「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.46
  • (37)
  • (113)
  • (121)
  • (33)
  • (6)
本棚登録 : 931
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101335551

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 弱者の兵法。

    こう言い放つ傍らで、自分たちが持つべきプライドを見つけよ、と言う。
    週一回の練習と、頭脳以外は平凡な能力値。
    しかし、その中で野球を楽しむ、試合に出ることを楽しむという部員の思いが可愛い。

    さて。各校のコーチが読んだら、一体何て言うんだろう?

    解説では桑田真澄が、武士道野球に対して少し批判をしている。
    練習量ではなく質を、服従ではなく調和が必要であると語る。

    私は、精神性とスポーツとはやや異なる所にあると思っている。
    ゲームというものを、どんな心境で臨むかは各人の自由である。こうでなくてはならないスタンスというものは、多分ない。

    けれど、学校世界での部活動は何か理想的な型があるように思える。
    そして、理想的に仕上がった型を崩すには勇気が要る。
    だから、型は今も存在している。

    開成高校野球部の面白さは、まずもってその型を求められない所だ。だから、工夫で乗り切ろうとする。

    勝つことは、楽しい。
    そこから新たに見出す境地があって良いのだと思う。

  • 知人にもらって拝読した。

    実践書として読み始めたが、そこまで得れるものは少なかった。

    開成高校の野球部のセオリーが描かれている。セオリーはざっくり言うと、「自分らが出来ること、出来ないことを理解し、それに合わせた戦略を立てる」というものだったと思う。(うる覚え)
    その他の項目としては、筆者の主観で思ったことが色々と書かれており、考えがまとまっていない印象を受けた。(主観)

    実践書としてはあまり期待せず、そういう考えもあるのかで良いかと思う。

  • 強みを徹底的に強くするのに共感

  • ドラマの原作本ということで読みましたが、中は小説ではありません。取材をもとに書かれたインタビュー記事として記されております。なので盛り上がる処は基本的に無く、淡々と事象が書かれているだけです。ドラマが面白かっただけに、これを読み始めると読み辛いと感じるかもしれません。
    また本書では開成は甲子園に行けるかも?で終わりましが、読んでいる限りでは無理かなぁ……という気持ちになります。野球に詳しくはありませんが、やはり野球に特化している学校の方が……という気持ちになります。

  • 進学校で知られる開成高校の野球部員の練習風景を追ったルポ。とにかく「ヘタクソ」なのに、本番に強く強豪校相手にも遜色なく戦えている理由は何なのか?!部員一人一人が可愛らしい。弱点を克服するのではなく、各々が自身の理論を持って強みを活かそうとしている姿勢もいい。山場がイマイチ分からない構成だったが今後の開成の動向が気になる終わり方だった。

  • 弱者の兵法が載っていて、それがビジネスに転用できるようなノウハウ本ではないし、自己啓発本でもない。論理的解釈をしたがる開成集団とされながら、なんだか論理もないような作戦で取り組まれるヘタッピ野球。そののほほんとした世界観を楽しむドキュメンタリー?なのか。

  • んーイマイチ。
    文にまとまりがないというか、スッキリしない。
    成果もでてるのかでてないのか良くわからない。
    監督の考え方には共感できるけど。

  • ドラマ化原作作品ということもあり、読みたくても敬遠していた作品。ドラマは未視聴だが、実際の開成高校の野球部の実態だけにドラマにはないリアリティがあり、より深く彼らの事を知りたくなった。夏は高校野球の季節である。強豪と呼ばれる高校に挑戦する弱小校のリアル。野球好きなら一度は読んでおいて損はない作品だと思う。ドラマは見なくていいですよ

  • ある野球部にスポットを当てたノンフィクション。ドラマ化に当たって読んでみた。
    部員一人ひとりのインタビューが小説にはないリアルさで、野球部員というよりほんとに人間として、そしてたまたま野球の話題というようなありのままの彼らを見れる。

  • ドラマの方は見ていないが前から気になっていたので読んだ。確か、開成高校って頭の良い子しか入れない学校だった記憶がある。その頭の良い子達が集まる学校の野球部をテーマにした本のようだがいろいろと驚かされる内容でる。何事も努力と練習の積み重ねでなんとかなるとは思う。

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)のその他の作品

高橋秀実の作品

ツイートする