つめたいよるに (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.59
  • (898)
  • (958)
  • (2403)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 9788
レビュー : 987
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江國香織中毒♡チョコレート中毒♡
    チョコをつまみながら江國香織。
    読み終えるとさくらんぼパイが食べたくなった。

  • 好きな短編集は?と聞かれたら、間違いなくこれを挙げます。
    珠玉という言葉では表しきれないほどの名作揃い。特に好きなのは「ねぎを刻む」。最高です。

  • ウエハースの椅子などザ江國香織作品を最初に読んでしまっていたからこの作品は新鮮に感じられたデューク、みんな好きだよね

  • 急に押し寄せてくる孤独感。
    凄く共感できます。多分あれは、近くに誰かいたとしても来るんだと思う。
    自分という存在を自分で持て余してしまう。
    どうにもならない、誰も救うことができない。
    だからネギを刻む。
    私の場合は、きっと本を読みます。

  • 短編集。
    「冬の日、防衛庁にて」の衿子さんが好き。

  • わたしの受けた年のセンター試験の現代文は、江國香織さんの「デューク」で、これが多分「江國香織さんの作品だ」ということを認識して読んだ最初の作品だと思います。
    なのでなんだか感慨深いものがあり、それから何年も経ちますが改めてとても好きな短編集でした。
    面白かったです。可愛かったり寂しかったり、いろいろな感情。
    強く軽やかに、生きていきたいです。

  • どれも10ページないくらいの短編なのに、
    どのお話もすごく心に響いて、あたたかくて切なくて、少し不思議で、もっと読んでいたかった。
    好きなお話を選ぶなら、とても悩むけど「藤島さんの来る日」と、「ねぎを刻む」かなぁ。

  • 旅行の話共感できる、なんか寂しいような満ちてるような白昼夢を生きてるかんじ

  • 2018.02.26(月)再読了
    読んでいていろんなことが思い出されてすっごく切ない気持ちになった。
    この気持ちが晴れるためにも、またこれからも会い続けたい、そう願っている。

  • デューク
    ハンサムな少年の深い目

    さくらんぼパイ
    前半イヤな女だったのがラスト手を振るシーンで一生懸命さが伝わり印象が和らいだ。

全987件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

つめたいよるに (新潮文庫)のその他の作品

江國香織の作品

ツイートする