「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.46
  • (37)
  • (113)
  • (121)
  • (33)
  • (6)
本棚登録 : 929
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101335551

作品紹介・あらすじ

甲子園も夢じゃない!? 平成17年夏、東大合格者数日本一で有名な開成高校の野球部が甲子園大会東東京予選ベスト16に勝ち進んだ。グラウンド練習は週一日、トンネルでも空振りでもかまわない、勝負にこだわりドサクサに紛れて勝つ……。監督の独創的なセオリーと、下手を自覚しながら生真面目に野球に取り組む選手たちの日々。思わず爆笑、読んで納得の傑作ノンフィクション!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知人にもらって拝読した。

    実践書として読み始めたが、そこまで得れるものは少なかった。

    開成高校の野球部のセオリーが描かれている。セオリーはざっくり言うと、「自分らが出来ること、出来ないことを理解し、それに合わせた戦略を立てる」というものだったと思う。(うる覚え)
    その他の項目としては、筆者の主観で思ったことが色々と書かれており、考えがまとまっていない印象を受けた。(主観)

    実践書としてはあまり期待せず、そういう考えもあるのかで良いかと思う。

  • 実際には「弱そうに見えても勝てます」なんだろうけど、そんな結果を残せている要因は【明確な戦略】の存在とそれを実践するための【準備】をしているから。ちなみに(残念ながら)現在の東大野球部には開成出身の選手はいないみたいです。

  • 開成高校野球部の取材記録。
    選手や監督達の理屈っぽい独特のコメントと著者のツッコミが面白いです。
    物語ではないので読み終わった!というスッキリ感はないですが、感心したりクスッとしたりしながらゆっくり読めました。
    強い野球部を目指すのではなくて、弱くても強豪校に一か八か勝てるかもしれない野球部を目指す、という目標設定は新感覚でした。下手なんだから多少打たれてもエラーしても動じない、そういうメンタルコントロールは真似してみたいかも。

  • ガチガチな部活動時代を過ごした私だったので、こんな指導もあるのか、なるほどと思いました。考え方ひとつで指導も変わる。面白かった。

  • ニノ出演のドラマの原作。
    開成と言えど、やっぱ男子高校生って
    バカなんだな(笑)
    と思った。
    青木監督の罵声も、生徒の言動も、
    「高校あるある」が詰まってて共感しまくり。
    部屋で一人で夜中に読んでて、始終ゲラゲラ笑ってしまったf^_^;(近所迷惑)
    教育的示唆はこの本の中にはコレと言ってないので
    あんま、そういうのを求めてはいけない…。
    ただ、
    「将来エリートコースに乗るような生徒でさえ、高校の時はこれだけボケッと過ごしてるんだから、そりゃウチの生徒なんかもっとボケボケしてるわな」
    という広い心だけは持てるようになりました(゜ω゜)。。。

  • この物語のおもしろさはどこにあるのか?これまでの強い野球のセオリーをまったく意に介さない。大胆さはメジャーに匹敵する。自分を分析し、それを言語化し、実行していく生徒たち。生徒たちの良さを活かすためにどうすればよいか(捨てるべきものは捨て伸ばせるところを伸ばす)を考える監督。こんな野球が観られたら楽しいだろうと思う。監督や生徒たちから言葉を引き出した作者が一番すごいかな。

  • 強みを徹底的に強くするのに共感

  • スポーツ推薦の万能選手(しかも練習量豊富)と、
    エラーだらけ空振りだらけ(しかもグラウンド練習は週1回)の選手が戦うとき、
    どうやったら後者が勝てるか。まともに考えると無理。

    後者が勝つためには、どさくさまぎれという状況を発生させるしかなく、
    エラーで10点は失なうだろうから、逃げ切るには15点とか20点が必要。
    そこから考えていくと、練習でやるべきことが、見えてきます。
    野球強豪高とはまったく違った問題解決のアプローチは、おもろいです。

    1回でもこういう学校が甲子園にでてきたら、もっと多様性がうまれるんちゃうか、
    って思うのですが(笑)
    20160731

  • 「思いっきり空振りしてこいや!」

    思わず読みながら笑ってしまったけど、こうやって言ってくれる指導者、最高だ。

    本著は実在の野球部(強豪とは言いがたい部)の練習や試合について著者が取材したノンフィクション。
    野球の話ではあるんだけど、目標に対するアプローチの仕方、問題を解決するプロセスや心構えについて知ることができる1冊になっている。
    読んで感じたのは、言葉ひとつで物事の見方は変えられること。
    精神論が悪いとは言わないけど、どうしたら合理的にできるかを論理的に考えることは大切なんだということ(頭のいい人はこれができているんだろうね)。

    「練習」ではなく「実験と検証」。
    ボールが「来た」ではなく「来い」と思って対処する。
    「私は打つ」ではなく「私が打つ」。

  • リリース:うららさん

全121件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)のその他の作品

高橋秀実の作品

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする