つめたいよるに (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.59
  • (898)
  • (958)
  • (2403)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 9764
レビュー : 987
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お話の中にもアイスクリームはよく出てくるが、短編ひとつひとつが、アイスクリームのような味わいがあった。

    心地よい読み口で、満ち足りた気分でいたのに、溶けてしまったようにすっと話が閉じられる感覚。
    嬉しさ、楽しさのあとに残る悲しさ、さみしさ。

    すてきな短編集だった。
    さっぱりとした文体も気に入っている。

    「草之丞の話」「子供たちの晩餐」「ねぎを刻む」「とくべつな早朝」が特にお気に入りだ。
    特に「ねぎを刻む」での主人公の意識の変化が身につまされた。
    「私の孤独は私だけのものだ」…そうだね。

  • 自分が好きな雰囲気(と言っては曖昧だが)を持っていた。
    もう一度読んだ後、解説を読んで、腑に落ちた。
    多くを語らず、感情を感情として表現しない(それでも主人公たちの気持ちが分かる気がする)感じが、老成や達観と言えばいいのか、好きと感じられる。
    もう一度読んだ後、好きな人に読んでもらおう。

  • 微笑ましくてちょっと捻くれててちょっと切ない。

  • デュークもいいが、「いつか、ずっと昔」「桃子」もふしぎな雰囲気のよい話。
    短くスッと記憶に残る短編集。

  • 江國香織の短編はほんといい。

  • 江國香織の短編集。前に『きらきらひかる』を読んで感動したので、その流れで読んでみた。

    ・どれも10ページに満たないもので、ひとつひとつを読むのに時間はかからない。でも、短いのに切れ味が鋭い。短いだけに、細かな状況は語られず想像力を試される。それがいい。読み終わった後の余韻がすごい。

    ・作品によっては叙述トリック(?)みたいになっていて、1回目に読んで「なるほど!」となる。それから続いて読み返すと、より豊かにイメージが膨らむ。どれも短い話なので、何度も読み返すことができる。

    ・『デューク』という作品がとても面白いと教えてもらい、この本を買った。強くおすすめされた理由がわかった。

    ・老い、死、悲しみ、懐かしさ、恋愛、不倫などなど、バリエーションに富んでいて、色んな感情が刺激される。自分は老いや死を扱った作品が好き。不倫や微妙な感情入り混じる恋愛を扱ったものも面白かった。

    ・作品で言うと『デューク』、『鬼ばばあ』、『晴れた空の下で』、『藤島さんの来る日』辺りが特に好き。

    ------------------------------
    ざっと印象に残った作品をあげてみる。

    ■『デューク』
    ・この本の最初に収められている作品。たった8ページでこんな気分になれるのかと衝撃を受ける。

    ・2001年大学センター試験で、この作品の全文が出題されたようで、有名なのかもしれない。もし試験でこんなのが出てきたら、もし愛犬の死を経験していたら、試験どころじゃなくなってしまうんじゃないか??

    ・主人公は、愛犬の死に悲しむ女の子。名前すら出てこない。物語で描かれるのは、愛犬の死の翌日の朝〜夜までの1日だけ。

    ・最終ページの「そうだったのか感」がすごい。2回目に読む時は、少年とデュークの共通点を探してしまう。

    ■『夏の少し前』
    ・時間をスキップしているような、不思議な作品。しばらく前は学生だったのに、気付くと大人になっていて、おばあちゃんになっている。どこか切ない。

    ・社会人なら、どこか共感できるものがあるんじゃないかと思う。形のない、昔を懐かしむような、切ないような感情が刺激されてしまう。

    ・引用されている『いにしへの日は』もちゃんと読んでみたい。

    ■『鬼ばばあ』
    ・小学生の少年と、養老院のおばあさんの話。死がテーマに思う。

    ・おばあさんは認知症なのか、少年のことを忘れてしまう。

    ・今読むと、少年に感情移入してしまう。でも、もっと歳を取ってから読むと、おばあさんに感情移入してしまうのかもしれない。

    ■『いつか、ずっと昔』
    ・結婚式間近の二人が夜桜を見に来る。

    ・ヘビ、豚、貝の前世。不思議な話。抽象的なので、無意識のうちに意味を見出してしまう。

    ・『昔の私がどんな風だったとしても、私が好き?』というセリフで締められる。そこに至るまでの流れとこの言葉の意味を考える。

    ■『晴れた空の下で』
    ・おじいさんとおばあさんの話。

    ・『ご飯を食べるのに二時間もかかりよる。入れ歯のせいではない。食べることと生きることの、区別がようつかんようになったのだ。』という言葉で始まって、同じ言葉で終わる。最後まで読むと、なんとなく意味がわかる。絶対に2回読まないとだめだ。

    ■『さくらんぼパイ』
    ・離婚した二人の話。9歳の娘がいる。

    ・離婚しても、友達として元妻を気遣う。

    ・なぜこういう状況になったのか、何が悲しいのかといったことは直接的に描かれない。でも、母子家庭の辛さや苦悩が垣間見える。

    ■『藤島さんの来る日』
    ・語り手は、猫だった。それを知ってから2回目に読むと、一気に状況が理解でき、イメージが膨らむ。

    ・『彼らはまず寝室に行って運動し、運動がすむのは平均九時頃』というのが好き。笑ってしまう。確かに猫だとそう見えるよね。

    ■『南ヶ原団地A号棟』
    ・同じ団地に住む3人の小学生の作文が並んでいる形式の、シンプルな作品。

    ・隣の芝生は青い。

    ・作文の内容は、小学生の真剣な悩み。でも笑ってしまう。

    ■『冬の日、防衛庁にて』
    ・また不倫の話。交際相手の奥さんと昼食。

    ・相手はとても余裕がある。

  • ファンタジーあり、日常でありそうな話アリの短編集。意味が分からないものもありましたが、最後まで飽きずに読めました。

  • 短編集。何が面白いのかわからない話もあったけど、全体的には面白かった。「デューク」「スイート・ラバーズ」「晴れた空の下で」「冬の日、防衛庁にて」が好き。

  • 江國先生の6~8ページくらいの短編小説集 一作目の「デューク」がとにかく号泣した。(生き物を看取ったことのある人は全員泣く)とにかく短いのでオチがないやつも多かったけどどれも雰囲気は良かった

  • ノスタルジー

    ネギを刻む、が好きだった

全987件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

つめたいよるに (新潮文庫)のその他の作品

江國香織の作品

つめたいよるに (新潮文庫)に関連する談話室の質問

つめたいよるに (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする