ホリー・ガーデン (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (564)
  • (509)
  • (1728)
  • (118)
  • (25)
本棚登録 : 6314
レビュー : 617
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101339146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 余計なものがぎゅっと詰まった、でもちょっぴり切ない、そんな愛のお話。
    人からどう思われようと、それも愛なんだよなー
    ある意味、果歩も静枝も社会から離脱している

    紅茶飲みながら読みたいな
    でも紅茶飲めないからコーヒーで

  • 小さい頃からずっと一緒だった、果歩と静枝の物語。
    果歩と中野くんの行方が気になりました。
    日々の細々した出来事が印象的です。

  • 女性の友人に勧められて読みましたが、
    結局最後まで読めていません。

    砂糖菓子のような発想も表現もちょっと私には合っていないのだなということを
    痛切に感じることができました。

  • 出てくる全ての
    風景、人、たべもの、小物、おしゃべり、感覚、考え
    が愛おしいのです。

    心へ一杯のあったかいのみものを。

  • 初めて読んだ江國香織さんの作品。
    結構好きで時間を空けては何度か読み返してます。
    江國さんのストーリーってなんだか夢か現か、って感じの展開も結構多いと思うんですが、これはだいぶ地に足着いてて、引き込まれました。

  • 残念なことにどうしても静枝と中野を好きになれなかった。
    静枝の自分に甘く独善的・感情的な面―女の悪い部分の権化のよう―や
    中野の強引さや、やけに強い自信なんかが受け入れがたかった。
    特に静枝は自分とかぶらせてしまう面も多々あって、余計に。
    果歩が中野を受け入れてしまうのもがっかりだったけれど
    こうしないと本当に何ひとつ話が進まないし、仕方がないのかな。
    果歩が『神様のボート』の葉子と従姉妹だという設定は少し意外だった。
    江國さんもこのような仕掛けを作ることがあるんですね。

  • 「余分なこと、無駄なこと、役に立たないこと。
    そういうものばかりでできている小説が書きたかった。
     余分な時間ほど美しい時間はないと思っています。」
    (あとがきより)

    途中までは、<女同士>のお話なのかと思っていた。
    やっぱり、女同士も難しいよね、微妙だよね と共感しながらの
    読書。

    最後の幾章からか、<人生>のお話に静かに転回したかのよう。
    あまりに静かで巧みなリズムチェンジで、
    美しいだまし絵に遊ばれた心地。

    余分な時間に美しさを見出せる著者の、美しく軽やかな感性が
    隅々までゆきわたっている、ほっとする小説。

    • lovefigaroさん
      この小説は私大好きです。
      ナンデモ食べてくれる悟くんもいい。
      コントレックスにしばらくはまりました。
      恋人の裏切りのその残酷さがすっと...
      この小説は私大好きです。
      ナンデモ食べてくれる悟くんもいい。
      コントレックスにしばらくはまりました。
      恋人の裏切りのその残酷さがすっと入って来て不思議でした。
      2009/05/30
    • Michiruさん
      コントレックス、私はこれがきっかけではないですが、
      一時期箱買いしていました。

      ほんわりしていますよね。詩のような小説。

      悟君...
      コントレックス、私はこれがきっかけではないですが、
      一時期箱買いしていました。

      ほんわりしていますよね。詩のような小説。

      悟君、なんともいい味ですよね。

      2009/05/30
  • すき

  • 2009年4月14日〜5月21日

  • クッキーの缶のなか。

  • 2006 6 28

    果穂の思い出が詰まったビスケットの缶をこっそり開けちゃった時の、
    中野君が言う「大惨事だ・・・・」が凄くいい表現だと思った。

  • たんたんと過ぎていく毎日

    でもね、その中にうれしいことや悲しいこと

    なんか大切なものたちがたくさんつまってるんだよね

  • 江國さんの本はまだ慣れないなあ・・・
    わたしがまだまだ子どもなせいですかねー。

    性格も趣味もまったく違う女2人がどうのこうのっていうお話、
    とてもありふれてると思うけど、でも、好き。

  • 果歩はどっちかってっと好きなんじゃけど、どうしても静枝が理解できない。
    よく果歩のことお説教しよるけど、あたしが果歩なら
    不倫してる人間に言われたくないわって思う。
    道理に反して、それでいて一丁前に自分の道理を翳す人間としか思えんかった。

    090421

    ★★★★☆

    *********************


    やー・・・。ニューヨークのブックオフで1ドル(100円)で投げ売りされてたから買ってみたんだけど、ほんっと面白かった。

    前に読んだときは「静枝まじ分からん!」って思ってたのに、読めば読むほど彼女のことは理解できた。

    あと、果歩ちゃんのお料理はどれも美味しそうで。ついついネットでレシピ検索してしまいました。

  • これも2冊ある。

    大好きなんだけど、読むのに少し勇気がいる。
    でもすごく読みたくなる時がある。

    気がついたら、果歩と同じお仕事。

  • 失恋からの再生の話。


  • 果歩!
    恋愛から足を洗う

  • 高校時代からの付き合い。お互いを知りすぎている女の友情。
    過去の傷を背負いながら日々平凡に過ごす描写が緩く、江国香織らしい空間だった。

  • たんたんと描かれる二人の女性の日常。
    食べものや生活のリズム自体に人生が象徴されていて。
    ディティールの美しさが響く作品。
    とくに主人公が一人でピクニックに出かけるシーンは胸をうちます。
    それにしても残酷な愛を体験したんだな、彼女。

  • 所有していないものを
    失うはずがない

    おきにいりのことば

  • 「最低よ。何の苦労もせずに甘いところだけ欲しいだなんて」

    ・・・だっけ。香歩も静枝も二人とも好きだ。

  • こういう女ともだちがひとりいたら、人生はさらにおもしろくなるのだろうとおもいました。

    相手の苛つきに気づいているのにそこを指摘できなかったり、
    すっきりするために皮肉や嫌味を言ったあとのなんとも言えない後。

    あぁ・・・わかるよわかるよと共感する部分が多かったです。

    果歩ちゃんが好きです。

  • どちらの女心もわかります。

  • 女同士の微妙な距離感。
    サッパリキッパリすぎて中身が男な私には正直息苦しかった。
    こんな関係ゼッタイにムリ!
    読んでいるだけで息が詰まりそうでした。
    中野くんの果歩への優しさはとても好きでした。
    こういう男の子は好きだなぁ。

  • 女の子の関係って
    やっぱり男と違うな
    なんか新鮮でした

  • この本に出てくる「中野くん」という人物が好きだから、
    それだけの理由でこの本何回も読んでます。
    江国香織なら「きらきらひかる」のほうがずっと好きなんですけどね。

  • そういう友達がいる人にしか
    わからないかもしれない一冊。
    そこがいい。

  • え-10-4

  • 江國さんは・・・・・・僕にとって、自分の孤独な部分を“許す”というか、“「いいよ」って言ってくれる”というか、その孤独な部分に対して安心した気持ちでいられるようにしてくれる。でも、後ろを向いたままではいさせてくれない。「前は向いとこっか。」って。

  • なんとなく読み返し。
    なんてことはなく、流れてゆくようなおはなし。
    果歩か静枝かと聞かれれば、断然果歩が好き。
    ・・が、どちらも、誰もが持っている面。
    自分にも中野くんが欲しい。

全617件中 271 - 300件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

ホリー・ガーデン (新潮文庫)のその他の作品

ホリー・ガーデン 単行本 ホリー・ガーデン 江國香織

江國香織の作品

ツイートする