つめたいよるに (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.59
  • (898)
  • (959)
  • (2403)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 9768
レビュー : 988
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかく『デューク』が特に素敵な話であるっていうことに尽きる。冬になると思い出す。

  • 短編集

  • 思った。短編集って新しい話になるたびにワクワクできるんだって。これは合計21回もワクワクがあって。

    最初のお話「デューク」はビックリした。で、即持って行かれた、ココロ。

    そのあとは気に入りもあれば、作者の好きが出ているものもあって。

    とりあえず特筆はこれら。
    「デューク」
    「子供たちの晩餐」
    「晴れた空の下で」

    もう一度読んで、もう一度チェックいれましょ。

  • 21の短編集。秋の夜長を布団に包まりながら共に過ごすのに、これほどぴったりな本を他に知らない。ちょうど現実と夢との境目のような不思議さに、柔らかで温もりがあって、心にも布団を掛けてくれているようだ。

  • はじめて手に取ったのは駅前の書店でした。書店にも関わらず、デュークの冒頭で目頭が熱くなりました。そのとき、わたしもペットを亡くしたばかりだったからです。もしこんなふうにペットが自分にお別れを言いにきてくれたなら、とペットを亡くした人なら誰しもが思うことだと思います。大好きだった犬のデュークを亡くした”わたし”の前にとつぜん現れたふしぎな少年は、優しく深い目をした魅力的な少年です。これ以上読み進めたらきっと泣いてしまうんだろうなと思いながらページをめくり続けて、最後のシーンでやっぱり泣いてしまいました。とても短いお話だけれど、すてきです。江國さんの小説はたくさん読んできましたけれど、そのなかでもデュークはとても優しく、いとおしいお話で、だいすきです。ペットを亡くしたばかりで虚無感でいっぱいだったわたしの心を、江國さんの文章が優しく包み込んでくれたみたいな感じがした。何度も読み返したい、わたしにとってたからもののような小説。

  • 短編集。
    友人から推薦されて読んでみました。江國香織さんの小説は初めてでした。シュールな内容の短編小説がずらり。
    最も気に入ったのは、「デューク」です。現実にはありえない形で、人間と犬の愛が示されてるのも、小説ならではのこと。

  • ・つめたいよるに
    デューク ***/夏の少し前 */僕はジャングルに住みたい */桃子 */草之丞の話 ***/鬼ばばあ/夜の子どもたち/いつか、ずっと昔 **/スイート・ラバーズ ***

    ・温かなお皿
    朱塗りの三段重/ラプンツェルたち/子供たちの晩餐/晴れた空の下で **/さくらんぼパイ */藤島さんの来る日/緑色のギンガムクロス/南ケ原団地A号棟 **/ねぎを刻む ***/コスモスの咲く庭/冬の日、防衛庁にて **/とくべつな早朝 **

  • 前から読みたいと思っていた、江國香織のショートショート21編。
    小さい男の子が主人公の話も多く、いつも読んでいる江國香織とは違った感じで新鮮だった。
    大人の男性が主人公の話を読んだ事もあるけど、男子大学生目線の話もあったし。
    書き方とか今の感じと違う部分もあり、初期っぽかった。

  • 21の短編集。ひとつひとつ映画を見ているような感覚で余韻に浸りたくなる作品。そのせいか読み終わるのに時間がかかってしまった。
    この短さで読者をこんなにも惹きつけられるのはすごいと思う。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった―。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日乗った電車で、わたしはハンサムな男の子に巡り合った…。出会いと分れの不思議な一日を綴った「デューク」。コンビニでバイトする大学生のクリスマスイブを描いた「とくべつな早朝」。デビュー作「桃子」を含む珠玉の21編を収録した待望の短編集。

    【キーワード】
    文庫・短編集


    ++++2

全988件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

つめたいよるに (新潮文庫)のその他の作品

江國香織の作品

ツイートする