせん、彼らのメインは東大。甲子園なんて真剣に考えていない」
    と思いました。

    私の高校の野球部の子だって、決して強くはないけど、本気で甲子園を考えていた。
    すごくカッコイイと思いました。
    私はそっちのほうが好き。

    でも内容はいろいろ、勉強になりました。
    私も大人になってから始めたことについて、知識偏重になるものですから。
    子どもの頃からやっていれば自然に体が動くのでしょうに。

    読み終わって調べたら、ドラマ化されていたことを知りました。
    私が『あまちゃん』で一目惚れした福士蒼汰くんや、『プリマダム』でファンになった中島裕翔くんがでている(でも今はどちらも何とも思っていない)そうなので、見てみたいと思いました。

  • すんか寸暇を惜しむようにのんびりしている ただ単に「甲子園を目指す」というと、何やら遠くを見るようで体も棒立ちになりそうだが、「強豪校を撃破する」と言葉にすれば、闘う姿勢になる。バットも思い切り振れそうてま、まさにイメージが体の動きを呼び起こすのである。考えてみれば、開成のセオリーは強豪校を相手にした弱者の兵法。それを貫けば、自ずと結果はついてくる。結果を目的にしてしまうと結果が出ないのである。それに「甲子園を目指す」「甲子園に行く」では観戦に行くようでもあり、無意識のうちに気も緩みそうで、イメージとしては逆効果なのかもしれない。 へりくだ遜る 自分に必要なことは自分でやる 彼らに意志の確認をするのは骨である。最初から「やりたかった」と言ってくれれば済むところを、客観的描写を徐々に絞り込んでいくことでようやく意志のようなものに辿り着けるのだ 客観性で追い詰める 私は答えに窮した もともと意思の有無は正確性に乏しいのである 言葉の力を試す思考実験 必要を決めれば十分がついてくる 閃きを凌駕する努力の証明 西日暮里駅の改札 各人各様 道元 福井 親鸞は浄土真宗「爆発」が近づいているように思えてくる 希望は知性から生まれる 幸甚こうじん 「は」ではなく「が」の勝負 仮説と検証の連続 サイクロイド曲線 常識を疑うこと 野の球 桑田真澄

  • 開成高校野球部の風変わりな野球道を数年にわたり追いかけたルポ。「小説新潮」連載。
    頭でっかちの秀才君たちが、週一回の練習で如何に試合に勝つか、理屈っぽく考えている姿は、ある意味微笑ましい。

  • 変わり者達。

  • 開成高校の野球部員のマインドは彼らなりに合理的でスマートなものだ。ゆえに客観的過ぎて、当事者意識が希薄だ。これは良くも悪くも社会に蔓延している兆候のような気がする。そういった感覚を活かしながら、野球を通して、殺さずに活かしつつ、挫折と成功の両面を学んでいる。エリートコースで通常得難い経験を野球部員はしているように思えた。絶対条件に適うように野球をする。なんて命題に従って試行錯誤し試合に繋げる。通常の野球部では考えられないやりかたで、野球の世界である程度の成績を残している。練習効率の面からいけばおそらくトップではないだろうか。野球が具体的にひとつひとつ問い直され再構築されていく様子は読んでいて刺激的で面白かった。これからのヒントにもなると思う。良書。

  • 開成高校野球部を取材した本書。
    運動神経やセンスがない彼らなりに、色々と考えて練習している。しかし、頭がいいせいかそれが段々と深みにはまり、しまいには哲学のようになってしまう。
    けれど、そんな彼らの少しズレた感覚や、一生懸命さに応援したくなる。
    監督も独特の指導方法をしており、野球とは…と考えてしまった。強豪にみる様々な戦略よりも、伸び伸びと思い切り振ることに重点を置く指導方法は、弱いチームだからできることであるだろうが、高校生のスポーツにおいては、素晴らしいことの様に思う。
    「野球は勢いで相手を踏み倒す競技だったのだ」(p32)という一文は、一瞬衝撃だったけれど、よくよく考えてみればあながち間違いでもない。時に勢いが勝敗を分けることもある。
    今後の開成高校硬式野球部の動向が気になる。

  • [墨田区図書館]

    図書館で、「開成高校野球部のセオリー」と書かれた表紙が気になって借りてきた本。

    表題通り、開成高校野球についての取材本。
    どうやら平成17年に都のベスト16にまで勝ち進んだという実績をもとに、「(そのうち)開成が甲子園に行く」という旗文句をぶら下げた筆者が、まるで筆者自身がその実現を叶えるためにとも言えるようなスタンスで、開成野球部の練習(ナイター設備のないグラウンド練習は週1回, Max3Hくらいらしい)に足繁く通った結果を綴っている。

    ただ?
    恐らく本書で紹介されている青木秀憲監督による、「試合が壊れない程度に運営できる守備力」と、「一気に大量得点できる打順」などというチーム目標、ポリシーがこの書の肝ではない。

    本書はあくまで開成野球部の練習風景と試合結果を追う形のインタビュー紹介も含むドキュメンタリーを装いつつ、「頭がいい超人」として捉えられる開成高校生の日常を等身大に描き出しているので、野球をしない人でも開成を目指す男児は、そして女子を筆頭に、野球にも開成にも縁がない人も、ぜひ一度読んでみると面白い。

    開成高校生という未知なる謎の集団が、本当に謎だらけであり、頭がいいのか悪いのか、やはり自分たちとは別次元なのかなということを実感する書となっていると思う。そしてもちろん、そういった違和感?を感じない人も少数だとしてもいるはずで、本書の中で惜しかったのは、取材先の野球部にその"普通"の生徒がいなかったこと。半ば著者自身の心のつぶやきがその役割を果たしているものの、その集団の中にいる(であろう)、"普通"の人々が自らの所属した"集団"自体とその内部にいる自分に対してどう思っているのかまでの生の声があると面白かったなー。

  • 面白いですよ、この本。タイトルだけ見ると「弱くても勝てますーー開成高校野球部のセオリー」ですから、弱小チームがいろんな工夫をして強くなっていく、というイメージを持たれるかもしれませんね。がんばれベアーズの高校野球バージョンみたいな。
    だけど読み終わってみると、それとはかなり違う印象を持ちました。その印象の正体はなんだろう?今のところ頭の中にぼやっとしているだけなので書きながら探っていきたいと思います。
    まずこの本がどんなものかというと、毎年200人前後の東大出身者を生み出すという名門校「開成高校」の野球部の数年間を断続的に描いたノンフィクションです。
    あんまりその方面詳しくはないですが、超有名進学校ということになるんでしょうか?まあ、そうなるとそこの野球部に所属している生徒さんたちも相当頭の良い子供たちということなんでしょうね。
    著者はこの本の中で彼ら野球部員たちの野球を媒介にした彼らの本音みたいなものをたくさん収録しているんですが、彼らの言葉は興味深いですね。というのもこちらのコミュニティには高学歴の方も多いと思いますが、僕のまわりにはあまりというか高学歴の方は全くいませんからね。で、物珍しさも含めて、また反対にわかるなあ、という部分も多々あり、楽しく読めました。

    ということで、その生徒さんたちの言動について振り返ってみます。この本で描かれる将来の高学歴者たちはとても不器用です。本当のところはわからないですけど、著者の視点に映る彼らは痛々しそうなくらい真面目です。優秀すぎるんでだろう脳みそを持て余しているような印象ですね。まだ完成されていない、きゃしゃな身体に重い頭がバランス悪く乗っかっている、というような感じでしょうか。
    ↓(ここで印象に残った生徒さんの発言を引用します)
    「僕は球を投げるのは得意なんですが、捕るのが下手なんです」内野(ショート)の2年生はそう言って微笑んだ。「苦手なんですね」と相づちを打つと、こう続けた。「いや、苦手じゃなくて下手なんです」ーーーどういうこと?私が首を傾げると彼は淀みなく答えた。「苦手と下手は違うんです。苦手は自分でそう思っているということで、下手は客観的に見てそうだということ。僕の場合は苦手ではないけど下手なんです」

    いわれてみればそうですよね。僕は理屈っぽい人間なので言ってることはわかるよ、と共感してしまうんですが、もしも大人になって普通に社会生活をしようとするときに、ここまで考えちゃうと結構厳しいのは間違いないですね。著者はこの言葉を聞いて彼らが実際の野球の試合や練習でよくエラーするのはこの思考方法が原因なのだろうと推測し、面白い表現をしています。

    「彼らは頭脳野球ならぬ頭脳でエラーをしているかのようだ」
    それに対して彼らは「エラーは開成の伝統ですから、僕達のようにエラーしまくると、相手は相当油断しますよね。油断を誘うみたいなところもあるんです」と答えたそうだ。むむむ、やはりただの不器用ではないようですね・・・・・。
    そんな感じで彼らの発言を読んで行くだけでも面白いのですが、それ以上に印象的なのは
    監督の青山さんの考え方や指導方法ですね。
    練習中や試合中に発する指導というか激がすごいんですよ。
    ↓(例えば・・・)
    「例えば、開成高校のグラウンドで試合が行われた際に外野にコーンを置きっぱなしにしているのを見ると、「それをどかせ!」と言うのではなく「そこにコーンを置いたヤツはコーンをを置くことの趣旨を理解していない!」と叫ぶ。守備で球を手にしてあたふたしたりすると、「人間として基本的な動きができていない!」「そんなことは起こりえない!」と客観的に正確に怒鳴る。怒鳴ってはいるが命じているわけではなく、察するに生徒たちの自主性を損なわずに、客観性で追いつめるのだ。」

    という事です。ちなみにこの青山監督も東大出身だそうです。
    で、「弱くても勝てます」の「勝てます」とは高校野球ですから、当然甲子園出場とかになるとは思うんですが、この監督こんな言葉を言っています。

    「チームに貢献するなんていうのは人間の本能じゃないと思います。思い切って球を遠くに飛ばす。それが一番楽しいはずなんです。生徒たちはグラウンドで本能的に大胆にやっていいのに、それを押し殺しているのを見ると、僕は本能的に我慢できない。たとえミスしてもワーッと元気よくやっていれば、怒れませんよ。のびやかに自由に暴れ回ってほしい。野球は『俺が俺が』でいいんです。
    この監督の言葉に対しての著者の考察はむむむ、と唸らせられました。

    「そういえば、部員たちはいつも『僕が』ではなく、『僕は』と言っている。『僕は○○なんです』『僕の課題は○○です』と。あらためて考察するに『僕は』という言い方をすると、『僕』は僕の中にとどまるような印象がある。例えば『僕は打つ』は僕の中の『打つ僕』が打つような。しかし『僕が打つ』なら人を押しのけるようで、『僕』というものの輪郭が現れ、そこで初めて物事に対峙できる。思い切り球を叩く、というのも『僕が』でなければできないのだ。
    『は』ではなく『が』の勝負。」

    考えていることが言葉に現れるのか?それとも言葉が行動を作るのか?その答えは時と場合によるでしょうが、頭の中に「は」と「が」がどちらが優勢になっているのか?『自分はどうであろう?』と考えてしまいますね(笑)いやいや、監督に言わせれば『自分がどうする?』が大切だ!と怒られるでしょうか(笑)
    というあたりが印象に残った場面だったわけですね。なんだろう?この『監督が定義する勝ち(価値)』とは何だったのか?そこを考えてみたくなる一冊です。
    2017/04/19 21:32

  • ドラマの原作本ということで読みましたが、中は小説ではありません。取材をもとに書かれたインタビュー記事として記されております。なので盛り上がる処は基本的に無く、淡々と事象が書かれているだけです。ドラマが面白かっただけに、これを読み始めると読み辛いと感じるかもしれません。
    また本書では開成は甲子園に行けるかも?で終わりましが、読んでいる限りでは無理かなぁ……という気持ちになります。野球に詳しくはありませんが、やはり野球に特化している学校の方が……という気持ちになります。

全121件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)のその他の作品

高橋秀実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする