要約世界文学全集2 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.22
  • (1)
  • (3)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101336220

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • で、これも隙間時間読書として、かなりじかんをかけて読了。全体的に、1よりも知名度が若干下がる作品が収められている気も。自分の知識不足だけかもしれない。感想はほぼ同じで、更には内容も似たり寄ったりに思えてきた。一部を除いて、大半が男女の好きだ嫌いだの話だった気がする(苦笑)。ただ、その中でも自分的に心奪われたのが、モンテーニュのエセー。ここで触れられている概要だけでも、結構納得させられる部分が多かったし、唯一、全編を読んでみたいと思わされた作品だった。

  • 全編を読みたい

     モンテーニュ『エセー』
     ゲーテ『ファウスト』
     フランクリン『自伝』
     ソロー『森の生活』

     トマス・モア『ユートピア』
     コンスタン『アドルフ』
     ホーソーン『緋文字』
     バルザック『谷間の百合』
     フローベール『ボヴァリー夫人』

     アベ・プレヴォー『マノン・レスコー』
     ブロンテ『嵐が丘』
     ツルゲーネフ『父と子』
     レールモントフ『現代の英雄』

  • 一つの話だけではなく、幾つかの名作を知りたい人には最適です。

  • 世界文学のあらすじ本。文庫なので値段は安め。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1941年、東京に生れる。東京大学文学部ドイツ文学科卒業。著書に『ルイス・マンフォード』(鹿島出版会)、『大人のための偉人伝』『天才の勉強術』『人生を考えるヒント』『ゲーテに学ぶ幸福術』『人生に効く漱石の言葉』『死亡率百パーセントを生きる』(以上、新潮社)、『孤独の研究』『人生最後の時間』(PHP研究所)、『ぼくたちのマルクス』(筑摩書房)、『ゲーテ一日一言』(海竜社)など。訳書に、マンフォード『権力のペンタゴン』『解釈と予測』(共訳、河出書房新社)、『聖書の暗号』『ロゼッタストーン解読』(新潮社)など。

「2014年 『大人のための日本の名著50』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原武一の作品

ツイートする